【デストーイはじめました】新カードを使ってみた感想:ホエールとサイズ強すぎ!【VFDを出せるようになったの凄い】

タイトルにある通り、「デストーイ(ファーニマル)」デッキを組みました。

挑戦自体は、以前一度した事があったのですが、その時は今一歩使いこむことができなかったので、今回はリベンジって形でもあります。

ディスコードで対戦した方の「デストーイ」がとても素晴らしかった(プレイングも含めて)ので、それに憧れちゃった感じですねぇ~(デストーイ上手なのカッコイイよね…)。

スポンサーリンク

ライズ・オブ・ザ・デュエリストで追加された新規カードの感想

『ライズ・オブ・ザ・デュエリスト』で追加されたカードは以下の5枚。

◎ 《ファーニマル・ドルフィン》
◎ 《エッジインプ・サイズ》
◎ 《デストーイ・クルーエル・ホエール》
◎ 《デストーイ・リペアー》
◎ 《魔玩具厄瓶》

全てのカードを吟味出来た訳ではありませんが、個人的に「良いな!」って思ったことがいくつかあったので簡単に紹介していきます。※特に《エッジインプ・サイズ》と《デストーイ・クルーエル・ホエール》の2枚は感動する程の強化でした。

エッジインプ・サイズで0ターン妨害

《エッジインプ・サイズ》
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに、手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の手札・フィールドから、「デストーイ」融合モンスターカードによって決められた手札のこのカードを含む融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):自分フィールドの「デストーイ」融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

夢の0ターン融合という感動!

相手のメインフェイズに手札で効果を発動して融合を決めるヤバイ奴。

素材的に《デストーイ・シザー・タイガー》が飛ばないから一安心と思いきや、ニューウェポンである《デストーイ・クルーエル・ホエール》でキッチリ妨害(対象をとらない破壊)が可能というオチ。

自身は《エッジインプ・サイズ》の墓地効果で身代わり耐性できるし、マジで理不尽極まりないですね(大歓喜)。

タダでさえ固い《デストーイ・ハーケン・クラーケン》が更にカチカチになったり…雑に墓地にたまるだけで強いんだよなぁ…。

魔法を介さない融合ってのも状況次第では強いので、これはマジでヤバい強化だと思います。

デストーイ・クルーエル・ホエールで先攻VFD

《デストーイ・クルーエル・ホエール》
融合・効果モンスター
星9/水属性/悪魔族/攻2600/守2400
「エッジインプ」モンスター+「ファーニマル」モンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで破壊する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。デッキ・EXデッキから「デストーイ・クルーエル・ホエール」以外の「デストーイ」カード1枚を墓地へ送り、対象のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、自身の元々の攻撃力の半分だけアップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

後攻ワンキルデッキという意識を破壊する展開

デストーイ=後攻ワンキルデッキというイメージが強いと思うのですが、今のデストーイは普通に先攻展開を持っています。

《デストーイ・クルーエル・ホエール》のレベルは9。…あ、察し。

「後攻ワンキルデッキだし先攻渡してええやろ!」って考え方は実は結構危険かもしれません。

とりあえず雑に《VFD》出して制圧って文化…恐ろしいですね(笑)。

これ抜きにしても《デストーイ・クルーエル・ホエール》は普通におかしなこと書いてる性能なので、真面目にレアカードである事を疑いたくなるカードです。

デッキ・EXデッキからフリーチェーンで「デストーイ」カードを墓地に送りながらパンプってどうなってるんだ?

デストーイ・リペアーで回転力UP

《デストーイ・リペアー》
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地の「デストーイ」融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをEXデッキに戻す。その後、自分の墓地から「ファーニマル」モンスターまたは「エッジインプ」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。手札から「ファーニマル」モンスターまたは「エッジインプ」モンスター1体を特殊召喚する。

《デストーイ・クルーエル・ホエール》から落とすと超強い!

どっちのモードで使っても強いという無駄の無さ!

①効果はシンプルな蘇生って感じですが、個人的に感動したのは②の効果です。

「デストーイ」カードなんで《デストーイ・クルーエル・ホエール》の効果で落として即効果って事ができてしまう…(白目)。

本来なら展開がストップしてしまう状況などでも、このカードを噛ますことで再始動させることができるのが超絶強いと思いました(こなみかん)。

打点上げながら特殊召喚効果チャージってどうなってんだ…このカード!?

他の2枚も見所十分!

《ファーニマル・ドルフィン》
効果モンスター
星4/水属性/天使族/攻1600/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「トイポット」1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットし、デッキから「エッジインプ・シザー」1体または「ファーニマル」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが融合召喚の素材となって墓地へ送られた場合に発動できる。自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を選んでデッキに戻す。

トイポットを再セットしながらシザーを墓地に落とせるの強い

要するに《トイポット》による「ファーニマル」モンスター的中をサポートできるって書いてますね。

トイポット1枚から導き出されるアドバンテージは無限大なので、このカードによるアドバンテージも無限みたいなもんですね。

《魔玩具厄瓶/デストーイ・ポット》
永続罠
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「トイポット」として扱う。
(2):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。それが「エッジインプ」モンスターだった場合、フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。違った場合、手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで半分にする。

先攻でセットすると真面目に強い

後手だと少し腐る事もあるでしょうけど、先攻でセット出来たら流石に強いですね。

メインから入れるって言うよりはどちらかというとサイド用のカードかもしれませんねぇ…。

まぁ、後手でも③効果は余裕で活用できるので、別にメインでも全然アリっちゃアリだと思います。

ホエールを軸にした完成された強化です

ちょっと完成度が高すぎて感動するレベルなんですが、如何せんプレイングが難しすぎて、にわかデストーイ使いの管理人にはまだまだ荷が重かったです(笑)。

これはちょっと使い込まないと駄目なので、今週はデストーイ強化月間として意識して使うようにします。

構築・プレイング共に楽しめるデッキに出会えたことに感謝!導いてくれたNさんありがとう!

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. シャチは本当にやばい
    墓地落として強化が名称ターン1ないのがヤバイ
    展開にも使えて融合素材で墓地送った後に蘇生してさらに使ってとかいくらでもできる
    デストーイデッキに革命を起こしたと言っていい
    融合派兵でもともと地味に強化されていたのがシャチの登場で弾けましたね

  2. 一択じゃなく、みんな違ってみんなカッコいい、そしてみんな強い。ほんといい時代になりましたね…
    ちなみにホエールのパンプはデストーイ以外の融合も対象にできる
    つまり魔玩具厄瓶落としてターン1のない墓地効果でどんな融合モンスターもほぼダベリオン化という。

タイトルとURLをコピーしました