【初のエクシーズペンデュラムモンスター・覇王黒竜オッドアイズリベリオンドラゴン】色々と裁定が複雑なので注意が必要!

DSCF3222[1]

「反旗の逆鱗 ストライク・ディスオベイ!」

みなさん元気に「ディスオベイ」してますか!?

私も《覇王黒竜》デッキを作成しましたが、まだ安定して「オベリオン」を召喚することはかないません。早く「オベイ、オベイ、オベイ」ってたくさん言いたいものです…。

さて、今回の本題は「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」の効果裁定についてです。
『主人公カード・カッコイイ・出ると超強い』という人気条件を全て備えたモンスターなので、これからドンドン使用頻度も増えていくと思います。(増えていくよね!?)

使用する際に「これどうなるんだ!?」って悩まないようにしっかりチェックしておこうぜ!

SPONSORED LINK

覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン

oberi

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク7/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青4/赤4】
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキからPモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
ドラゴン族レベル7モンスター×2
レベル7がP召喚可能な場合にエクストラデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。
①:このカードがXモンスターを素材としてX召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドのレベル7以下のモンスターを全て破壊し、破壊した数×1000ダメージを相手に与える。このターンこのカードは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。
②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。自分のPゾーンのカードを全て破壊し、このカードを自分のPゾーンに置く。

効果説明に関してはコチラノ記事をお願いします。
関連記事:【相克・相生の魔術師で覇王黒竜オッドアイズリベリオンドラゴンをエクシーズ召喚!】

ペンデュラム効果①について

  • 「Pモンスターを自分のPゾーンに置く」処理は魔法カードの発動ではない!
    『発動』ではなく『置く』なのでモンスターを展開していても「時読みの魔術師」をペンデュラムスケールにセットする事が可能です。「慧眼の魔術師」も似た効果を持っていますが、そちらも同様です。

「ペンデュラム召喚できる。」はモンスター効果ではない。

  • 表側表示でエクストラデッキに加わっている場合スケールが揃っていればP召喚できる。
    エクシーズ召喚に成功した「オベリオン」が表側表示でエクストラデッキに加わっていて、レベル7がペンデュラム召喚可能であればペンデュラム召喚する事が可能です。裏側表示の「オベリオン」をペンデュラム召喚したり、逆に表側表示の「オベリオン」をエクシーズ召喚する事はできないので要注意です。

モンスター効果①について

  • モンスターを破壊し、効果ダメージを通さないと3回攻撃もできない。
    「Xモンスターを素材としてX召喚に成功した場合にレベル7以下のモンスターを全て破壊し、破壊した数×1000ダメージを相手に与える。」が通らなければ、夢の3回攻撃も叶いません。(一体でも破壊できればOKですが、その後のバーン効果が通らなかった場合も3回攻撃できない。)

モンスター効果②について

  • 「奈落の落とし穴」などで破壊されて除外されても効果は発動する。
    「破壊された場合に発動できる。」効果なので、破壊後に除外されようが効果を発動する事が可能です。除外とは一体…。
  • 自分のPゾーンにカードがある場合にのみ発動できる。
    自分のPゾーンが空の場合に②の効果は発動できません。また、1枚も自分Pゾーンのカードを破壊できないような状態になった場合にも破壊する事ができないので、Pゾーンに自身を置く事はできません。

 気持ちよくディスオベイする為に!

core2

表側表示でエクストラに加わらないとペンデュラム召喚できないとか、表側表示の「オベリオン」をエクシーズ召喚する事ができないのは当たり前と言えば当たり前なんですが、破壊されたあと除外された場合に②の効果が発動できるか否かは知っておかないとwikiチェックタイムに入りそうですよね。

他にも、あくまでランクなのでペンデュラム召喚時に「オピオン」に引っかからないとか、モンスター効果①がキチンと通った後に「スキルドレイン」されても3回攻撃は消えないだとか色々と書かれていました。もっと詳しく知りたい人は【カードデータベース】のQ&Aをご覧ください。

これでキミも「ディスオベイマスター」だ!
Amazon:覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ファイナルダンス より:

    Pレッドアイズデッキで、構築中ですね(なお、まだパーツの回収中)。速くワイもディスオベイしたい!(切実) あと、裁定もきちんとチェックしたいと思います!

    • cast より:

      Pレッドアイズも良さそうですよね。
      現状のカードプールだと純魔術師よりも安するかも…!?

  2. 匿名 より:

    次のストラクが来ればオベイしやすくなりそうですよね!

  3. 匿名 より:

    これは勝鬨くんが大量発生しそうですね…
    自分もこの記事みて「何!覇王黒龍のPゾーンに置く効果は発動では無いのか!?」と思いましたw

    • cast より:

      勝鬨くん大量発生w
      「慧眼」の効果で「時読み」を置こうとしたときに、「ん!?」って思ったので調べてみました。

  4. 匿名 より:

    オベイは竜魔人ドラゴクィーンで結構用意しやすいですね(相克相生揃える?知らん!)
    やっぱり特殊なカードだけあってルールが凄く複雑ですね。。。勝鬨君にならないように気をつけねば

  5. ヴォルヴォル より:

    高打点ペンデュラムエクシーズ!セフィラに入れよう!と思ったらランク7……
    攻撃力3000の三回攻撃は大変魅力なので専用構築にして活躍させたいと思います………

    • cast より:

      通ればかなりの確立でHPを削り取る爆発力は魅力的ですよね。
      テンションあがるわぁ~

  6. VAN より:

    個人的にはDDのテーマデッカーの自分としては覇王黒竜を使える
    純正EMのテーマデッカーと戦ってみたいですね

    なお、身内のK君はシンクロ次元の人間なので

    シューティング・スター・ドラゴン「覇王黒竜? 知らん、そんなものは俺の管轄内だ」

    と、覇王黒竜をどうメタるのかが楽しみらしいです

    • cast より:

      全ての召喚方法とその先を使用するテーマ対決ですもんねぇ~
      使用デッキの種類的に私はエクシーズ次元の人間かもしれませんね。
      反逆するぜぇ!

  7. 匿名 より:

    覇王黒龍ってどうやってペンデュラムゾーンに置くのか未だに理解出来ないんだけどどうやって置くの?

    • cast より:

      モンスターゾーンの覇王黒龍が破壊されたら効果を発動してPゾーンにおくことができます。ただし、裁定の関係上、自分のPゾーンにPカードがあるときにしか発動できません。(「~破壊し、自分のPゾーンにこのカードを置く。」なので。)

      それ以外の方法でPゾーンに置くことは現状不可能ですね~

  8. 匿名 より:

    覇王黒龍、本当に強い!
    ①の効果が通ると3回攻撃とか
    完全に主人公モンスターなのに
    遊矢君最近使ってない(笑)

  9. 小島 大輝 より:

    覇王黒竜の2の効果は発動できると書いてあるので発動しなくても
    いんいですか。誰か教えてください。
    後、発動しなかった場合エクストラデッキにいくんですか。

コメントを残す

【デストルドー採用リゾネーターシンクロデッキ】覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン添え

少し前に紹介した《亡龍の戦慄デストルドー》を実際に採用した「リ

【ジェネクスウンディーネと星遺物からコズミック・クェーサー】星杯シンクロデッキでサティスファクション!

〈万能の願望器はコズミックやクェーサーだって叶えてくれる〉 今回

【森の聖霊エーコについて考える】効果ダメージに対するメタカード!トリックスター対策に・・・

〈同じパックに入ってました。知名度は私の方が上だと思う。〉 皆さ

【インタラプト・レジスタンス効果考察】サイバネット・バックドアで手軽に握れる防御札!ゴーズの如く只今推参!

昨日、東京幕張メッセで行われた『ジャンプフェスタ2017』にて

【サイキック族モンスターカードランキング人気投票】アナタの好きを募集中!《今日で締め切り》

人気投票企画第4弾は、「サイキック族」大投票!! アナタ

【バイオ?スポーン?海外新規テーマ「Vendread」に心躍る!】アンデット儀式デッキって作るしかないんじゃ・・・

管理人がアンデット族大好きっ子なのは普段から「不知火」、「不知

【海外新テーマ「F.A.」からサイバーフォーミュラを感じる】加速度的にレベルを上げろ!!

海外版の『コード・オブ・ザ・デュエリスト』に収録される新テーマ

【エクストラパック2017収録カードまとめ】サブテラーにSPYRAL(スパイラル)以外の汎用にも注目集まる!

本記事は、2017/9/9日発売『エクストラパック2017』に

→もっと見る

PAGE TOP ↑