【神聖魔皇后セレーネの需要高まる!】これは霊使いデッキの影響が出てますねぇ

『リンク・ヴレインズ・パック3』収録《神聖魔皇后セレーネ》が高騰傾向にあるようです。

タイミング的に「霊使いストラク」の影響が出ていると考えるのが自然ですが、元々超強いカードなので、今まで1000円程度で買えていたのが逆に不思議な所でもあります。

霊使いリンクからのセレーネからのアクセスコードは超強いからなぁ(納得)。

スポンサーリンク

神聖魔皇后セレーネは超強いですからね

《神聖魔皇后セレーネ/Selene, Queen of the Master Magicians》
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/下/右下】
魔法使い族モンスターを含むモンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。お互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
(2):フィールドに「エンディミオン」カードが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。自分の手札・墓地から魔法使い族モンスター1体を選び、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

リンクヴレインズパック3

名称ターン1を一切持っていないから強い

驚くことにこのカード、名称ターン1のテキストを一切持っていません。

①によるカウンター、③による特殊召喚共々、個体が変われば同一ターン中に複数回使用する事ができます。

リンク素材にできないとか、1ターンに1度しか特殊召喚できない的なテキストも持ってないし、マジで色々緩々に設定されています。

《マジックテンペスター》で使ってくれ!と言わんばかりのテキストですね。

特殊召喚効果が相手ターンにも使えるから強い

③効果による蘇生は、自分・相手のメインフェイズに発動する事ができます。

このカードを使うデッキの傾向上、魔力カウンターの供給が安定している為、往復の効果発動も普通にあり得る話です。

効果も無効にしていないし、相手ターン中でも仕事できるモンスターを特殊召喚すればかなり強力です。

セレーネからのアクセスコードというバグ

セレーネからのアクセスコードとか言うバグ。あれ本当に強いですよね…。

《アクセスコード・トーカー/Accesscode Talker》
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター2体以上
このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、そのリンク素材としたリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力は、そのモンスターのリンクマーカーの数×1000アップする。
(2):自分のフィールド・墓地からリンクモンスター1体を除外して発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
このターン、自分の「アクセスコード・トーカー」の効果を発動するために同じ属性のモンスターを除外する事はできない。

リンク3の《セレーネ》を中継に使っているので、リンク3対象の《アクセスコード・ト―カー》(攻撃力5300)確定という事実。

リンク展開過程で②効果のコストも確保できているし、本当に強い!

徐々に騰がってきてはいますが、《アクセスコード・トーカー》が1枚200円とかで売られていたのは流石にびっくり価格だったように思えます。

憑依覚醒対応の攻撃力1850

《憑依覚醒》対応ステータスなのも中々にデカイ。まぁ、中継で霊使いリンク出してたらあんまり関係ないですけどね。

霊使いだとリンク2から連鎖的に繋がっていく動きができます

《崔嵬の地霊使いアウス/Aussa the Earth Charmer, Immovable》
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の地属性モンスター1体を手札に加える。

「霊使い」リンクモンスターを展開し、①効果で相手墓地のモンスターを拝借する事で《神聖魔皇后セレーネ》に繋がるのもかなり強力です。

《アウス》なら《増殖するG》、《ヒータ》なら《灰流うらら》って感じに仮想対象も想定できます。

霊使いリンク⇒セレーネ⇒アクセスコードの流れはマジで強力です。

少し前まで1000円前後で買えていたのに…

少し前までは1000円前後で買えていたのに、あっという間に1500~2000が当たり前みたいになってしまいました。

元々強力で評価されていたカードだけに、使用需要が高まると一気に高くなりますね。

「エンディミオン」とかなら3枚使うのもザラですし、こればっかりはしょうがないですなぁ~

コメント

  1. アクセスコードは好きなモンスターなのでバグ扱いされるのは心外ですね

    • バグ(褒め言葉)なのではないでしょうか?

    • アクセスの存在がバグという話題でなく、セレーネ成立するだけでアクセス成立まで(ほぼ)行ける動きが手頃で強力ってだけの意味かと。
      実際、記事内の霊使い組以外にも、ハリ成立でリクル先に魔法使いチューナー(汎用はヴェーラーあたりか)を選べば同じ盤面を作れるので、場合によっては手札1枚だけで高打点と2〜3枚カード破壊が出来る。まぁエース枠としてでなくとも強いよね。

タイトルとURLをコピーしました