【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話感想】ボーマンとのマスターデュエル!新たに植え付けられた記憶

公開日: : 遊戯王VRAINSアニメ感想

キルラキルと言うべきか、綺羅星と言うべきか…やたら星が主張してくるコスチュームを身に纏ったボーマンさんとの再戦。

前回のワイルドスタイル(半裸)も良かったですが、今回のスタイルも慣れて来ると段々恰好良く見てて来るイカしたスタイルで良い感じです。

コスチュームだけでなく、新しい記憶も植え付けられているようで…。

遊戯王ヴレインズ第57話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

プレイメーカーの戦術を読むボーマン

新コスチュームと共に新たな記憶を植え付けられたボーマンさん、前回とは打って変わり、プレイメーカーをやる気満々で迎え撃ちます。

砂上の上の特設巨像フィールドの上でのマスターデュエル…やる気満々だな!

ボーマンの【ハイドライブデッキ】は、相手の属性にこちらの属性を揃える事で有利に働くデッキ、当然相手の出方をみれる後攻の方が有利に思えますが、ボーマンは自ら率先して先行をとります。

不可解に感じるプレイメーカーですが、新カード《アップデートジャマー》等で上からガンガン攻めて行き、相手のエース《ツイン・ハイドライブ・ナイト》の撃破に成功。

《リンクリボー》によるダイレクトアタックも決まりボーマンの腹筋に大ダメージを与えます。

前回の戦闘でボーマンの戦術をある程度把握しているプレイ―メーカーは、セットカードが《プロパティ・スプレー》である事を予測。《マーカーズ・ブレイク》によって見事妨害に成功しますが、これがまさかのブラフ。

《プロパティ・スプレー》の破壊をトリガーとして、《ハイドライブ・サイクル》の発動を許してしまいます。

《ハイドライブ・サイクル》
フィールドの魔法・罠カードが破壊された場合に発動出来る。墓地の「ハイドライブ」リンクモンスターをデッキに戻し、そのリンクマーカー分ドローし、その後墓地の「ハイドライブ」モンスターを特殊召喚できる。1ターンに1度、400のライフコストで自場に好きな属性の「ハイドライブ」トークンを特殊召喚できる…的な効果。

 

前回のデュエルではかなりラフな戦術をとっていたにも関わらず、今回は相手の思考を逆手にとってブラフを踏ませるという高等戦術を見せつけるボーマンさん。ドンドン強くなるタイプかな?

ボーマン=プレイメーカーという記憶の捏造

プレイメーカーに対抗心(?)復讐心(?)の様な感情をあらわにするボーマン。

その秘密は、新たに捏造されたボーマンの記憶に理由がありました。

ロスト事件で監禁されて強制デュエルを強いられた遊作、そのデータをもとに生まれてたアイ、そして新たに第三の人格の存在として「データのバックアップ」が仲間入り。

ボーマン曰く、俺自身がプレイメーカーであり、プレイメーカーを名乗るお前は俺のデータのバックアップが事故により入れ替わったレプリカに過ぎないとの事…。

いやいやいや、流石に無理があるけど、常に記憶が混濁してるボーマンさんはそれを信じるしかないご様子。自分が存在しない、困ったらアップデートされるって不憫すぎる…。

勝った方が本物というデュエリストらしい熱き思考

視聴者はメタ的な視点なのでそんなの捏造だと言い切れますが、過去を失った遊作からしたらまた別の話。

最終的には勝った方が本物という実にデュエリストらしい発想に発展していくようです。

ヴレインズは主人公のマインドを常に揺さぶりに来ますね…(笑)。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ラララ より:

    受け付けられた記憶だとしてもその記憶自体が完全な捏造とはいえない……はず
    本物の藤木遊作の記憶がボーマンに植え付けられている可能性もある……はず

  2. 匿名 より:

    正直、内容はぶっ飛んでますが、捏造だと言い切れないのが怖い
    リンクセンスや草薙人に起きた意識のデータ化と吸収、それらを考えるとボーマンの正体が捏造だとしても、遊作が入れ替わったことが事実な可能性も。

    • cast より:

      確かに捏造と断言はできないですね 本当の部分もある可能性は十分にありますか

  3. ネテルヒトー より:

    ボーマンの言ってることめちゃくちゃ嘘くさい。それとこのデュエルなんでマスターデュエルなのかな?FWD出番あるかな?最近禁止になれって言われてるけど。相変わらずちっちゃい遊作かわいい。

  4. 匿名 より:

    遊作のバックアップは本当に作られたけど別に入れ替わってないとか、入れ替わり直してちゃんと元に戻ってるとかで結局ボーマン自身がレプリカっていう展開がありそう。

  5. 匿名 より:

    ワンチャン負けるかもな遊作

    • cast より:

      うーん どうなんでしょうねぇ~ なんだかんだで切り抜けそうな気もしますが

  6. 匿名 より:

    冒頭でハルの上司?が新たな記憶云々とか言ってるし本物の遊作というのは偽りだと思うのですがサイバース使いだったり遊作の思考を予測したりと何とも言えませんね…

    • cast より:

      凄い内容の割にあっさりとカミングアウトしたことから入れ替わりはないというのが管理人の見立てです。(メタ視点)

  7. 匿名 より:

    なんかボーマンの主張自体は捏造だけど、真実の一端かすめてそう。「今明かされる衝撃の真実!」の伏線として後々使われそうだ…

  8. 匿名 より:

    リンクリボーが可愛かった
    それだけで満足である

  9. 匿名 より:

    前回敗退後にボス?っぽい奴になんかされてるから、視聴者的にボーマンが言ってることに一切信用なくて、結果驚きもないという。
    だってそれも偽の記憶じゃん?となるわけで。
    観てる側としては前回で記憶イジられることまでわかってしまうのは「見せすぎ」だった。
    半裸だけに

    • cast より:

      その分、不気味さはありますけどねぇ 何が本当かわからないって怖さも確かにあります。

  10. 匿名 より:

    プレメが本物でボーマンはバックアップを入れられた人なんだろうけど、ソバは本当に入れ替わっちゃった被害者なんじゃないの?確か「今の俺は俺じゃない」みたいなこと言ってたし。

    • cast より:

      その可能性もあるのか…
      そうなって来るとかなり複雑になってきますね 何にせよまだ判断するには総計ですね

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【サイバース・クアンタム・ドラゴン 効果考察】月華竜と比較される実力の持ち主!汎用レベル7シンクロの新星!

午前中はリボルバーのターン(ヴァレルロード・S・ドラゴン)だっ

【ヴァレルロード・S・ドラゴン 効果考察】サベージという名のシンクロドラゴン!【リボルバーの新たな力】

10月13日発売『サベージ・ストライク』に収録される新カード《ヴァ

【幻影騎士団リンク《The Phantom Knights of Rusty Bardiche》効果判明】X・HEROと極星リンクは一部が判明

海外で2018年10月5日に発売が予定されている新セット『Le

【ストラクRアンデットワールドの強み・注意点等色々】最強ドーハスーラに注意しよう!

『ストラクRアンデットワールド』をちょこっといじってみて感じた

【ストラクRアンデットワールド開封・内容物確認】20thアニバーサリーSPパックの残党からあのカードが!?

本日発売『ストラクチャーデッキRアンデットワールド』を3箱購入

【ストラクRアンデットワールドをオススメする3つの理由】ドーハスーラ様の強さだけでも価値がある

『ストラクR-アンデットワールド』がついに明日発売となりますね

【モンスターデザインカードプロテクター(スリーブ)復刻大投票】1位、2位に選ばれたモンスターが大復刻!

今年もやってきましたスリーブ投票企画! 今年の投票企画は、歴代の

【Vジャンプ11月号(コード・ジェネレーター付録)感想・レビュー】皆は何冊買いますか?《ゲーム小話》

本日発売(9/21)『Vジャンプ11月特大号』を購入して参りました

→もっと見る

PAGE TOP ↑