【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第30話「奈落への扉」感想】ゴーストガールvsリボルバーは予想外でした

公開日: : 遊戯王VRAINSアニメ感想

【朗報】リボルバー、草薙さんのホットドックの隠れファンだった!?

この白髪の青年がリボルバーと決まった訳ではないではないですが、普通に草薙さんのお店の常連客だったみたいで(笑)

まぁ、あの岬でお店出してたら流石にお客さんとして来るわなぁ~(目と鼻の先だものw)

「来るのは これで最後です。」の台詞がどことなく悲しげに感じたのは管理人だけでしょうか?

SPONSORED LINK

リンクヴレインズに異変の兆し!

プレイメーカーたちの活躍によりアナザー事件も収束に向かい、ハノイの残党たちも北村さんが投入したAIデュエリストによって完全制圧が完了したようです。

でもチャッカリ全てを自分の手柄にしていましたね、北村さん。というか、そんな出まかせを鵜呑みにするSOLの上層部って実は滅茶苦茶無能なんじゃ…?

まぁ、全てわかっていて北村さんを泳がせてるって可能性もあるけど…(というかそうじゃないと流石に無能すぎる)。

ゴーストガールと共にリンクヴレインズの深層へ

リンクセンスによってリンクヴレインズに迫る異変の兆しを察知した遊作はリンクヴレインズへと向かいます。

そこで遭遇したのが毎度おなじみゴーストガール。

ゴーストガールが撒いた蛍ちゃん(探知機)に誘われ、リンクヴレインズの深層(データの下水道)へと赴きます。

財前兄からのタレコミがあったとは言え、プレイメーカーやAIよりも先にお宝をかぎつける能力は流石と言わざるを得ませんね!

調査能力、身のこなし、デュエルの強さ、スタイル、この人マジで隙が無いな!
AI相手にイカサマを成功させるのも流石に凄すぎ!(まぁ、あれはAIが単純なだけだけどw)

左に進んだプレイメーカーは謎の怪物と鬼ごっこ!右へ進んだゴーストガールはリボルバーのデッキ調節!

「では 私のデッキ調節につきあってもらおう。」

何このお洒落なデュエルの申し出(笑)…明日から使います!

プレイメーカーたちが遭遇した怪物も気になりますが、とりあえずリボルバーとゴーストガールのデュエルに注目ですね。

先行1ターン目、ゴーストガールは《マリオネッター》召喚からの二伏せスタートの悪くない立ち上がりですが、ここでリボルバーが負ける訳ないしなぁ…あぁ、ゴーストガールよ…(悲)

次週「終末のトリガー」がひかれる!?

果たして「終末のトリガー」とは何を指しているのでしょうか?

先週も言った気がしますけど、物語が大きく動く予感がします…来週の放送が楽しみです。

追伸:「《終末の騎士》で《デストルドー》を落とすのかな?」ってツイートを読んで吹いたのは秘密。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ネテルヒトー より:

    そろそろ遊作とリボルバーが対決すると思うけどデュエル中に年末年始挟まないで欲しい。

  2. 匿名 より:

    年末にキャラが消えるジンクス、年末間近にゴーストガール負け確のデュエル……あっ(察し)

  3. 匿名 より:

    確かにデストルドー落とされたら終わりですねえ笑
    最近みれてないけどいよいよ本格的な戦いが始まりそうですね

  4. ラララ より:

    リアルリボルバーの登場にはビビった……
    それにしても今までリアルリボルバーの髪は黒髪とか言っていた人がいたけれど……今回でどんな気持ちになったのやら……

  5. huyu より:

    草薙さんが必死に引き留めようとしていたのがツボった。
    まさかの対戦カード。リボルバーはオルターガイストのロックをどう突破するのか楽しみだ。

  6. 匿名 より:

    第7期白糸台編に期待

  7. ネタデッカー より:

    決闘の誘い方、半端ねぇ!
    遊戯王世界ならでは、という感じですね。

  8. 匿名 より:

    AIデュエリストのデータ?を地下に掻き集めてる?

  9. ZERO より:

    遊戯王VRAINS 1期の最終展開はサイバー事件編に突入します。私の考えだとゴーストガールに勝ち情報を回収し遂に「LINK VRAINS」を襲撃開始⁉︎ ハノイの騎士、SOLテクノロジー社、Playmakerの三つ巴の闘いが行い決着を待ち望んでいた遊作はリボルバーの決着の場に財前晃も動き出しPlaymakerとリボルバーに決着をつける決着の場はサイバース世界の現象で決闘を迎えるPlaymakerVSリボルバーVS財前晃。

  10. ZERO より:

    決着を待ち望んでるリボルバーと財前晃、二人共遊作に負けて黙っていない、リボルバーの新たなエースモンスターと財前晃が遊作のデッキを収集し遂にサイバース族を手にする。それとも財前晃もデッキ調節で来るのか。第1期のクライマックスに陰で見られるハッカーが現れる。

  11. ZERO より:

    遊戯王VRAINS EPⅠはサイバー事件編で放送終了!サイバース使いは藤木遊作/Playmaker、リボルバーの2人だがもう1人サイバースを手にした人物がいる。SOLテクノロジー社データ機材管理課長:財前晃が遂にサイバース族リンクモンスターを召喚する。遊戯王VRAINS EPⅡ放送記念として遊作を含むロスト事件被害者が現在、凄腕ハッカーとして遊戯王VRAINS EPⅠのクライマックスに陰に隠れてるハッカーがサイバー事件のライブを見ている。

コメントを残す

【新たな良き力《トポロジック・トゥリスバエナ》効果考察】相手が使用するEXモンスターゾーン前に展開すると…

1月13日発売『フレイムズ・オブ・デストラクション』には、昨日

【Vジャンプ3月号付録《E・HEROソリッドマン》効果予想】展開をサポートするって事らしいけど

『Vジャンプ3月特大号』に付属する事が判明した《E・HEROソ

【 公式レシピ】《パーペチュアルキングデーモン》採用型「三幻神」デッキ!《エッジインプ・シザー》が生命線!

《パーペチュアルキングデーモン》を使用した「三幻神」+「デーモン」

【コード・トーカー特集】《デコード・トーカー》から始まった謎多きサイバースリンクモンスター【パワーコード・トーカー追記】

《デコード・トーカー》から始まりし謎多きサイバースリンクモンス

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話感想】トポロジック・トゥリスバエナという新たな良き力。

ゴーストガールの先行で幕を開けた【ゴーストガールvsリボルバー

【フレイムズ・オブ・デストラクション収録カード一覧】《オルターガイスト・キードゥルガー》公開【カード評価・プチ解説付き】

1月13日発売『フレイム・オブ・デストラクション』のカード効果

【パワーコード・トーカーの使い心地が良好だった話】ややコストが重い印象でしたが割かし強かったです

【ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク】に収録された新規

【レギュレーション改訂の影響と新環境の動向を考える】強そうなデッキは何かなぁ?

リミットレギュレーションの公開から1日が経ち、そろそろみんな落

→もっと見る

PAGE TOP ↑