「竜魂の幻泉」《幻竜族》サポート?いえいえ、汎用カードとしても優秀です。

a0790_001060

『NECH(ネクスト・チャレンジャーズ)』に収録された【永続罠】カード。一見、《幻竜族》サポートカードだと思って読み飛ばしている人も結構いそうな【汎用罠】をご紹介!

SPONSORED LINK

竜魂の幻泉

DSCF1193

永続罠
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 特殊召喚したそのモンスターの種族は幻竜族になる。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。 そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

リビングデッドの呼び声」は遊戯王プレイヤーなら知らない人はいないであろうカードなのに、似たような効果のこちらの知名度はやや低めの印象。(新しいカードだし仕方ないか。)
コチラは守備表示で特殊召喚できるので相手の戦闘ダメージを恐れる事なく蘇生することが出来る、種族を《幻竜族》に変更してしまう効果は専用デッキ以外ではデメリットに思えるが、利用方法もある。(「リビデ」と違ってシンクロ素材に使用したりしても自壊するので注意)

《幻竜族》デッキ以外でも「輝竜星-ショウフク」が出せる

《竜星》デッキのエースである「輝竜星-ショウフク」が他のデッキでも出せる!「ショウフク」のデッキバウンス効果はシンクロに使用した《幻竜族》モンスターの元々の属性の種類の数までなので《竜星》デッキ以外なら1体バウンスが限界でしょうけど、②の効果は1:1交換できるので優秀!(墓地に「ノーデン」落ちてたらウマくね!?)

DSCF10431

ノーデン:「呼んだ?」

輝竜星-ショウフク

DSCF1199

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2300/守2600
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、 このカードのS素材とした幻竜族モンスターの元々の属性の種類の数まで、 フィールドのカードを対象として発動できる。 そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのカード1枚と 自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのフィールドのカードを破壊し、その墓地のモンスターを特殊召喚する。

あれっ!?「ショウフク」と「ノーデン」の組み合わせってやばいんじゃ….。 (ウッ!頭がぁ)

なんだか最終的に、「竜魂の幻泉」の話から脱線したような気がするけど、気にしない!!
「リビデ」ほど【汎用カードで】はないけど、「リビデ」にはない良さも十分ある「竜魂の幻泉」、オススメです!

「竜魂の幻泉」と「リビングデッドの呼び声」 アナタはどちらが好き?

  • 「リビングデッドの呼び声」 (75%, 44 Votes)
  • 「竜魂の幻泉」 (25%, 15 Votes)

Total Voters: 59

Loading ... Loading ...
SPONSORED LINK

関連記事

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【焔凰神-ネフティス効果考察】攻撃力4800、戦闘・効果破壊耐性、効果対象不可!儀式デッキの矛となれ!

『ヒドゥン・サモナーズ』に収録される《焔凰神(えんおうしん)-ネフ

更なるサイバー新規《サイバー・ネクステア》等、遊戯王の今をぐだぐだ話す記事【陰陽師、家事テーマ、ゴキボールSP】

記事にする程のボリュームは無いけど、触れたい内容ではある…。

【クロック・ワイバーンの汎用性の高さ】絶対正義トークン生成!超融合でエクストラリンクを完全突破!!

本日は、《サイバース・クロック・ドラゴン》の素材指定にもなって

【手札からリンク召喚素材を供給?】マイクロ・コーダー&コード・ラジエーターという強力な逸脱者たち

本記事は、手札からリンク召喚の素材を供給できるというトンデモ効

【転生炎獣(サラマングレイト)ヒートライオ、エメラルドイーグル考察】転生炎獣の聖域はよう【記事修正】

ソウルバーナーが使用する「転生炎獣(サラマングレイト)」が、7月1

【ゴキボール強化・《ゴキポール》《G・ボールパーク》考察】《超装甲兵器ロボ ブラックアイアンG》へと繋がるロード!

《ゴキポール》、《G・ボールパーク》と言った【ゴキボール強化】カー

【超電龍-サンダー・ドラゴン効果考察】相手限定のライオウ効果!サンダードラゴンに呼応して顕現せよ!

雷族に新たな力が仲間入り、その名も《超電龍-サンダー・ドラゴン》。

【混源龍レヴィオニア・効果考察】エクリプス、目覚めの旋律でサーチ可能!カオスドラゴンに採用待ったなし!

ショップでカードして家に帰ったら、スゲェカードが公開されててビビり

→もっと見る

PAGE TOP ↑