【おジャマデュオ効果考察】トークン生成と2体リクルート効果が強烈!トリオ亡き今、頑張るのは俺たちだ!《ノーレアの軌跡》

公開日: : 罠カード

相手の場にトークンを送り付けるというレアな効果とキモ可愛いを体現したビジュアルゆえに根強い人気を誇る《おジャマトリオ》(その他、おジャマモンスターを含む)。

新マスタールールだと相手のリンクマーカー先を潰す等、新たな戦術が可能となったカードですが、そんなトリオの類似カード《おジャマデュオ》が『サーキット・ブレイク』には収録されていました。

本日は、新カード《おジャマデュオ》の効果について。そして、このカードが出るに至った経緯について妄想を交えながらお届けします。

SPONSORED LINK

おジャマデュオ

通常罠
(1):相手フィールドに「おジャマトークン」(獣族・光・星2・攻0/守1000)2体を守備表示で特殊召喚する。 このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。 「おジャマトークン」が破壊された時にそのコントローラーは1体につき300ダメージを受ける。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキからカード名が異なる「おジャマ」モンスター2体を特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

ライト版《おジャマトリオ》って感じだが・・・

《おジャマトリオ》がトークンを3体生成するのに対して《おジャマデュオ》は2体と控えめ。(まぁ、トリオが3体でデュオが2体なのは当然)。

これだけだと軽量版《おジャマトリオ》なだけでパンチが弱いですが、このカードの本質は②効果によるデッキからの「おジャマ」モンスター2体リクルートにあります。

《おジャマ・デルタハリケーン!!》の条件を満たす為に足りない「おジャマ」モンスターをリクルートするもよし、純粋に壁にするも良し、【ランク2】の素材にするも良しetcetcと利用法は無限大です。

普通に①効果を使用して墓地に送るのでも良いですが、相手の場にトークンを送り付けるのが嫌だ・・・困る・・・ってシーンには《おジャマ・カントリー》のコストに使えますし、とりあえず「おジャマ」デッキなら沢山採用しても腐る事はほぼない!・・・そんなカードです。

トリオ・デュオで相手のメインモンスターゾーンを完全封印可能

《おジャマトリオ》は必ず3体生成しないといけないので、2枚使って相手のモンスターゾーンを全て潰すといった動きはできませんでした。

しかし、《おジャマトリオ》《おジャマデュオ》が力を合わせれば3+2で相手のメインモンスターゾーンを完全封印する事が可能です。《おジャマ・ナイト》を使わずとも完全封印可能になったのは地味に大きいポイントだと思います。

が、現代の遊戯王には【リンク召喚】が存在します。「おジャマ」トークンによるフィールドロックで完封できるかと言われると・・・かなり怪しいです。(相手のEX次第)。

逆に、【リンク召喚】が導入されたから《おジャマデュオ》が許されたとも考えられるかもしれませんね。

トリオ死す!デュオに託された「おジャマ」の遺伝子

ここからは《おジャマデュオ》が生まれるに至った経緯を妄想分多めでお届けします。

何処に行くのも何をやるのもいつも一緒の仲良し三人組《おジャマトリオ》。彼らが辿った軌跡についてまずは見てみましょう。

第一試練:【苦渋の決断】

第一試練は、《おジャマ・イエロー》に課せられた《苦渋の決断》。

手持ちの浮き輪はただ一つ。

サメに追われ、今にも命の火を散らしそうな《おジャマ・グリーン》《おジャマ・ブラック》・・・。

《おジャマ・イエロー》は一体どちらを助けるのでしょうか?

第二試練:【苦渋の黙札】

第一試練を突破した《おジャマ・イエロー》《おジャマ・ブラック》・・・

《おジャマ・グリーン》がいないのは、まぁ、そういう事なんでしょう( ;∀;)

次なる試練は宝を守る番人!

一人犠牲にした事でたがが外れたのか、《おジャマ・イエロー》《おジャマ・ブラック》を犠牲に抜き足差し足忍び足。あぁ、《おジャマ・ブラック》よ・・・安らかに眠れ。

第三試練:【トレジャー・パンダー】(転がる岩)

お宝をゲットして立ち去ろうとする《おジャマ・イエロー》ですが、財宝眠る遺跡のトラップは盗人を許しはしません。

遺跡トラップの定番中の定番である転がる岩によって《おジャマ・イエロー》はぺったんこです。

お宝はスーパートレジャーハンターである《トレジャー・パンダー》さんがチャッカリゲット。つーかお宝って《はにわ》なのかよ・・・。

要するに、《おジャマトリオ》の三人は全滅しちゃったんですよね(チーン)。

「トリオ亡き今、立ち上がるのは俺たちだ!」って事で《おジャマデュオ》の二人が奮起したかどうかは知りませんが、この流れに沿って《おジャマデュオ》は誕生した・・・管理人はそう考えています。

レッドとブルーが先輩三人を救いに行く展開に期待

全滅ってシッカリ書いちゃいましたが、何だかんだ言ってもモンスターだし、この程度では死にはしないんじゃないかな?

もし生存しているのであれば、レッド&ブルーの2人が3人を救いに行く展開に期待したいです。

まぁ、先輩3人の安否なんてお構いなしに活躍しまくるってのもある意味「おジャマ」っぽくておいしい展開ですが(笑)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. huyu より:

    おじゃまはおジャマジックのように捨てる前提のカードがあるので、②の効果をちゃんと活かせるのがいいですね。
    今度はレッドとブルーが大変な目にあいそう

  2. 匿名 より:

    おじゃまホワイトはいつでるのだろうか…

  3. 匿名 より:

    召喚制限パワーフィルターでしたっけ、あれも関係あるのかしら

  4. BFの使い魔 より:

    レジェンドデュエリスト編2は万城目新規フラグなのでは…!?

コメントを残す

【魔晶龍ジルドラスと相性の良いデッキとは?】命を賭けてでも守るべき魔法・罠がそこにあるか!?

本日の主役は魔法・罠を復活させる凄い奴、《魔晶龍ジルドラス》につい

【闇鋼龍ダークネスメタルのカード効果予想編】Vジャンプ付録・応募者全員サービスで蘇る伝説竜に思いを馳せる!

Twitterなどをご使用の皆さんは既に周知の事と思いますが、来月

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【リプロドクス、ハイパースター、見習い魔嬢など追記】

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【No.75ゴシップ・シャドーの使い方・効果考察】モンスター効果に対する制圧力は如何程か!?エクシーズ素材化も面白いです

5月12日発売『コレクターズパック2018』にて、新たなナンバーズ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話感想】儀式サイバース&新たなコードトーカー登場!ソウルバーナーと不霊夢もカッコイイね!

奪われた仁くんの精神を追いかけて新生リンクヴレインズを疾走する

【コレクターズパック2018 ・収録カードリストまとめ】新たなナンバーズ《No.75惑乱のゴシップ・シャドー》!モンスター効果をドローに変えるぜ!

『コレクターズパック2018』の情報が到着だぁぁ! まだ4枚

【リトマスの死の剣士とスキドレの布陣は凶悪です】一緒に使いたい罠カード5選付き!

《馬頭鬼》、《マスマティシャン》等の汎用性の高いカードから、「

【星杯ストーリー考察・解説】《星冠》の出現とパラディオン集結・機械騎士の過去【星遺物を巡る戦いの歴史-第五幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑