【無限泡影(むげんほうよう)の強さ・使い方】手札から発動可能なトラップカード!エフェクト・ヴェーラー比較【トーチゴーレムについて追記】

公開日: : 罠カード

管理人が【2018年デュエル初め】をしに行ってる間にすげー良いカードが公開されててワロタ。

条件付きで手札から発動可能なトラップカード《無限泡影(むげんほうよう)》

トラップ軽視の風潮をぶった斬るきっかけのカードになってくれるんじゃないかと期待大!

【追記】2018/1/04:《トーチ・ゴーレム》について追記

SPONSORED LINK

無限泡影(むげんほうよう)

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードは手札からも発動できる。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

使い方・効果
フィールドレスなら手札から発動できる《ブレイクスルー・スキル》的な罠カード。
セット状態から発動すると追加効果として同じ縦列の魔法・罠カードの効果も無効にするというおまけ付き。
アニメでおなじみの「手札からトラップだと!?」を地で行く魅力的な一枚です。
汎用性・実用性
相手の先行1ターン目に手札から投げる事を想定したカードなので、フィールドレスという発動条件自体は問題になりません。
条件付きで手札からも発動出来、セットから発動するという本来の動きならばボーナスが付くってのはかなりいいデザインなのではないでしょうか?
トラップ軽視の現代遊戯王へと斬りかかる一枚だと思います。汎用性・実用性ともに文句なしです。
イラスト・フレーバー
フィールドレスで手札から発動できる罠カードは、昔から望まれ続けてきたデザインの一つなので、「ついにこの時が来たか…。」という気持ちでいっぱいです。
イラストも《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》が崩壊している様という凄いシーン。何がどうなってこうなってるのか気になっちゃいますね…。
ソース元
遊戯王OCG公式ツイッター

《エフェクト・ヴェーラー》が比較対象筆頭かな!?

遊戯王OCG エフェクト・ヴェーラー ノーマルパラレル 20AP-JP077-P 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE]

手札から発動可能という部分にどうしても注目が集まるので、比較対象筆頭は《ブレイクスルー・スキル》ではなく、《エフェクト・ヴェーラー》になりそうです。

《無限泡影》が出たことで《エフェクト・ヴェーラー》の価値がなくなったという意見もあるようですが、あちらには「魔法使い族・レベル1チューナー」というアイデンティティが存在するだけでなく、場にカードがあっても問題なく手札から発動できるという大きな差があるので大丈夫。

…が、相手メインフェイズにしか発動できない《エフェクト・ヴェーラー》と違い、《無限泡影》は自分ターンにもフィールドレスなら手札から発動する事ができます。

この比較…一筋縄ではいかない予感。

それぞれの強み弱み早見表
エフェクト・ヴェーラー
【強み】

  • 自身のフィールド状況を問わず手札から発動できる
  • 魔法使い族・光属性・レベル1チューナーとして運用可能
【弱み】

  • 相手メインフェイズにしか発動できない
  • 《アザトート》される可能性あり
無限泡影(むげんほうよう)
【強み】

  • フィールドレスならいつでも手札から発動可能(相手メインに限らない)
  • モンスター効果発動無効や発動不可の類が怖くない
【弱み】

  • 自分フィールドに1枚でもカードがあると手札から発動できない
  • 《盆回し》でケアされる可能性あり

手札誘発を採用し辛い《命削りの宝札》を採用しているデッキと相性抜群!

遊戯王カード MP01-JP017 命削りの宝札 ミレニアムウルトラレア 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ [MILLENNIUM PACK]

個人的に大注目なのが《命削りの宝札》を採用しているデッキ、通称「削り系」との相性です。

《命削りの宝札》を使用するデッキは、手札を構える事が性質上できないので、手札誘発との相性はイマイチです。

しかし、《無限泡影(むげんほうよう)》なら手札誘発として使わなければいけないシーンで手札誘発として使用でき、平時はガン伏せ上等モードで運用できる…。

これ程「削り系」デッキに都合の良いカードも中々ないのではないでしょうか?

《盆回し》で《無限泡影(むげんほうよう)》ケアとかも起こり得るのかな?

遊戯王/盆回し(ノーマル)/STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-

相手の先行1ターン目のモンスター抑止力として完璧にも見える《無限泡影(むげんほうよう)》ですが、意外な抜け道というかケア手段があったりします。

それが、《盆回し》。

【盆回しスタート】するデッキ相手だと《無限泡影》のフィールドレス条件は簡単かつ華麗に回避されてしまうので困りもの…。

「盆回しで無限泡影ケアするやでぇ~」

《無限泡影》の採用率次第では、そういう流れが主流になる可能性も十分にあり得ます。

《盆回し》、君は本当に色んな所で顔をのぞかせるカードだなぁ~(;^ω^)

《トーチ・ゴーレム》を介す【トーチリンク】も苦手

遊戯王/トーチ・ゴーレム(ノーマルパラレル)/STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-

コチラにカードを送り付けてくる《トーチ・ゴーレム》を絡めた動きも《無限泡影》では対処が困難です。

どこかのタイミングで差し込む事自体はできそうですが、ある程度回ってからになりそうなので相手の動きを制するにはちょっと足りないですね。

《盆回し》と《トーチ・ゴーレム》がとりあえず分かりやすい隙間って感じだなぁ~

手札から発動できる罠が二枚も収録されるのか…凄い!

「私が使った《レッド・リブート》もよろしくな!」

手札から発動できる罠が同じパックで二枚も同時収録ってなんだか凄い!

「モンスター効果発動⇒手札から《無限泡影》発動します⇒手札から《レッド・リブート》発動します。」的な流れももしかしたら見られるかもしれませんね(笑)

条件付きや重いコストで手札から発動できる罠カード、2018年の遊戯王では頻繁に見かけるデザインになるかもしれません。…(そんな気がする)。

面白かったり・気に入ったらフォロー&RTへのご協力お願いします。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ FLAMES OF DESTRUCTION BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-01-13)
売り上げランキング: 158
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 原子番号19番 より:

    なかなかの良カードですね〜!
    使用感次第では他の誘発と代わるかも
    とりあえず3枚確保ですね
    でも召喚獣カオスロードではカオスのコストになるヴェーラー、うさぎでかわりなさそう…

  2. huyu より:

    盆回しだけじゃなくトーチリンクを止められない点も差別化できそうですね。
    セットボーナスがつく点がgood

  3. 匿名 より:

    もしかしたらこれで手札誘発の規制への足がかりになるかもしれませんね〜
    これからうさぎうららが神宣神警ポジションになるかも(期待)

  4. 匿名 より:

    スーレアかな?

  5. 匿名 より:

    手札からトラップなんて……凄い!

  6. 匿名 より:

    トーチを使われたら無力になる点も見逃せない…

  7. 匿名 より:

    この発動条件はその他の手札誘発にもつけて欲しかったですね、さくらとこれは条件がちょうどいい

  8. ここの より:

    1ターン中同じ縦列の魔法罠を全て無効化ってことは、ヴェーラーに加え限定的なカウンタートラップ(トラップスタン?)としても使えることですね
    1枚でモンスターと魔法罠両方対処される可能性あり、って考えるとけっこう凄いかも
    魔弾にすっごく刺さりそう

  9. 匿名 より:

    ネクロスで採用したいね

  10. 匿名 より:

    満足に入れられる手札誘発来たか

  11. cast より:

    トーチの件後ほど追記しておきます~
    他にも色々と穴はありそうですよねぇ

  12. 匿名 より:

    こっちは次元・マクロ下でも撃てるのも強みですね

  13. にゃん より:

    10期の罠はこれがトレンドになるのかな?
    コンマイもようやく調整がうまくなっ…気のせいか(火壁を見ながら)

  14. 匿名 より:

    これで魔法罠を無効にしたら相手の顔が歪みそう

  15. より:

    フレシアに続くデッキから罠が出る日も近い…?

  16. 発動したモンスター効果にカウンターするのではなく、場のモンスターの効果を無効にするので、魔法罠への対処の為に適当なモンスターを無効化してもいいので使いやすそうですね。

  17. 匿名 より:

    本当に大事な事が書いて無い。

  18. 匿名 より:

    タイフーンのことも忘れないで…

コメントを残す

【魔晶龍ジルドラスと相性の良いデッキとは?】命を賭けてでも守るべき魔法・罠がそこにあるか!?

本日の主役は魔法・罠を復活させる凄い奴、《魔晶龍ジルドラス》につい

【闇鋼龍ダークネスメタルのカード効果予想編】Vジャンプ付録・応募者全員サービスで蘇る伝説竜に思いを馳せる!

Twitterなどをご使用の皆さんは既に周知の事と思いますが、来月

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【リプロドクス、ハイパースター、見習い魔嬢など追記】

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【No.75ゴシップ・シャドーの使い方・効果考察】モンスター効果に対する制圧力は如何程か!?エクシーズ素材化も面白いです

5月12日発売『コレクターズパック2018』にて、新たなナンバーズ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話感想】儀式サイバース&新たなコードトーカー登場!ソウルバーナーと不霊夢もカッコイイね!

奪われた仁くんの精神を追いかけて新生リンクヴレインズを疾走する

【コレクターズパック2018 ・収録カードリストまとめ】新たなナンバーズ《No.75惑乱のゴシップ・シャドー》!モンスター効果をドローに変えるぜ!

『コレクターズパック2018』の情報が到着だぁぁ! まだ4枚

【リトマスの死の剣士とスキドレの布陣は凶悪です】一緒に使いたい罠カード5選付き!

《馬頭鬼》、《マスマティシャン》等の汎用性の高いカードから、「

【星杯ストーリー考察・解説】《星冠》の出現とパラディオン集結・機械騎士の過去【星遺物を巡る戦いの歴史-第五幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑