【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第55話感想】風のイグニス「ウィンディ」登場!

公開日: : 遊戯王VRAINSアニメ感想

鬼塚、ブラッド・シェパードを撃退し、ついにリンクヴレインズの進入不可エリアへと歩みを進めるプレイメーカー、ソウルバーナーコンビ。後を追うブルーガール&ゴーストガールコンビ。

強風吹きすさぶ谷を越えた先に待つ者とはいったい誰なのか?

遊戯王ヴレインズ第55話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

待ち受ける風のイグニス(ウィンディ)

風の障壁をデータストームで相殺しながら先へと進むプレイメーカー一行。辿りついた先は、何やら意味深げな遺跡(?)的な建物だった。

そこに突如現れる巨大な怪物。

不霊夢(フレイム)曰く、あの怪物こそがサイバース世界を崩壊させた張本人であるとの事。

臨戦態勢をとる一行ですが、実はこの怪物。風のイグニス(ウィンディ)が一行を驚かす為に用意したフェイクだったのです。

度を越えたジョーク、相手をどことなくおちょくる態度、何処となく相手を疑って掛かる姿勢。

…このイグニスのモデルって…もしかして…!?

サイバース世界を再興しよう!

アイと不霊夢にサイバース世界の再興を持ちかけるウィンディですが、今はとりあえずサイバース世界を崩壊させた奴らの正体・目的を優先したいと伝える二人。逆に協力してくれと持ち掛けるも、お前らほど人間を信用し、肩入れするつもりはないとバッサリのウィンディ。

とりあえず面白そうだから逃げ込んだ奴(ボーマンたち)の反応がロストした付近への風は弱めてやらなくもないが、その前に後続のブルーガール&ゴーストガールをどうにかしてくれと交換条件提示。どこまで行っても食えない奴である。

風には「悪戯な風」とかトリッキーなイメージもあるのでこの性格は納得ですが、どうしてもあのサイコパスの顔が…(笑)。

成り行きでブルーガール&ゴーストガール撃退ミッションへ

…という事で、ブルーガール&ゴーストガールを強制ログアウトさせるべく、成り行きの撃退ミッション発動。美女二人には申し訳ないですが、早々に退去していただきましょう!

対戦カードは、【ソウルバーナーvsブルーガール】、【プレイメーカーvsゴーストガール】ってな感じ。

ブルーガールはトリックスター続投みたいすね!

鬼塚さん同様、ブルーガールも使用デッキの変更が懸念されていましたが、どうやら彼女は【トリックスター】続投みたいですね。【トリックスター】ファンの方々、良かったですね(*’ω’*)b

来週は、ソウルバーナーvsブルーガール。

展開的にはソウルバーナーの勝利が濃そうですが、果たして!?

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ラララ より:

    イグニスは対応する持ち主とは真逆の(または子供の頃の)性格なのでウィンディは管理さんが考えている相手と対応していないと思います
    詳細はふめいだとしてもどちらかと草薙さんの弟かなぁ…と思ったり

    • cast より:

      確かに現状だとそういう傾向にありますけど、その構図だけに当てはまるとは限らないのでは?現にスペクターは出生の時点で遊作や穂村とは状況が随分と違いますし。人間不信になった決定打は母なる樹の喪失ですけど元々不信感を持っていても不思議じゃない気がします。

  2. 匿名 より:

    某サイコパスの反対

    ・母親の言うことを聞かない。
    ・一見荒っぽいが実はそうでもない。
    ・デュエルに盤外戦術を用いない。

    只のヤンキーですね。

    • cast より:

      スペクターはショックにショックを重ねて一周ひっくり返ったような境遇ですからね…(どこまで行っても食えない存在です)。

  3. 匿名 より:

    ウィンディの底が見えないかんじはスペクターに共通しますが光のイグニスがスペクターがツタに巻かれて回復するときのポーズをしていたので現状は判断できませんね
    どのみち地属性でないなら再登場してもハノイの騎士の一員ってことでイグニスと組まないかデッキ変えるかってなりそうですね
    まああのごついイグニスがスペクターからできた可能性も0ではないですが

  4. 大平直樹 より:

    ウィンディのモデルはスペクターみたいですよね(笑)
    でも話の流れからすると草薙仁かと思います。
    来週のデュエルも見逃せませんね。
    楽しみです。

  5. クラッチ より:

    見直して思いましたが、ブルガは自分勝手すぎませんか?
    遭難した人たちに自分の緊急脱出ブログラムは使うのはいいですけど、それをゴスガが使うのもあり前に言うのは横暴だと思います

    しかも二度も助けてくれた命の恩人に恩を返すどころが仇で返す行為……
    ロジェ「彼女はメインヒロインの器ではありませんね」(なぜかロジェで再生されました)

  6. 匿名 より:

    ブルーガールが「トリックスター」って言ったときは感動しました
    ソウルバーナーには勝つの難しそうだけど、応援したくなるなー

  7. 葵のトリックスター続投は良いニュースですね。
    鬼塚さんの所為で、既存キャラ3人ともデザインの変更に伴ってデッキ変更、って流れかと思ってました。
    当初からオルターガイストを愛用してる身からすると、まだまだ新規が欲しいもので…

  8. 匿名 より:

    バウンティーハンター編の次は、ブルーガール編に突入。新たな世界で待ち受けたのは風のイグニス「ウィンディ」がPlaymakerとSoulburnerの前に姿を現した。ウィンディはロスト事件の被害者のパートナーを探す事を拒否しロスト事件の被害者に変わる新たな「サイバース族所有者」を探す事にする。2人はウィンディの依頼でブルーガールとゴーストガール が財前晃の依頼でイグニスの捕獲に渡る。それを阻止するPlaymakerとSoulburnerは2人の挑戦を受ける事にする。「ロスト事件」の首謀者、SOLテクノロジー社 研究事務専務・鴻上聖がロスト事件発覚後に電脳ウイルスを仕掛けた理由が気になると思います。「ロスト事件」の黒幕とも呼べる人物が遊作と尊の先の道に姿を現わす。SOLテクノロジー社 法律事務専務の黒幕が新たな集団を組織し遊作の目の前に姿を現す。Soulburner VS ブルーガールの決戦でSoulburnerが勝利すれば後はゴーストガールだけになります。そして、Playmakerがボーマンと決着をつける。草薙仁の意識を懸けた争奪戦が繰り広げられる。ウィンディが探し求める新たなサイバース族所有者は十年前のロスト事件と同じ現象で起こった連続無差別事件の6歳の被害者遺族が十年の時を得て復讐を誓いウィンディと共に行動し遊作と尊の仲間となる。

  9. 匿名 より:

    イグニス
    闇のイグニス(Ai)
    炎のイグニス(不霊夢)
    風のイグニス(ウィンディ)

  10. 匿名 より:

    メインキャラ
    藤木遊作/Playmaker
    穂村尊/Soulburner
    葉山翼/Thunderbird

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【マスターリンク収録・オススメ新規カードまとめ】サイバースデッキの基本となるカードが大量収録されてます

再録カードのチェックの次は、新規カードの最終チェックです。

【マスターリンク収録・オススメ再録カードまとめ】戦線復帰、こけコッコ、デストルドー等、地味に良いの揃ってる!

『マスター・リンク』に収録されている優秀な再録カードをドドッと

【海外新規・Legendary Heroes Decks】HERO、極星、幻影騎士団強化が表紙を飾る!

海外で2018年10月5日発売予定の商品、『LEGENDARY H

【海外新規《Contact Gate》の効果・イラストが判明】トリプルコンタクトサポート

以前からチラホラと話題に出ていたコンタクト軸のHERO強化の新情報

【魔界の警邏課デスポリスと相性の良いデッキは?】闇属性・特にディストピア採用なら激熱

《魔界の警邏課デスポリス》付録のVジャンプの発売日と言う事で、せっ

【ストラクチャーデッキ「マスター・リンク」収録カードリスト・効果詳細】新規・再録全て判明!!

本記事は、6月23日発売『ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-

【魔界の警邏課デスポリス付録Vジャンプ8月号感想・レビュー】今明かされる漫画版アークファイブ驚愕の真実!

魔界の警邏課デスポリス付録「Vジャンプ8月号」を購入して参りま

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話感想】ボーマンとのマスターデュエル!新たに植え付けられた記憶

キルラキルと言うべきか、綺羅星と言うべきか…やたら星が主張して

→もっと見る

PAGE TOP ↑