【スパイラル対策に応戦するGが効果的?】ジーニアスを除外して増殖するGのボーナス付!

公開日: : SPYRAL(スパイラル)

スパイラル対策として《応戦するG》が徐々に流行りつつあると聞いたので管理人も実際に試してみましたが… これはこれは確かにいい感じ!

ただ、少し注意点もあるので今回はそこら辺を中心にご紹介。

過去にもちょいちょい話題になった事のあるカードなので、その時に集めておいた人は結構ラッキーかもしれませんね~(現在徐々に高騰傾向)

SPONSORED LINK

「SPYRAL(スパイラル)」に対する《応戦するG》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400
(1):相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

 

相手が特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に、手札からひらひらと自場に舞い降り、《マクロコスモス》化するのが《応戦するG》の特徴。

「インフェルノイド」が暴れ回っていた頃に対策として名前が挙がりましたが、テキスト的に《煉獄の虚夢》には使えず《モンゲ》《名推理》専属になっていたのが印象的なカードです。

※:応戦するGの処理については【Yugioh Hack】さんで詳しく解説されているので、そちらをご覧ください。

今回の話題の中心である「SPYRAL(スパイラル)」でも発動できるカードとそうでないカードがあるので事前に知っておく必要があります。

まずは、そこら辺について見て行きましょう。

《機械複製術》や《ビッグ・レッド》はOK!ただし、《強襲》の②効果発動時には使えないので要注意!

装備魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
(2):装備モンスターは戦闘では破壊されない。
永続魔法
このカードは発動後、3回目の自分エンドフェイズに破壊される。
(1):1ターンに1度、自分の「SPYRAL」モンスターが戦闘でモンスターを破壊した場合、
または自分フィールドの「SPYRAL」モンスターの効果でフィールドのカードを破壊した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。手札から「SPYRAL」モンスター1体を特殊召喚する。

 

《応戦するG》の①効果は、”特殊召喚する効果を含む魔法カードの発動時”にしかチェーンする事が出来ません。

なので、カードの発動時に特殊召喚効果を含む《機械複製術》《SPYRALGEAR-ビッグ・レッド》にはチェーンする事が出来ますが、墓地から除外して効果を発動する《SPYRALMISSION-強襲》の②効果にはチェーン不可です。

これはまだ、カードの発動と効果の発動という明確な違いがあるので分かりやすいですね。

対「SPYRAL(スパイラル)」で応戦できるカード

 

対「SPYRAL(スパイラル)」応戦できないカード

※:厳密にはカード発動時に特殊召喚効果を含むカード限定だったりと色々ややこしいカードなのですが、対「SPYRAL(スパイラル)」ならこの4枚について覚えておけば大丈夫かな?

処理されたとしても、「SPYRAL(スパイラル)」への有効打《増殖するG》をプレゼントしてくれます

「何でこのタイミングで準制限になるんだよぉぉぉ~」と散々言われまくっている《増殖するG》を手札に引き込めるのも《応戦するG》の大きな強みです。

場に出て墓地をメタって《ジーニアス》のグルグルを阻止。処理されても《増殖するG》を手札に引き込んでくれるってのはかなり頼もしいですね。

《増殖するG》が一枚抜ける事によって空いた穴を塞ぐのに持って来いな一枚な気がします。

墓地除外は「SPYRAL(スパイラル)」以外にも刺さりやすいのがグッド!

「SPYRAL(スパイラル)」の対抗馬として挙げられている「HERO」に対しても、《マスク・チェンジ》を阻害したりといぶし銀の働きをしてくれます。

まぁ墓地除外がきつくないデッキはほぼほぼないに等しいので尖っていながらも丸いという環境にマッチしたメタ役という印象です。

《ビッグ・レッド》は必ず展開に噛んでくるので使い易いです

とりあえず相手がトリガーとなる魔法カードを踏んでくれないと駄目な訳ですが、今の所《SPYRALGEAR-ビッグ・レッド》はどの展開ルートにも絡んでくるカードなので、比較的うちやすいのがありがたいです。

しかし、ルート次第で効き目が薄かったり…とやや不安定な面を持っているのも事実。

これ系は自分で使ってみないと感覚が伝え辛く確信も持てないので少し記事化が遅れましたが、まぁまぁイケてるカードって印象でした。

流石に《さくら》ちゃんの方がクリティカルヒット感は強いですが、場に残ったらリリース要員にもなるし(地属性なのでデッキによってはでかそう)「SPYRAL(スパイラル)」以外のデッキにもまぁまぁイケるってのは結構な強みだと思います。

とりあえず使ってみない事には分かりにくいと思うので…是非一度試してみて下さいな。

個人的には、《応戦するG》《ゲール・ドグラ》をサーチできるギミックを「ヴェンデット」でうまく使いたい…な…と考えているのですが、中々纏まりません。

やっぱり先手リリーサーしか「ヴェンデット」で「SPYRAL」をオリャァァァする方法はないか…( ;∀;)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 荒くれナンバーズ より:

    おー!応戦するG記事ですか! 少し前から「応戦するGありなんじゃね?」ってつぶやいてたので同じこと考え(?)ている人がいた感じでなんかうれしい限りですw
    レベル4で手札から出せますし地属性ミセス・レディエントにもなれて増Gサーチできるのでいいですよね~
    安いうちに買っておこうかな

  2. 匿名 より:

    《応戦するG》!そういうのもあるのか。
    デッキの中がGだらけになりそう……w

    ところで、《マスク・チェンジ》は阻害できないはずでは……?

  3. 匿名 より:

    でもジーニアスのサーチを止めることはできないからなー。相手ターン中にサーチするテラナイト使いとしては召喚時チェンロが一番良い

  4. 匿名 より:

    さくらうらら増G応戦G飛翔GドロバDDクロウ入れとけば何とかなるだろう
    全盛期十二獣ならから全部詰めたのかな?

  5. ここの より:

    応戦するGを素で3枚当てた、あのころの 自分に最大級の感謝を。。。!
    これからのG新規も楽しみです

  6. 匿名 より:

    そしてゲールグドラでリバリアンシャーク落としてセブンスワンを仕込むんですね、わかります

  7. 匿名 より:

    これぞ!SPYRAL用のカード!と思ったらこいつをリンク召喚に使われ、Gを投げたらループ作られてライブラリーアウト……なんてことがあるかも

    • 匿名 より:

      応戦Gは自分の場だぞ
      古くはネクロスHERO時代から使われて、インフェルノイドの推理ゲートに当てたらゲームエンド級の活躍をした

  8. お花畑なコーデリア より:

    ここ最近はSPYRAL対策が熱いですね!
    それはそうと新規Gはまだですか?

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

【20thアニバーサリーデュエリストボックス】ステンレスカードは青眼とブラマジ!プレイマットのデザインも公開!

12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリストボックス』の情

→もっと見る

PAGE TOP ↑