【リヴェンデット・スレイヤーとアニマの関係について】朽ちる事のない愛の証と魂の繋がりを信じて!

公開日: : カードストーリー

「アニマ」、それはラテン語で「魂」を意味する言葉・・・。

《リヴェンデット・スレイヤー》のルーツに関わる重要なキャラクター、《ヴェンデット・アニマ》をメインに、「ヴェンデット」ストーリーの片鱗に触れて行きましょう。

死してなお魂で繋がり続ける男と女。《リヴェンデット・スレイヤー》の悲しき「Origin」に迫ります。

SPONSORED LINK

ヴェンデット・アニマの胸に輝くロケット

《ヴェンデット・アニマ》の胸に輝くロケットに注目。

これは《リヴェンデット・ボーン》で《リヴェンデット・スレイヤー》が握りしめているロケットと同じものです。

ロケットの中の写真の女性の髪色・髪型とも一致しますし、【《リヴェンデット・アニマ》=《リヴェンデット・スレイヤー》の最愛の人】と考えるのが自然ではないでしょうか?

一つしか存在しないロケットが《リヴェンデット・スレイヤー》の手中に存在する。・・・という事は、彼女(ヴェンデット・アニマ)は・・・。

《ヴェンデット・アニマ/Vendread Anima》 
効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外し、「ヴェンデット・アニマ」以外の除外されている自分の「ヴェンデット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):フィールドのこのカードを使用して儀式召喚した「ヴェンデット」モンスターは以下の効果を得る。●このカードが戦闘で破壊したモンスターは墓地へは行かず除外される。

 

《ヴェンデット・アニマ》の効果から更に考察すると、《ヴェンデット・アニマ》以外の除外されている「ヴェンデット」モンスター1体を特殊召喚(復活)し力を与える存在とも取れます。

・・・もしそうなら素敵だな・・・(*’ω’*)

遊戯王/第7期/DT13-JP031 イビリチュア・リヴァイアニマ【スーパーレア】

また、「アニマ」「ペンダント」の二つから※《イビリチュア・リヴァイアニマ》を思い出したのは管理人だけではないはず。もしかしたら《リヴェンデット・スレイヤー》も「アバンス」と「エミリア」のような魂の同化状態に有ったりするのかも知れません。死して尚パートナーを支え続ける・・・イイ女過ぎる。

※:《イビリチュア・リヴァイアニマ》は「アバンス」が「エミリア」の魂を復活させようとし、その失敗によって変化した姿です。《アバンス》と《エミリア》の魂が不完全な状態で同化して暴走。

二人は永遠に魂で繋がり続ける!《リヴェンデット・スレイヤー》

《リヴェンデット・スレイヤー》の姿でも形見のロケットは健在。

最愛の人を失ったことで発狂した彼ですが、このイラストだと結構イケイケですよね。

魂が同化した事で「もう何も怖くない」状態になっている・・・と信じたいです。

《セイヴァー》や《エグゼクター》にはロケットが確認できない…

進化体である《リヴェンデット・エグゼクター》や《アドヴェンデット・セイヴァー》の画像には形見のロケットの存在が確認できません。

《ヴェンデット・リバース》で《ヴェンデット・バスタード》に取り込まれるまでは確認出来るので、一度取り込まれて《リヴェンデット・エグゼクター》になる過程でどこかに消えちゃった感じでしょうか?

遊戯王 FLOD-EN082 Revendread Executor(英語版 Unlimited Edition レア) フレイム・オブ・ディストラクション

・・・勿論、確認できないだけで実際は付けてるって可能性は捨てきれませんが、《リヴェンデット・エグゼクター》のイラストは割と胸元がきっちり確認できるからなぁ・・・(ロケット何処?)。

・・・というか、何で《リヴェンデット・スレイヤー》って進化するたびにマフラーの色が変わるんだろう?

スレイヤー(黄)⇒エグゼクター(青)⇒セイヴァー(赤)・・・謎ですね(笑)。

また後日、きちんとストーリー考察やる予定です

とりあえず《スレイヤー》と《アニマ》の関係についてだけは先に語りたかったので、ちょっとフライング気味にストーリー記事をUPしてしまいました。

この手のストーリーものに本当に弱いな…俺ッ!

あぁ、「ヴェンデット」新規カード…早く手元にほしぃぃ!!

遊戯王OCG デュエルモンスターズ EXTRA PACK 2018 BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-09-08)
売り上げランキング: 29
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    セイヴァーの目は紫色で赤くない(怒りにとらわれていない)ので、この時点ではもう心の区切りがついている、つまり物語としては後日談のイラスト
    そんな印象を受けました

  2. 匿名 より:

    私個人的には、ナイトメアでエグゼクターがアニマに攻撃してるのを見て、アニマはスレイヤーを取り込んだバスタード(=スレイヤー+コア)のコアがスレイヤーの記憶を利用して、写真の女性をコピーしてペンダントを奪い、エグゼクターに攻撃を躊躇わせようとした姿で、エグゼクターが最後の力を振り絞り倒してペンダントを奪い返してDaybreakでエグゼクターが力尽きたが、復讐鬼ではなくヒーローとして復活したのがセイヴァーだと妄想していましたが。
    コア=アニマとすると微妙なステータスの違いも気になるし、管理人さんの考察の方がアニマの効果の説明がつきやすいですね。

    • cast より:

      これは興味深い 確かにナイトメアで似たキャラクターが殴られてるんですよね あれはやっぱりアニマなんでしょうか?

  3. 波音 より:

    1度バスタードに負けて取り込まれるが、リボーンのイラストではバスタードのコアを抜き取っていることから、ここでエグゼクターに進化したんだと思われる。ちなみにリボーンの英語版はエヴォリューション(進化)なので辻褄もあう。
    ナイトメアで戦っているのはおそらくキマイラではないかな?体を変化させてアニマの顔を生成してエグゼクターを惑わそうとしたのかも。
    デイブレイク(曙光?)で多くのゾンブが光が苦手なようにエグゼクターも消滅してしまう。アニメだったらここでエンディングが流れるけど、そのあとに、よく似た姿のセイヴァーを出すことで、彼は生きていたんだ!と視聴者(ここでは決闘者)に思わせたかったのかもしれない。もちろん別人という可能性も捨てきれないが。

    • 波音 より:

      追記
      アドヴェンデッドの元と思われるAdventには出現やキリストの降臨という意味があるので、セイヴァーがヴェンデッドから人々を守る救世主となったという風にも考えられる。

    • cast より:

      ここら辺はきっちり繋げて考察したいですねぇ~ 発売後にカードを眺めながらじっくりと考えたいです

  4. 匿名 より:

    ナイトメアはスレイヤー=サンの葛藤を表現したものなのでは?アニマを消した後、戦う意味に迷いが生まれてイラストのような幻覚や悪夢を見るようになったみたいな。

    • cast より:

      あー その可能性もあるのか
      取り込まれた際に悪夢を見せられた可能性はありそう…(それで覚醒!)

  5. 匿名 より:

    最初、リヴェンデット・ボーンを見たときはNTRされた妻の写真を見て血の涙をながしていると思ったのは内緒

  6. hyouta より:

    リヴェンデットバースでバスタードのコアが千切れたロケットを持っているのが意味深ですね。

  7. 匿名 より:

    自分的にはボーンで泣いているのがエグゼクターだと思ったので
    スレイヤーの暴走初期形態がエグゼクターで
    ナイトメア→ボーンを経て人間の心を取り戻しスレイヤーになったのかなって思ってたけど
    バスタードのコアの部分は全然わからん

    考察待ってます

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【ヴェンデットデッキレシピ・回し方解説】リリーサースレイヤーの必殺ムーブ!武力の軍曹・ライザーギミック搭載型!

【ヴェンデットデッキ特集第三弾】は、管理人が実際に使用している

【デュエルリンクスに5Ds・シンクロが実装】遊星やジャックたちを使える日がやって来る!【おいデュエルしろよ】

『遊戯王デュエルリンクス』に【5D’sワールド】とシンクロ召喚

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第69話感想】リボルバーvsウィンディ!ミラフォに続く驚きのカード登場!

「今ここでイグニスと戦ったら後戻りできなくなる!」 …プレイメー

《不知火流 伝承の陣》効果考察!転生の陣として扱う永続魔法【サベージ・ストライク収録】

アニメ放送後の定期ツイートにて、『サベージ・ストライク』収録の

【時械神祖ヴルガータの効果が強い】一枚は持っておくべきカードです【漫画版ARC-V・6巻付録】

『コミック版:遊戯王ARC-V6巻』付録《時械神祖ヴルガータ》の効

【嵐征竜-テンペストの影響を受けるデッキ案】うまく使いこなす・共存できるデッキを探そう!【追記しました】

《嵐征竜-テンペスト》《風征竜-ライトニング》をうまく使いこなすデ

【ストラクチャーデッキRアンデットワールド】収録カードリスト・新規カード効果【再録を含む全カード判明】

本記事は、9月22日発売『ストラクチャーデッキR-アンデット・ワー

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【デスポリス追記・記事補強】

出しやすくって使いやすい【リンク召喚】のメインストリーム

→もっと見る

PAGE TOP ↑