「名推理」が『インフェルノイド』の登場で大注目!ついでに「奇跡の発掘」も!!

公開日: : 魔法カード

AL206_kinshi120140810213033
《インフェルノイド》の『名推理』が光る!

別に当てられても”CHA-LA HEAD-CHA-LA”

SPONSORED LINK

名推理

DSCF1827

通常魔法
相手プレイヤーはモンスターのレベルを宣言する。 通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキからカードをめくる。 出たモンスターが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地へ送る。 違う場合、出たモンスターを特殊召喚し、それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

自分が推理するのではなく、相手が「名推理」させられるカード。
相手が推理を的中させれば特殊召喚は失敗となり墓地へ送られる。
レベルに偏りのないデッキであればあるほど、推理の難易度は上がる。

「インフェルノイド」でどう使う?

《インフェルノイド》は全て特殊召喚モンスターで構築されているテーマです。特殊召喚モンスターというのは通常召喚できないと記載されているモンスター、自身の効果でしか特殊召喚できないモンスターも多いです。(第9期以降だと、【◯◯族/特殊召喚/効果】とカードに記載されているモンスターカードの事です。)

要するに、《インフェルノイド》で「名推理」を使用した場合。通常召喚可能なモンスターを少なめに調整しておけば、かなりの枚数デッキから墓地へと落とす事が可能となるのです。

何故墓地を大量に肥やす必要があるの?

現在判明している《インフェルノイド》がある共通効果を持っている為です。

自分フィールドの全ての効果モンスターのレベル・ランクの合計が8以下の時、 自分の手札・墓地から「インフェルノイド」モンスター?体を 除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。

《インフェルノイド》は特殊召喚するために、墓地の《インフェルノイド》を除外して、手札・墓地から特殊召喚できるモンスターなのです。手札にいようが墓地にいようが問題ない!むしろ墓地が手札みたいなテーマなんですねぇ~。

そりゃ、墓地肥やさないといけないわ….。

「針虫の巣窟」や「カード・ガンナー」、「クリバンテッド」など高速で墓地を肥やせるカード達は総じて注目されているようですね。

モンスターゲート

DSCF1829

通常魔法(制限カード)
自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動する。 通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキをめくり、 そのモンスターを特殊召喚する。 それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

同じような役割のカードだと「モンスターゲート」があります。
制限カードな上に、モンスターのリリースが必要になってくるので、《インフェルノイド》的には「名推理」の方が使いやすいのかな?

とにかく除外しまくる

とにかく除外!これでもかってくらい除外しまくります。

当然ですが、除外から墓地へ戻すカードも重要になってきますよね?

「異次元からの埋葬」は当然採用されるでしょうが、制限カードなので1枚が限界、だからこんなカードにも注目が集まっています。

奇跡の発掘

通常魔法
ゲームから除外されている自分のモンスターが5体以上存在する場合、 その内の3体を選択して墓地に戻す。

ほぼ「異次元からの埋葬」の下位互換の為、あまり見かけないカードです。

しかし、《インフェルノイド》ならば墓地へ戻すカードは非常に重要となってくる、一枚で3枚手札が増えると考えれば、その重要性は伝わりやすいかな?

最後に…

「ザ・シークレット・オブ・レボリューション」の発売がいよいよ近づいてきて、デュエリスト達の血が沸き立つ音が聞こえてくる。
実際に組むつもりのないテーマでも、気になってしまうのはデュエリストの性ですなぁ~。

あ~~~、早くパックを開封したい!!!

Amazon:名推理

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ドラグ使い より:

    この前友達と一緒にストレージで探したカードですね…もちろんそいつはインフェルノイドを組むらしいです。値段も少しずつ上がってきてますね、こういう古いカードが突如注目されるのは遊戯王の面白い所だと常々思います。
    PS 名推理三枚、ストレージにありまして60円で入手出来ました。1時間半掛かりましたが(笑)

    • cast より:

      最近は特に過去のカードが再評価される事が多い気がします。
      名推理3枚60円はお得ですね!ストレージ探索は大変ですが、良いのが出てくると嬉しいですよね~。

  2. 匿名決闘者 より:

    とある動画だと墓地BFエクシーズというのでも発掘は採用されていました
    玄米が制限のため使われることもあるでしょうな
    名推理はランダム性が高く、キーカードの魔法・罠も落ちてしまうので採用が難しい
    墓地を肥やすには本当は向いていないはずですが《インフェルノイド》の特性上肥やすことができるので相性はいいんですね

    • cast より:

      うまくいけば驚くほどの枚数が墓地へ落ちますからね~
      過去のカードが再評価されるのは『遊戯王』の魅力の一つですね!

コメントを残す

【地属性汎用リンクモンスター《ミセス・レディエント》効果考察】《ミリス・レディエント》がリンク化…だと!?

今日も元気よく新カードの考察を続けていきます! 本日の主

【新フィールド《サイバネット・ユニバース》効果考察】墓地のモンスターをデッキへ!破壊と共にエクストラモンスターゾーンが崩壊!?

3月25日発売予定『スターターデッキ(2017)』に収録される

【新種族「サイバース族」考察】スターターデッキに収録される新カードたちを徹底特集!他

昨日の記事で《デコード・トーカー》は個別に特集したので、本日は

【新マスタールール】ペンデュラムモンスターもエクストラデッキから出す場合はエクストラモンスターゾーンへ

公式のWEBサイトにて【新マスタールール】についての情報が公開

【リンク召喚の要「デコード・トーカー」考察】効果もリンクマーカーも優秀ですぞ!

本日は3月25日に発売予定「スターターデッキ」に収録される【リ

【アークファイブアニメ143話感想】遊矢を鼓舞する為に不動を捨てる権現坂!THE男前!!

『遊戯王ARC-V』142話より画像引用 ©高橋和樹スタジオ・ダ

【議題】「マスタールール4:新ルール《リンク召喚》についてどう思いますか?」直球!!

「マスタールール4」や「リンク召喚」については一つ前の記事をご

【マスタールール4:新ルール・リンク召喚について】エクストラモンスターを大量展開する事が難しくなります

新召喚とかルール変更とかそんなチャチなもんじゃあ断じてねぇ もっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑