【「ヴァレット」デッキ・カード効果考察】相性の良いカード・弱点・課題など

公開日: : ヴァレット

最新パック『サーキット・ブレイク』に収録される「ヴァレット」を大特集!

遊戯王ヴレインズのライバルキャラである「リボルバー」が操る弾丸をモチーフにした闇属性テーマ。

エースモンスターである《ヴァレルロード・ドラゴン》の威圧感は勿論、デッキを構成するカードたちも粒ぞろいで期待値はかなり高いです!

「何? ヴォルカニックと若干被ってる? hahaha…気のせいさ!!」

SPONSORED LINK

「ヴァレット」モンスター・カードについて

リンクモンスターの効果対象になる発動可能となる、自壊&固有効果が特徴的!

①効果で自壊するともれなく②効果に繋ぐことができるので、エンドフェイズに自身以外の「ヴァレット」モンスターを特殊召喚可能。(②については他の破壊でもOK!)

この2つの効果で相手を制しつつも盤面を維持していくのが「ヴァレット」の強み!

如何にしてリンクモンスターの効果対象になるかがテーマのカギになりそうです。

 アネス・ヴァレット・ドラゴン

効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守2200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。その後フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。 そのモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「アネスヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

対象にとれないモンスターの攻撃と効果も無効化できます!

フィールドのモンスター1体を攻撃不可・効果無効化という悶絶状態にしてしまう強力な効果!

対象をとらない効果なので、対象にとれないモンスターの攻撃と効果にも対応する事ができ、相手の主力モンスターを一気に弱体化させる事が可能です。効果が継続する攻撃抑止と効果無効は流石に強力ですね…。

あと、地味にレベル1とは思えない守備力持ってますね…(凄)

※②は自身以外の「ヴァレット」モンスターリクル効果なので割愛。

オートヴァレット・ドラゴン

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。その後フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで墓地へ送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「オートヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

破壊じゃなく墓地送りなのが意外とでかい

破壊された場合に効果が発動する魔法・罠の存在(《アーティファクトの神智》など)を考えると、墓地送りにするこの効果は結構大きな強み。

対象をとらない効果(効果解決時に選ぶ)なのも、相手に対してチェーンの選択を迫る事となるので強力。

《ヴァレルロード・ドラゴン》で対象にとった場合、チェーン不可効果が相まって「ヴァレット」モンスターの効果誘発を阻害される事がないので安心かつ強力な除去となります。

※:誘発阻害については弱点の項にて書いてます。

マグナヴァレット・ドラゴン

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。その後フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「マグナヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

対象をとらない墓地送り効果は強烈!

説明不要の強効果…対象をとらないモンスター墓地送り!

流石にある程度任意のタイミングでこの効果を発動できるようになったら強そうだなぁ~

《ヴァレルロード・ドラゴン》と並ぶと超強力です!!

ゲートウェイ・ドラゴン等

《ゲートウェイ・ドラゴン》《スニッフィング・ドラゴン》については個別で記事にしているのでそちらでご確認をお願いします。(ツイントライアングルについても関連記事ないで触れています。)

関連記事:【闇属性ドラゴン族期待の星《ゲートウェイ・ドラゴン》効果考察】

リローダー・ドラゴン

リンクモンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1800
【リンクマーカー:左/右】
「ヴァレット」モンスター2体 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。 手札から「ヴァレット」モンスター1体を、 そのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはリンク素材にできず、 エンドフェイズに破壊される。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、 自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

触れるのはリンクモンスターだけです

「やったぜ対象をとる効果だ!」と思った喜びを返してくれ!

リンクモンスターしか対象にとる事ができないので「ヴァレット」モンスター達の爆裂トリガーになる事は残念ながら叶いませんでした。

まぁ、効果的には悪くないですけど・・・(将来性は高いでしょう)

ヴァレルロード・ドラゴン

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:左/左下/右下/右】
効果モンスター3体以上
①:このカードはモンスター効果の対象にならない。
②:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。
③:このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。 その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

詳細については個別記事でどうぞ

汎用性の高いリンクモンスターではありますが、「ヴァレット」で使用するとその強さは更にUPUP!!

②効果で「ヴァレット」モンスターを対象にとってやれば効果を誘発させられるだけでなく、チェーン不可が相まって「ヴァレット」モンスターの効果誘発の安定感が向上します。

相手ターンでも「ヴァレット」モンスターの効果を誘発させられるのは魅力的です。

関連記事:【リボルバーのエース?《ヴァレルロード・ドラゴン》効果考察】

スクイブ・ドロー

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊し、自分はデッキから2枚ドローする。

「ヴァレット」の②効果に繋げつつ2ドロー!!

相手ターンに発動し、そのターン終了時に「ヴァレット」モンスターの②効果で特殊召喚しておけば次の自分ターンを有利に進められること間違いなし!

破壊される事がプラスになるモンスターを破壊して2ドローってお得感が半端ないです。

クイック・リボルブ

速攻魔法
①:デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

「ヴァレット」専用の緊テレっぽさ

《緊急テレポート》って制限カードなんだぜ…?

リクルートしたモンスターは攻撃できずエンドフェイズに破壊されてしまいますが、それ以外の制約はとくに存在しないので場合によっては出張させられる可能性すら持ってそうな一枚。

ターン1の制限もないしとりあえず強いですなぁ~

「ヴァレット」と相性の良いカード

《レダメ》等のドラゴン族サポート

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》、《竜の渓谷》、《竜の霊廟》などなど、豊富に存在するドラゴン族サポートとの相性は上々。

採用の基準としては「ヴァレット」の展開力を補ってくれるカードや属性も込みで相性が良いドラゴン族サポートを優先して採用するのが良さそうです。

まだまだ独力で戦い抜くには厳しいテーマなので、ここでライバルたちに差をつける必要があります。

《ブラホ》《激流葬》で妨害しつつトリガーを満たす

「ヴァレット」モンスターは破壊誘発の共通効果を持っているので巻き込み型の全体除去との相性が非常に良いです。

《ブラック・ホール》も良いですが、やはり一番の高相性カードは相手ターンに炸裂し次の自分ターンに備える事ができる《激流葬》でしょう。

「トラップ枠は《激流葬》3枚確定!」と言っても過言ではない程に相性が良いカードなので要チェックです。

《ドラゴニックD》や「真竜皇」で破壊する

手札破壊で効果が誘発する事の危険性に開発もようやく気付いてくれたようで・・・「ヴァレット」は流石に手札破壊では効果が誘発しない様に設計されています。

しかし、能動的に破壊しサーチできるフィールド魔法の存在はやはり大きい!

できれば「ヴァレット」専用でそういうカードが欲しいですが、登場するまでは他テーマの助力を受ける他ないでしょう。

《ドラゴニックD》は勿論、《炎王の孤島》など破壊がアドに繋がるフィールドとの相性は抜群です。

「ヴァレット」が名前のイメージ通りの炎属性テーマならば「炎王」と共存余裕でした!になっていたのでしょうけど、闇属性なのが少し残念です。しかし、それでも混ぜる事は十分視野内のテーマだと思ってます。

「ヴァレット」の弱点・問題点

「ヴァレット」モンスターの①効果はタイミングを逃す

「ヴァレット」モンスターの①効果は「時の任意効果」ゆえに《青き眼の乙女》の様に対象とする効果の直近でないと発動する事が出来ません。

《ヴァレルロード》ならばチェーン不可が相まって確実に誘発させる事が可能!

やっぱり《ヴァレルロード・ドラゴン》を如何に安定して立てるかが「ヴァレット」デッキ最大の課題になりそうです。

除外に弱い

「ヴァレット」モンスターのリクルート効果は破壊されて墓地に送られる必要があるので《マクロコスモス》など除外系のメタ札が強烈に刺さります。

同時収録された「メタファイズ」が除外を扱うテーマなのが何とも皮肉ですね・・・。

ヴァレットデッキが抱える課題

「ヴァレット」モンスターを対象にとれるリンクモンスターがとにかく少ない!!

エースである《ヴァレルロード・ドラゴン》を展開できれば何の問題も無いですが、その《ヴァレルロード・ドラゴン》がそう簡単に立たないってのが最大の問題。

期待されていた《リローダー・ドラゴン》の効果がリンクモンスターにしか触れない効果だったのでこの問題は今後も継続していきそうです。

対象にとれるリンクモンスターを増やして・・・

まだまだ種類が少ないのでフルパワーを出し切る事は叶わないご様子。

対象をとる効果を持つ軽めのリンクモンスターが出てくれれば少しは変わってくるんでしょうけど・・・

まだまだ「ヴァレット」にとっての冬は続きそうです( ˘ω˘)スヤァ

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ラララ より:

    エンドフェイズにしても効果が強いからデフレとは言えないような……
    あとこのモンスターを見て「リボルバー」の由来はここからきているのかナット得しました。他弾丸モンスター使うからリボルバーと言うアバター名だった……と

  2. ネテルヒトー より:

    これクイックしか展開方法なくない?展開できるの?

  3. 匿名 より:

    リンク4だけもらって行こう(剛鬼使い)

  4. 匿名 より:

    サイバーダークに出張させよ。

  5. 匿名 より:

    真面目にリボルバーがヴァレルをどうやって出すのか気になります。未判明リンクで優秀なのがいそう。
    リボルブはシンクロ、エクシーズデッキにも出張できそう。

  6. 767 より:

    竜星の良いお友が増えたぜ

  7. 匿名 より:

    ガイザー効果持ちのリンクモンスターが出るだけでもかなり動きやすくなりますね

  8. huyu より:

    サキブレ発売されましたね。
    闇竜を中心としたヴァレットデッキを作りましたが、意外とツイントライアングルをうまく使うのが重要ですね。
    俺は終末+デストルドーセットを採用してます。①ツイトラの釣り上げ②ガイザーオトシオヤでヴァレル③ブラロブッパ…など色々使えます。
    ツイトラの素材に白黒竜を使うと消費を抑えられますね。
    クソ強いってわけじゃないけど楽しいデッキです。

  9. 管理人さーん
    ヴァレルロードの効果でヴァレットモンスター対象にとって効果誘発させる場合、チェーン1ヴァレルロードチェーン2ヴァレットモンスターになると思うんですけど、その場合ヴァレルロードの効果に対して相手がチェーンできないだけで、チェーン2のヴァレットモンスター効果には相手がチェーンできるので、確定妨害にはならないのでは?

    • cast より:

      オートヴァレットの所ですかね? 確かにオートヴァレットの効果にチェーン出来ないみたいに書いちゃってますね(スイマセン) 本来はヴァレルのチェーン不可が働いて相手が間に割り込んでオートヴァレットの効果誘発を阻害しない的なニュアンスで書いたつもりでした。申し訳ないです( ;∀;) 修正しておきます。

  10. 匿名 より:

    出すだけなら終末1枚からヴァレルロード出せますよ

コメントを残す

【デュエルリンクス】「遊戯王GX」ワールド開放が決定!PC版の稼働開始は今冬予定!

現在開催中の東京ゲームショーにて、『遊戯王デュエルリンクス』の

【竜騎士ブラックマジシャンとキメラテック・メガフリート・ドラゴンの効果判明】EXモンスターゾーンのモンスターを食われる恐怖

海外で販売となる『LEGENDARY DRAGON DECKS

【カウンター罠「見切りの極意」効果考察】手札誘発への対処としては上々か?やや扱いにくさも…

《電送擬人エレキネシス》に続いてもう一枚目、カウンター罠《見切

【電送擬人エレキネシス効果考察】相互リンク切断!機界騎士サポート!エレキ新規!出来る事色々!

『エクストリーム・フォース』の店頭用ポスターから新たなカードが

【カードスリーブ投票《モリンフェン》が現在一位】投票の締め切り日は明日17時!まだの人は投票急げ!!

関連記事: 【カードプロテクター・スリーブカードイラスト大投票

【ストラクR-神光の波動-全収録カードリスト】《同胞の絆》《アテナ》《宣告者》の再録が嬉しい!

遊戯王公式情報サイトから画像引用 本記事は、2017年9月23日

【サブテラーの導師が付録の「Vジャンプ11月号」は本日発売】アークファイブ・ソウラ・犬マユゲの感想

《サブテラーの導師》が付録の『Vジャンプ11月特大号』を購入し

《サイバネット・リフレッシュ効果考察》相手サイバース族モンスターの文字が重くのしかかる!これは流石に使いにくいか?

アニメ放送終了後の定期ツイートにより10月14日発売『エクスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑