【ドロドロゴンの使い方・効果考察】シンクロから融合へ!素材代用・融合効果で出せるオススメモンスター大集合!

公開日: : モンスターカード(シンクロ)

《ドロドロゴン/Muddy Mudragon》の収録が正式に発表されましたね!

『エクストラパック2019』には魅力的なカードが多数収録されていますが、その中でも特に楽しみにしていたカードがコレだったりします。

エクストラデッキから供給できる融合代用&融合効果内蔵モンスターって最高でしょ!

面白さと強さを兼ね揃えた新カード《ドロドロゴン》に注目です。(ドロドロゴンって名前可愛いな…)

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

ドロドロゴン

《ドロドロゴン/Muddy Mudragon》 
シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻 500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
(2):このカードがS召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

収録:【エクストラパック2019】

①効果が適用されるのはフィールド・墓地の2か所だ!

①効果が適用されるのはフィールド・墓地の2か所。EXデッキにある状態では適用されないのは従来までの融合素材代用モンスターと同じ(デッキでは適用されない)はずです。

基本はフィールドで使用するカードですが、稀に墓地融合とかで活きてくる可能性があるので一応覚えておくと良いかも知れません。

《龍の鏡》《究極竜騎士》を出すシーンとかなら墓地適用も活きてきますね!

カード名が記されていない融合モンスターの代用にはできない


▲アバウトかつ該当していないモンスターには使えない

カード名が記されていない融合モンスターの代用には出来ない。

具体的に言うと、「●●属性モンスター」とか「●●族モンスター」等、アバウトな指定しか持っていない融合モンスターの融合素材代用としては使えないって事です。

なお、どちらか一つでも名前指定があればそちらの代用として使用する事が可能です。

カード名が記されていない融合モンスターでも②効果は使用できる


▲フィールド融合ならスターヴにもなれる

カード名が記されていない融合モンスターの代用にはできない。…と書きましたが、自身が持つ本来のステータス(闇属性・ドラゴン族・Sモンスター)で対応できる分には問題ありません。

①と②をセットで使う設計のカードではありますが、必ずしもセット利用しないといけない訳ではないので、自身のステータスで賄える部分でガンガン②効果を活用していきましょう。

※①と②はセット利用できるが、それぞれ個別利用もできると覚えておくと良いかも?

ドロドロゴンを使った面白融合展開:【素材代用編】

カード名が記された融合モンスターに関しては特に問題ないと思うので、今回は片方だけ指定されているモンスターをピックアップしてみました。

バッチリ素材指定されてる融合モンスターは好き放題代用しちゃってください。

サイバース・クロック・ドラゴン

融合・効果モンスター
星7/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
「クロック・ワイバーン」+リンクモンスター1体以上
(1):このカードの融合召喚成功時に発動できる。その素材のリンクマーカーの合計分だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。次のターンの終了時まで、他の自分のモンスターは攻撃できず、このカードの攻撃力はこの効果で墓地へ送った数×1000アップする。
(2):自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、自分フィールドの他のモンスターを、相手は攻撃・効果の対象にできない。
(3):融合召喚したこのカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

 

クロック・ワイバーンとして素材使用

《クロック・ワイバーン》の代用として素材利用します。

もう片方はリンクモンスターを適当に用意すれば楽々供給可能。①効果で沢山掘るなら高リンクが必要ですが、融合するだけなら《リンクリボー》でも問題ないです。

ミレニアム・アイズ・サクリファイス

融合・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「サクリファイス」+効果モンスター
(1):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、相手のフィールド・墓地の効果モンスター1体を対象として発動できる。その相手の効果モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値分アップする。
(3):このカードの効果で装備したモンスターと同名のモンスターは攻撃できず、その効果は無効化される。

 

サクリファイスとして素材使用

《サクリファイス》の代用として素材利用します。

もう片方は効果モンスターなので何の問題もなく用意できるはずです!

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》に使う場合は、《サクリファイス》or《千眼の邪教神》のどちらかとして使う事になりますね。

ブラマジ融合

《竜騎士ブラック・マジシャン/Dark Magician the Dragon Knight》 
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ブラック・マジシャン」として扱う。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

 

ブラック・マジシャンとして素材使用

基本的には《ブラック・マジシャン》の代用として素材使用しますが、《竜騎士ブラック・マジシャン》 ,《呪符竜》等は本来の種族を活かす事も出来ます。

《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》を出す場合は戦士族を用意しましょう!

《超魔導剣士-ブラック・パラディン》繋がりでついでにやっちいますが、《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》も両使いできますね。

エリュシオン以外の召喚獣モンスター

《召喚獣メルカバー/Invoked Mechaba》
融合・効果モンスター
星9/光属性/機械族/攻2500/守2100
「召喚師アレイスター」+光属性モンスター
(1):1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、 そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。 その発動を無効にし除外する。

 

召喚師アレイスターとして素材使用

光属性モンスターを供給するだけで《召喚獣メルカバー》が用意できるって何気にデカイ!?

他の「召喚獣」融合モンスターの代用にも勿論使えますし、「エリュシオン」もエクストラデッキから特殊召喚されたモンスター側として使用する事が出来ます。

ドロドロゴンを使った面白融合展開:【非素材代用編】

波動竜騎士 ドラゴエクィテス

融合・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3200/守2000
ドラゴン族シンクロモンスター+戦士族モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、墓地に存在するドラゴン族のシンクロモンスター1体をゲームから除外し、エンドフェイズ時までそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る事ができる。また、このカードがフィールド上に表側攻撃表示で存在する限り、相手のカードの効果によって発生する自分への効果ダメージは代わりに相手が受ける。

 

ドラゴン族のシンクロモンスターとして素材使用

戦士族モンスターを用意するだけで《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》を展開できる!

素材に使用した《ドロドロゴン》の効果をコピーして更に融合…なんてことも一応できますね※。

※ドロドロゴンの効果はS召喚している事が条件なので無理でした(残念)。

召喚獣エリュシオンの素材になる

融合・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻3200/守4000
「召喚獣」モンスター+エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター
このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「闇」「地」「水」「炎」「風」としても扱う。
(2):1ターンに1度、自分のフィールド・墓地の「召喚獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター及びそのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターとして素材使用

《簡易融合》で出した《カリギュラ》とか《ライディーン》《エリュシオン》を出せるけど……「召喚獣」デッキならこれを使う必要はないかな?

流星竜メテオ・ブラック・ドラゴンの素材になる

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守2000
レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

レベル6ドラゴン族モンスターとして素材使用

レベル7「レッドアイズ」モンスターは名称ではないので代用できませんが、レベル6ドラゴン族モンスター側ならナチュラルに使用できます。

まぁでも…素直にデッキ融合するべきか?

闇属性指定でミドラーシュなど

《エルシャドール・ミドラーシュ》
融合・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守 800
「シャドール」モンスター+闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードは相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

 

闇属性モンスターとして素材利用

「シャドール」モンスターを用意して《エルシャドール・ミドラーシュ》になったり、「HERO」モンスターを用意して《E・HEROエスクリダオ》になったり!

「捕食植物」モンスターを用意して「捕食植物」融合モンスターになったり、もう一体闇属性モンスターを用意して《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》になったり!

闇属性としての素材利用は滅茶苦茶広い!これは色々使えそうで面白い!

ドラゴン族指定でヴァレルロード・F・ドラゴン等

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
ドラゴン族・闇属性モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の闇属性リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

 

ドラゴン族・闇属性モンスターとして素材使用

ドラゴン族・闇属性モンスターをもう1体用意すれば融合可能です。

「ヴァレット」使い的には《ラピッド・トリガー》で出したくてうずうずしますが、出張させるとかなら選択肢として全然ありだと思います。

《ヴァレルロード・F・ドラゴン》は滅茶苦茶良いモンスターなので、使った事が無い人は是非堪能してほしいです。

沼地のドロゴンに戻る事も可能

融合・効果モンスター
星4/水属性/幻竜族/攻1900/守1600
同じ属性で種族が異なるモンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカード及びこのカードと同じ属性を持つフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。このカードはターン終了時まで宣言した属性になる。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

同じ属性で種族が異なるモンスターとして素材使用

ドラゴン族以外の闇属性モンスターを用意すれば融合可能です。

「戻ってどうする?」って突っ込まれそうですが、レベル2チューナーを用意すれば再び《ドロドロゴン》に戻る事も出来ます。

《ドロドロゴン》から《沼地のドロゴン》へ…

《沼地のドロゴン》から《ドロドロゴン》へ…

シンクロと融合をつなぐ存在…良いね!

エクストラから供給できる融合素材代用モンスターってありそうでなかったので、これは一種のシンクロ・融合革命と言っても過言ではありません!

これは早く使いたいって人が多いカードなのではないでしょうか?…少なくとも管理人は早く使いたいです。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ EXTRA PACK 2019 BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-09-14)
売り上げランキング: 157
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ①効果が適用されるのは手札・フィールド・墓地の2か所だ!
    ↑手札、手札! 消し忘れてるよ

    • cast より:

      最初は本文も手札って書いてて…
      「ハッ!」となって修正したんですが、見出しを修正し忘れているという。爪が甘々すぎる((+_+)

  2. 匿名 より:

    除外ゾーンだと適用されないんですね

  3. 匿名 より:

    リンクは自然に供給できるからドロドロゴンとネクロフュージョン入れて突然高打点クロックドラゴンとか面白そう

  4. 匿名 より:

    元のドロゴン割と面白くていい効果だと思うけど出すのに融合魔法カードなりが必要だったから
    その所をモンスター展開してシンクロすれば割と条件緩く出せるって考えればまぁ戻す意味もあるんではないかなと…

    あとシンクロから融合に繋げれるカードっていうのはダークフルートやリンクメイルの強化になるかなー

  5. 匿名 より:

    勝鬨デッキとの相性に注目しています。
    レベル5中心デッキなのでイゾルデからレベル1チューナーをリクルートすることで出せ、シュラ、ブラック・キャバルリー、黒刃竜の素材になれるので優秀だと思います。

  6. 匿名 より:

    ドラゴエクィテスが出しやすくなったのはいい?

  7. 匿名 より:

    融合はS召喚した時限定の効果なのでドラゴエクィテスでコピーしても意味ないよ

  8. 匿名 より:

    ザボルグ&キメラフレシア&ドロドロゴン+αで色々出せそう
    竜騎士ブラマジも一緒に墓地へ送って円融サーチ、墓地融合でブラックパラディンとか

  9. 墓地にシンクロフュージョニスト置いてからの

    バランサーロード+サイバースガジェットからウィキッドをリンク召喚するルートから斬機チューナーにアクセスしてドロドロシンクロ&超融合サーチとか言う夢しかないコンボにワクワクが止まらん(隕石から目を逸らしながら)

コメントを残す

【忍者デッキ特集】変化・超変化・妖変化、時代と共に進化する忍法の世界!でも面白さは不変!

自分の忍者デッキをいじったついでに記事も作成してみました。

【DPレジェンドデュエリスト編6】ブラマジ強化決定!超魔導師-ブラック・マジシャンズ!

11月9日発売予定『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6

【カードゲームのスタン落ちって抵抗ある?】フォーマット制の良し悪しについて語る

昨日発表された「ポケモンカードゲーム」のスタン落ち(ローテーシ

【好きなカードやデッキ傾向は偏る?】テーマ構造・アーキタイプに関する話

好きなカード・組むに至ったデッキの傾向は結構偏るってお話。

『LEGENDARY GOLD BOX』12月21日発売決定:歴代主人公・ライバルデッキを強化する新規・再録カードってのが気になる

12月12日発売予定『LEGENDARY GOLD BOX』の一部

【@イグニスターと相性の良いカードまとめ】サイバース族縛りをうまくやり過ごす構築が鍵!【ベイルリンクス追記】

『イグニッション・アサルト』の発売に向けて、「@イグニスター」

【ワルキューレシグルーン付録「Vジャンプ11月号」購入感想・レビュー】ワルキューレデッキ必携の一枚【ゲーム小話:P5R】

本日発売(9/21)『Vジャンプ11月特大号』を購入して参りました

【デュエルリンクスに実装された未OCG化カード】キャラクター別にまとめてみました!

『遊戯王デュエルリンクス』に実装された未OCG化カードをまとめた記

→もっと見る

PAGE TOP ↑