【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第81話感想】たどり着いた頂、その先に道はあるのか?

公開日: : 遊戯王VRAINSアニメ感想

AIとの同化という禁断の道を選んだ鬼塚。

確かにそれはある種の「頂」かもしれない。しかし、その先に道は果たしてあるのでしょうか?

…決して満たされる事のない渇き…(酷だ)。

遊戯王ヴレインズ第81話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

アースの反応!?その先に鬼塚!!


▲流石に逆恨みじゃないかね…

リンクヴレインズ内に突如現れる「アース」の反応。

僅かな期待を胸にその反応を追うプレイメーカー達ですが、その先にまっていたのは「鬼塚」でした。

以前よりも更にやつれた印象ですが、それには理由が…。

狂進化、そしてクリスタルハート


▲まさかのクリスタルハート!

ご覧の通り、「アース」の魂のカードである《クリスタル・ハート》を召喚する「鬼塚」。

「アース」の反応を追った先に「鬼塚」。「アース」のカードを「鬼塚」が使用する。

…要するに、解体した「アース」を「鬼塚」が取り込んだって事ですね(白目)。

《クリスタル・ハート》召喚の為に使用した《狂進化》の効果(種族変更)面白いなぁ…。

アンチスキルをどう攻略するのか!?

序盤から鬼塚にペースを握られてしまったプレイメーカー!

超絶スキルメタである「アンチスキル」もありますし、この状況をどう攻略するのか?

…本能の先にあるものとは一体何なのでしょうか?

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    思考と反射の融合とか……?

  2. ネテルヒトー より:

    アンチスキルあるのに予告でなんでストームアクセスしてるのかな?ボードないしネオでもないのかな?ネオニューストームアクセス?

  3. 匿名 より:

    冒頭の思考領域にビットロンがいて草
    お前もそれ使うんかい!

  4. 匿名 より:

    かつてはカリスマとして君臨した男が一回の敗北を期に迷走し荒み行く様ってのはなかなか悲しいもんです
    結果はどうなるかはわからないがせめて最後は彼が納得して終わってほしい

  5. 匿名 より:

    遊戯王のキャラにしては珍しく鬼塚人間臭くて好きです

  6. 匿名 より:

    AIと融合したって事は当然デュエルデータも集めてるだろうし、そこからイグニス作ってアース復活!に期待

  7. RUMロマンス より:

    微かに残っているアースの意識が鬼塚の邪魔しそう。もしくは、クリスタルハート守ったりとか。

  8. H.T より:

    次の1月のパックがDARK NEOSTORMなので、おそらくプレイメーカーがやる新スキルもそれに関した名前かもしれませんね。DARKはやはりエクシーズだと思いますし。

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【ランク8エクシーズ一覧から選ぶオススメカード】フェルグラ・タキオン・プライムフォトン・サイファーなど【ディンギルス追記】

苦労してエクシーズする程のモンスターがいないよね! 効果は割と強

【ランク7エクシーズ一覧から選ぶオススメカード】ダーク・アンセリオン,ビッグアイ,ギャラクシー・トマホーク

征竜のおもちゃと呼ばれた時代も確かに存在した… しかし、それもこ

『20thシークレットレア SPECIAL PACK』俺的当たりカード投票:アナタが一番欲しい20thシクはどのカード?

2月9日(土)から開催される『20thシークレットレア SPECI

【DBIC】『インフィニティ・チェイサーズ』収録カードまとめ:「呪眼」「ウィッチクラフト」「無限起動」の新テーマ三本立て!

▲呪眼(じゅがん)厨二病過ぎるッ! 『デッキビルドパック インフ

【強い汎用リンク4モンスター】一覧から選ぶオススメカード《アストラム》《アンブロエール》追記

《ファイアウォール》は禁止になっちゃったけど、他にも強力なリン

【魔妖デッキ新規カード使用雑感・考察】雪娘と魔妖壊劫は良カード!そろそろ完成させたい(願望)

【D-HERO】が一段落付いたので、お次は【魔妖(まやかし)】

【フュージョン・デステニー採用「D-HERO」デッキレシピ】融合とリンクのコラボレーション!運命の力で未来を切り開く!

『ダーク・ネオストーム』に収録された新規カードを軸にしたNew

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第85話感想】ブルーメイデンまさかの新テーマ?偽りの中で生まれる偽りなきもの

勝算無き勝負に駆り出される事となったハルは、無意識にボーマンの元へ

→もっと見る

PAGE TOP ↑