【クリッターの災難・濡れ衣の巻】同名カードの発動を封じる強力な一枚!黒き森のウィッチとの再会!?

DSCF3774

♦前回までのお話♦

うっかり《魔界発冥界行きバス》に《手違い》で乗り込んでしまったクリッターくん。
危うく《同属感染ウイルス》に破壊されるところだったが、《天使の施し》さんに《相乗り》させてもらう事でなんとか逃げ延びることができた!
安心したのもつかの間、なんと《天使の施し》さんは冥界からの脱走犯だったのだ…。
ついでに逮捕されたクリッターくんの運命はいかに!?

SPONSORED LINK

 濡れ衣

DSCF5082

速攻魔法
「濡れ衣」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手の手札・フィールドのカードを合計した数が 自分の手札・フィールドのカードを合計した数より多い場合、 フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 お互いのプレイヤーはこのデュエル中、 その表側表示のカード以外の対象のカードと同名のカードの効果を発動できない。

《一枚目は許すが二枚目の発動は許さない!》

励輝士 ヴェルズビュートと同様な発動条件を持つ速攻魔法。一枚目の発動は許してしまいますが、2枚目以降は絶対に許さない”割られる心配のない”《禁止令》のようなカードです。
フィールドの表側表示なら種類を問わず対象にとる事ができるので対応幅も非常に広いです。

相手が発動したカードを対象にして発動するのでもいいですが、自分が発動したカードを対象に《濡れ衣》を発動するのも良いですな!(強力な制限カードを封じる事も可能だぞ!)

♦クリッターくんの軌跡♦

クリッター:「いかないでおくれよ~ 勘違いなんだクリ~」
クリッター:「ぼくはただ相乗りさせてもらってただけなんだクリ~」

看守さん:「うるせぇ~ そしてコイツの足きめぇ~」

黒き森の:「はぁ~ なんだか騒がしい子がきちゃったわね…」
黒き森の:「!?」
黒き森の:「あのモジャモジャに緑の手足…」
黒き森の:「もしかして…クリッターちゃん!?」

kuri
クリッター》と《黒き森のウィッチ》…。
クリッチー》の融合素材に指定された運命の二人がついに出会う!

そう…この時の二人には知る由もなかったんだ…
この運命の再会があんな悲劇を引き起こすだなんて…

《黒き森のウィッチ》の登場で物語は大きく動く!?

kuroki

クリッター》が身代わりになって《黒き森のウィッチ》が禁止から解除されるドラマティックな展開に期待!(流石に禁止解除はないよなぁ…)

管理人の妄想はともかく、《濡れ衣》は強力かつ面白いカードだと思うので、当たった人は是非使ってみてください!本当にクリッターくんはコナミのおもちゃだなぁ~(しみじみ)

Amazon:遊戯王カード BOSH-JP068 濡れ衣(ノーマルレア)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. セントラルウェスト5000 より:

    最終着地はクリッターの禁止制限解除でクリッター笑顔の魔法(字面がキモい)と共にデッキインでしょうか?

    さてまた、天使のほどこしが解除でクリッター涙でしょうか?

    ブラックマジシャンガールすらレモンだのなんだのと似た名前の関連カードも増えますし、クリッターもクローン系カードの医師に弄られ、クリッター効果を持つ魔法カードなどがでてそのまま禁止地獄なのでしょうか?

    はやく帰ってきてほしいなぁ、クリッター。カードもカードネタでも。

    • cast より:

      クリッターは遊戯王のアイドル(おもちゃ)枠ですからねぇ~
      デスガイドが現役の内は無理かなぁ・・・。

  2. 匿名 より:

    なんとなくデスガイドが捕まりクリッターが釈放される結末が見える。

    • cast より:

      デスガイドが捕まると悲しむ人も多いだろうなぁ~
      入れ替わりになるとクリッターくんはそれはそれでダメージを受けそうw

  3. 匿名 より:

    まさかの再開

    クリッター獄中編
    数多の禁止との絡みが彼を待つ!
    これであと二期は引っ張れる!

  4. 匿名 より:

    そこでは黒き森のウィッチが活躍していた!
    デスガイドいなくてもクレーンクレーンやスカラマリオン、サーチしたり釣ったりできるカードも多いのでエラッタや擬似カードでもない限り、三眼ちゃんは出られなさそう…

    • cast より:

      それだけ三眼ちゃんが優秀ってことなんだ!
      黒森ちゃんと一緒に獄中生活かなぁ~

  5. 匿名 より:

    看守の言葉で笑った

  6. アルセウス より:

    ふむ…テーマデッキに刺さりそうなカードですね。クリッターとウィッチはエラッタされた蛇(名前忘れました)みたいにエラッタされないですかね…?

    • cast より:

      キラースネークさんの事かな?
      エラッタされたらされたで違うカードになってしまいそうなので…ちょっと扱いに困りますねw

  7. 匿名 より:

    クリッターってほかのカードで出てくるとそんなに可愛くないんだよなー
    クリボーが可愛いから比較してしまう
    屋根裏の物の怪を出して欲しい

    • cast より:

      手違いのクリッターは表情が可愛いので好きですね
      彼にとっては悪夢の始まりですが…。

  8. 匿名 より:

    特にEMEmに対するメタとして注目しているカードです。
    ペンデュラム相手なら発動条件も満たしやすいですしヒグルミに向けて打てばループ防止にもなります

    • cast より:

      条件をクリアできれば強烈な一枚になると思いますね。
      ちょっと試してみます^^

  9. カフェイン より:

    ウィッチのもう完全に釈放諦めて悟ったような表情がじわじわきますね。
    この後地下か鉱山送り→ウィッチと共に脱獄&リメイクされて復帰してくれないかな・・

  10. 匿名 より:

    濡れ衣と禁止令は割と違いがありますよー
    双方の利点まとめてみました

    濡れ衣のメリット
    ・フィールドから墓地に送られた場合…などを1枚目から無効にできる
    ※フィールドから離れると対象のカードでなくなる
    ・維持しなくていい
    ・条件さえ満たせばフリーチェーン
    ・どうやっても解除できない(デメリットにもなりうる)

    禁止令のメリット
    ・先に出せれば1枚目から有効(マッチなど)
    ・召喚自体を封じられる
    ・融合素材にする等も封じられる
    ・フィールドに出てこないカードも封じられる
    ・カウンター罠も封じられる
    ・発動条件がない
    ・破壊、バウンスで解除できる(デメリットでもある)

    彼岸とか相手なら濡れ衣が効きそうです(焼け石に水な気も…)
    サイバーとかなら禁止令の方が効果的ですね(除去…)
    自分はメインに投入してみました。

    • cast より:

      細かい細く感謝します^^

      メイン投入ですか!
      使用感をまた聞かせてください^^b

  11. 匿名 より:

    二人してPモンスターとしてリメイクされれば面白そうな気もします

  12. EXデッキ焼き より:

    こうして獄中結婚して生まれた子供がクリッチーかな?(すっとぼけ)
    捕違いといい今回の濡れ衣といい、手違いや禁止令といった強力だけど維持が難しいカードの安定化が進みますね。しかし皆、効果よりもクリッターくんがどうなるのかの方が気になってると思う。
    同じネタ禁止枠のゴヨウさんともひとからみ欲しいですね。ウィッチさんも絵柄が新しくなって深窓の令嬢っぽくなってますね。施し天使も妙に可愛くなってますし、過去カード達の新イラストは毎度楽しみです。

    • cast より:

      捕り違いの施しさんのむくれ顔は可愛すぎる!
      でも内面は結構いってそうで怖いです。

コメントを残す

【アマゾネス女帝:効果考察】タイラー姉妹のカードがついにOCG化されるぞ!

アマゾネス使い&タイラー姉妹ファン歓喜! タイラー姉妹が

【デュエルリンクス:闇バクラ攻略】闇のウィジャ盤対策には《墓堀りグール》か「現世復帰の制約」だ!

デュエルリンクスで絶賛開催中のイベント『恐怖のオカルトデッキ

【1:2交換《砂塵の大嵐》効果考察】汎用除去の歴史が、また1ページ・・・

少し前の話ですが、(記事にするのが遅い)公式Twitterにて

【《剛鬼ザ・グレート・オーガ》効果考察】鬼塚豪操るプロレステーマ「剛鬼(ごうき)」

遊戯王ヴレインズ特集第3弾は管理人がイチオシの「剛鬼(ごうき)

【リンク召喚入門】『スターターデッキ2017』収録カードリスト・画像・効果まとめ

何だかんだで発売日まで約1ヵ月なんで、収録カードをまとめて行き

【影星軌道兵器ハイドランダー効果考察】墓地状況が最重用なハイランダーモンスター

公式Twitterのツイートにてまた新たなカードが1枚公開され

【《PSYフレームロード・Ω》や《地盤沈下》の仕様について】新マスタールールの変更点アレコレ

あの疑問がついに明かされる時… エクストラモンスターゾー

【エクストラリンクって何だ?】相互リンクを繋げる事でもう一つのエクストラモンスターゾーンも占有!?

おいおい、また聞きなれない言葉が出てきたぞ… 「エクスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑