【スチーム・シンクロンの高騰理由は何?】シンクロ型「ジェネレイド」デッキに採用されています!相手ターンシンクロは面白いですからねぇ

《スチーム・シンクロン》「王(ジェネレイド)」の影響で高騰しているらしいんですけど、具体的にどう相性が良いんですか?」という質問DMを頂いたので急ぎ記事を作成しました。

「王(ジェネレイド)」は個人的にいじっているデッキですし、この質問は答えられますぞ!!

スポンサーリンク

スチーム・シンクロンは何故高騰しているの?

《スチーム・シンクロン/Steam Synchron》 
チューナー(効果モンスター)
星3/水属性/機械族/攻 600/守 800
相手のメインフェイズ時、自分フィールド上のこのカードをシンクロ素材としてシンクロ召喚できる。

 

王トークンで相手ターンシンクロするんじゃ

「ジェネレイド」をいじっている人の大半が、「この相手ターンに出てくるトークンで悪さしたい…」って思っている(個人的な意見)のですが、《スチーム・シンクロン》はそんな悪巧みの内の一つです。

毎度お馴染み《水晶機巧ハリファイバー》を使う訳ですが、ちょっと複雑なので具体的に解説していきます。

《王の舞台》で生成されるトークンを利用する

《王の舞台/ジェネレイド・ステージ》 
フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を
可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。このトークンはエンドフェイズに破壊される。

 

②効果で生成される「ジェネレイドトークン」を有効活用する為に、相手ターンシンクロできる《スチーム・シンクロン》を展開しておく形になります。

 

  1. 《王の舞台》発動
  2. ※安定ルートで《ハリファイバー》展開
  3. ハリ効果で《スチーム・シンクロン》SS
  4. 相手の通常ドローで《王の舞台》が誘発
  5. 盤面のリソースを使ってシンクロ召喚が出来る

 

《ハリファイバー》の展開ルートは色々ありますが、《ホップ・イヤー飛行隊》を併用する事が多いので、《クリッター》から《アルミラージ》《神樹のパラディオン》をサーチする動きが主流です。

《ホップ・イヤー飛行隊》 
チューナー・効果モンスター
星2/風属性/獣族/攻 300/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材としてS召喚する。

 

コチラを使うと相手ターン《獣神ヴァルカン》が可能になります。

初動で《神樹のパラディオン》を引いてる場合などに引っ張りだすと無駄が無くてイイですね!

出すのは《月華竜ブラックローズ》とかが主流ですね

ブラック・ローズ

相手ターン《月華竜ブラックローズ》が主流ですが、シンクロチューナーを展開して更なる展開につなげる動きもあります。

まぁ、シンクロチューナー展開は《水晶機巧ハリファイバー》でもできるので、そこら辺を併用して超トリッキーな動きで相手を翻弄するのも面白いです。

レベル4のトークンを使いこなすのは至難の技ですが、《シューティング・ライザー・ドラゴン》のレベル変動等を利用すれば、割と柔軟な動きが出来たりします。

《スチーム・シンクロン》から少し脱線する部分もありますが、《水晶機巧クオンダム》を噛ましたり、「王」モンスター自体をリソースに使って《炎斬機ファイナルシグマを狙ったりも出来ます。

1度も再録無いですからね…

『DUELIST EDITION Volume 4』の初収録以降(2012年8月11日発売)、一度も再録されていないカードです。

言ってもニッチ寄りのデッキだし、実際使用するのは1枚(多くても2枚)ですし、純粋に市場に在庫が無いんでしょうなぁ…。

コメント

  1. 連撃の帝王で相手ターンにトークンでアバター出してる動画ありましたな。
    速攻で連撃投入しました

  2. スターライトジャンクションデッキで愛用しているスチームシンクロン君がそんな注目されていたなんて!

  3. 手札に来てもドヴェルグで出せるのもいい点ですね。

  4. マスカレーナちゃんじゃダメなんです?

    • 相手ターンリンクと相手ターンシンクロなら全然違うのでは?

タイトルとURLをコピーしました