「竜魂の幻泉」《幻竜族》サポート?いえいえ、汎用カードとしても優秀です。

a0790_001060

『NECH(ネクスト・チャレンジャーズ)』に収録された【永続罠】カード。一見、《幻竜族》サポートカードだと思って読み飛ばしている人も結構いそうな【汎用罠】をご紹介!

SPONSORED LINK

竜魂の幻泉

DSCF1193

永続罠
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 特殊召喚したそのモンスターの種族は幻竜族になる。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。 そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

リビングデッドの呼び声」は遊戯王プレイヤーなら知らない人はいないであろうカードなのに、似たような効果のこちらの知名度はやや低めの印象。(新しいカードだし仕方ないか。)
コチラは守備表示で特殊召喚できるので相手の戦闘ダメージを恐れる事なく蘇生することが出来る、種族を《幻竜族》に変更してしまう効果は専用デッキ以外ではデメリットに思えるが、利用方法もある。(「リビデ」と違ってシンクロ素材に使用したりしても自壊するので注意)

《幻竜族》デッキ以外でも「輝竜星-ショウフク」が出せる

《竜星》デッキのエースである「輝竜星-ショウフク」が他のデッキでも出せる!「ショウフク」のデッキバウンス効果はシンクロに使用した《幻竜族》モンスターの元々の属性の種類の数までなので《竜星》デッキ以外なら1体バウンスが限界でしょうけど、②の効果は1:1交換できるので優秀!(墓地に「ノーデン」落ちてたらウマくね!?)

DSCF10431

ノーデン:「呼んだ?」

輝竜星-ショウフク

DSCF1199

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2300/守2600
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、 このカードのS素材とした幻竜族モンスターの元々の属性の種類の数まで、 フィールドのカードを対象として発動できる。 そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのカード1枚と 自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのフィールドのカードを破壊し、その墓地のモンスターを特殊召喚する。

あれっ!?「ショウフク」と「ノーデン」の組み合わせってやばいんじゃ….。 (ウッ!頭がぁ)

なんだか最終的に、「竜魂の幻泉」の話から脱線したような気がするけど、気にしない!!
「リビデ」ほど【汎用カードで】はないけど、「リビデ」にはない良さも十分ある「竜魂の幻泉」、オススメです!

「竜魂の幻泉」と「リビングデッドの呼び声」 アナタはどちらが好き?

  • 「リビングデッドの呼び声」 (75%, 44 Votes)
  • 「竜魂の幻泉」 (25%, 15 Votes)

Total Voters: 59

Loading ... Loading ...
SPONSORED LINK

関連記事

コメントを残す

【ライトロード・ドミニオン・キュリオス効果考察】ラヴァルバル・チェイン効果!こいつもトーチ一枚で出るじゃん

【リンク・ヴレインズ・パック】特集第5弾は、「ライトロード」の

【トーチ・ゴーレム再録の気配を感じる】ヨハンに関係するカードだし「DPレジェンドデュエリスト編」に収録されるんじゃ?(注:妄想)

【注意】この記事に書かれている事は管理人の妄想です。決して鵜呑

【セキュリティ・ドラゴンを入手せよ】緩々素材の上下マーカーリンク2!トーチゴーレムお手玉権付き

〈管理人も珍しく3冊ガーイしてしまいました。〉 本日(2017/

【セキュリティドラゴン付録「Vジャンプ12月特大号」の発売日】忘れずにゲット!【おまけ有】

〈身勝手の極意バージョンの悟空が表紙〉 本日は「Vジャンプ12月

【彼岸の黒天使ケルビーニ効果考察】レベル3汎用リンク2モンスターじゃねーか!【レベル3専用おろ埋内蔵】

もう既に結構濃ゆい印象の「リンク・ヴレインズ・パック」ですが、

【「ヴァレット」デッキ・カード効果考察】相性の良いカード・強み・弱点など【リボルバー様大好き byハノイの騎士】

新規カード大量実装で「ヴァレット」が来てると管理人の中で話題!

【クリッター(Sangan)のフレイバーテキストを募集】みんな大好き目玉のアイツ《フレイバーの軌跡》

関連記事: 【フレイバーの軌跡に関するアレコレ】 【フレ

【剣闘獣(グラディアルビースト)ドラガシス効果考察】ラビットorキャット1枚でガイザレスは確かに強いよ

今、遊戯王界隈で一番HOTな話題である「リンク・ヴレインズ・パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑