【光来せよ!真閃珖竜スターダストクロニクル】ファイブフィール遊星の新たなエース!【コミックス9巻付録】

だが俺はレアだぜ!

『遊戯王5D‘s』9巻に新たな「スターダスト」モンスター「真閃珖竜(しんせんこうりゅう)スターダスト・クロニクル」が同梱される事が判明しました。

金色に輝くスターダストの登場に全国の蟹好きのテンションは上がっている事でしょう。
効果自体も強力なので、「シフル」と合わせて活躍が期待できますぞ!

遊星:「ついにレアを通り越してゴールドレアになったぜ!!」

SPONSORED LINK

真閃珖竜(しんせんこうりゅう)スターダスト・クロニクル

DSCF4099

シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上 このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
①:1ターンに1度、自分の墓地のSモンスター1体を除外して発動できる。 このカードはターン終了時まで他のカードの効果を受けない。 この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが相手によって破壊された場合、 除外されている自分のドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

効果①:墓地のSモンスター1体を除外して強力な耐性を得る!

他のカード効果を受けなくなる強力な耐性を自身に付与する誘発即時効果。

発動する為に墓地のシンクロモンスターを除外する必要があるのだが、このモンスターがフィールドに召喚されている時点で2体のシンクロモンスターが墓地に存在している事になるので2回は使える。

打点の高さもあってかなり場持ちの良いモンスターですね。

効果②:相手に破壊されたら除外されているドラゴンSモンスターが舞い戻る!

強固な耐性を突破してきた場合のケア効果もバッチリ!
戻せるモンスターはドラゴンSモンスターでさえあれば他に縛りはないので使いやすい。

②の効果をフルで活かすならば、レベル8シンクロドラゴン+「フォーミュラ・シンクロン」の組み合わせで「スターダスト・クロニクル」をシンクロ召喚しておきたいですね。(ドラゴンSさえいれば他の組み合わせでもいいよ!)

突破後に「閃珖竜スターダスト」や「魔王龍ベエルゼ」が特殊召喚されるのは厄介だわ…。

盤面次第で「スターダストウォリアー」と使い分けよう!

star

素材指定的にライバルになりうるモンスターは「スターダスト・ウォリアー」ってところでしょうか?(「TG ブレード・ガンナー」と「シューティングスター」も一応…。)

耐性面だけでみると「スターダスト・クロニクル」に軍配が上がりますが、「スターダスト・ウォリアー」も「ホープ・ザ・ライトニング」や「サイバードラゴン・インフィニティ」の存在を考えると軽視できません。
性能差は五分五分って感じかな~。

これからは対戦相手や用意できた素材状況によって「スターダスト・クロニクル」と「スターダスト・ウォリアー」を使い分けていく感じになりますね。柔軟に対応できるようになるのは良い事だ!

「スターダスト・シフル」と共に新たな風を吹き込む!

vj3

特別掲載された描き下し漫画に登場した「スターダスト・チャージ・ウォリアー」と「スターダスト・アサルト・ウォリアー」のOCG化にも期待したいですが、とりあえずこの二枚のゲットが急務だ!

新時代の「スターダスト」がデュエルシーンにどの様な影響を与えるのか非常に楽しみです。

Amazon:遊・戯・王5D’s 9 (ジャンプコミックス)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ホープザライトニングに無力すぎる泣

  2. 5000 より:

    どうしても、ライトニングに無力なところが引っ掛かります。弱くはないのですが。

    蟹デッキのホープTHEライトニング対策はセイヴァーで決まりでしょうかね。

    • cast より:

      最近モンスターの強さの基準が対「ライトニングorインフィニティ」に耐えれるかって感じになってますよね。実際頻繁に出てくるから間違ってはいないのだけれども…。
      セイヴァースターは超強い!

  3. 匿名 より:

    >>2
    ジャンクアーチャー&ガードナー「「俺もいるぞ!」」
    ガードナーは奈落にも引っかからないしクジャドルの壁役として結構世話になりました

  4. ドラノール より:

    先出しのスターダストウォリアー、後出しのクロニクル、って感じでしょうか。
    他が強すぎるだけで、スターダストウォリアーも十分強いことが書かれてるんですけどね~。
    ペンデュラム召喚絶対させないマンは伊達じゃない。

    • cast より:

      今の流行り的には「スターダスト・ウォリアー」の方が適している気がしますね。
      選択肢の一つとしては面白いと思うんですけどねぇ~。

  5. VAN より:

    「このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。」
    このデメリットが無ければEXデッキに入るんですよね。
    シューティング・スター・ドラゴンは死者蘇生やリビデで
    蘇生できるけど、クロニクルは無理。打点も流星竜の方が上だし、
    除外はきつい、おまけにレベル10だと牙王やドラゴアセンション、
    ディサイシブが居るのでクロニクルは個人的に入らないかな。
    弱くは無いと思いますが。

  6. VAN より:

    あとスターダスト・ウォリアーも強いんですけど、
    インフェルノイドやDDクロウされると厳しいんですよね。
    インフェルノイド・アスタロス「じゃ、除外でw」

    • cast より:

      このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。>確かにこれはでかいんですよねぇ~
      ①の効果は②の効果込みでの性能なんですよね~、おっしゃるとおり除外は痛い!
      ただでさえエクストラカツカツってのも問題のひとつで、デュエル前からエクストラデッキを巡る争いが勃発しまくりですな。

    • cast より:

      リリースされる「スターダスト」モンスターの宿命ですね。
      ジャンドはインフェルノイドと相性最悪ですしねぇ~

  7. 匿名 より:

    フィール次元はやはりアニメ本編の正史に近いのかな?
    こいつデルタアクセルで召喚されたし……どう考えても黄金蟹をイメージしたとしか……

  8. 匿名 より:

    このカードはS召喚でしか特殊召喚できない・・まぁ墓地から特殊召喚されまくったら強いってレベルじゃないからね、仕方ないねww
    まぁデュエルの序盤に出すカードでは無いな

  9. 匿名 より:

    こうなるとシュースタも素材にスターダスト縛りがなければいろいろ使い分けられてよかったと思う。遊星的にはスターダストの進化系ということでいいんだろうけど。

    クイックジャンドだとカード破壊した後のジャンク・デストロイヤーとF1の組み合わせが使いやすかった感触がある。

    • cast より:

      シュースタには夢の連続攻撃「スターダスト・ミラージュ」があります!
      今カード化されたらスターダスト縛りは消えてそうですね…。確かに。

  10. 匿名 より:

    一昔前なら信じられないほどの強さですが①②共にライトニングに弱すぎるのが問題ですねぇ。
    スタウォには対ライトニング他汎用性で劣り、シュースタはそもそもシンクロ召喚しないのが大半ですからね。
    おまけに枠も足りないのがなぁ…

    運用は大分異なりますが妨害受けない3000だけだと実際あっさり突破されかねないのはスタバとか使ってると結構痛感しますね。

    こいつに限らずそれなりに優秀な性能してるのにライトニングに弱いってだけで雑魚扱いされる風潮ほんと嫌い

    • cast より:

      ライトニングにやられるか否かってのが強さ基準になりつつありますね。
      ちょっとあの子は強すぎるんですよね~。(出し方も重ねるだけですからなぁ~)

コメントを残す

【アークファイブアニメ最終回148話感想】紫竜・白竜・黒竜、3体の覇王竜が勢揃い!!

『遊戯王ARC-V』147話より画像引用 ©高橋和樹スタジオ・ダ

【リンクスレイヤー強いね!】フォトスラ式特殊召喚対応・魔法罠破壊効果の凄い奴!!

おーす、みんな【リンク召喚】決めまくってるかな? 簡単に

【ランクアップマジック発動時にリンクモンスターを除去られた場合の処理について】出るのか出ないのか?

質問する程の事ではないと思いましたが、どうしても確証を得たかっ

【スターターデッキ&パーフェクトルールブック2017ゲット】色々と購入して参りました~

『スターターデッキ2017』と『パーフェクトルールブック201

【アマゾネス女帝:効果考察】タイラー姉妹のカードがついにOCG化されるぞ!

アマゾネス使い&タイラー姉妹ファン歓喜! タイラー姉妹が

【デュエルリンクス:闇バクラ攻略】闇のウィジャ盤対策には《墓堀りグール》か「現世復帰の制約」だ!

デュエルリンクスで絶賛開催中のイベント『恐怖のオカルトデッキ

【1:2交換《砂塵の大嵐》効果考察】汎用除去の歴史が、また1ページ・・・

少し前の話ですが、(記事にするのが遅い)公式Twitterにて

【《剛鬼ザ・グレート・オーガ》効果考察】鬼塚豪操るプロレステーマ「剛鬼(ごうき)」

遊戯王ヴレインズ特集第3弾は管理人がイチオシの「剛鬼(ごうき)

→もっと見る

PAGE TOP ↑