ホーリー・エルフ-ホーリー・バースト・ストリーム等の効果を予想しよう!【レジェンダリーモンスターズパックの収録カード&VJ7月号付録】

2021年5月21日発売予定「Vジャンプ7月特大号」付録カード《ハーピィズペット竜-セイント・ファイアー・ギガ》と、応募者全員大サービス企画『レジェンダリーモンスターズパック』収録カード3種の効果を予想してみました。

どのカードも興味深いですが、《青眼の白龍》と《ホーリー・エルフ》の合体攻撃シーンがOCG化されている《ホーリー・エルフ-ホーリー・バースト・ストリーム》が個人的に激熱。

……合体攻撃ではあるけど、《青眼の白龍》の攻撃を自らの攻撃みたいにしてる《ホーリー・エルフ》さん好き…。

LEGENDARY MONSTERS PACK収録カード
《ホーリー・エルフ-ホーリー・バースト・ストリーム》
《カイザー・グライダー-ゴールデン・バースト》
《魔導騎士ギルティアーソウル・スピア》
スポンサーリンク

Vジャンプ7月号付録&LEGENDARY MONSTERS PACK収録カード効果予想

ハーピィズペット竜-セイント・ファイアー・ギガ効果予想

効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2000/守2500
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
フィールドの「ハーピィ・レディ」の数×300アップする。

攻撃名(セイント・ファイアー・ギガ)を冠している事から、何かしら攻撃的な効果を持っていると思いたいんですが、全然攻撃的じゃない可能性もあるのが難しい所。

《ハーピィ・チャネラー》からリクルートする事を考えるなら、そこからランク7に使われて墓地に送られる流れも考慮した方が良いのだろうか…!?

元々打点アップ効果しか持っていなかったモンスターなので、効果予想はかなり難し目。

《ハーピィズペット竜-セイント・ファイアー・ギガ-》効果予想
効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2000/守2500
このカード名の②③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力・守備力は、フィールドの「ハーピィ・レディ」の数×300アップする。
②:1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の墓地の「ハーピィ・レディ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

ホーリー・エルフ-ホーリー・バースト・ストリーム効果予想

通常モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 800/守2000
かよわいエルフだが、聖なる力で身を守りとても守備が高い。

《ホーリー・バースト・ストリーム》は、原作・アニメで闇遊戯が《青眼の白龍》を蘇生して使用した際に攻撃名で、厳密に言えば、《ホーリー・エルフ》の効果で強化した《滅びのバースト・ストリーム》。《ホーリー・エルフ》の必殺技であると同時に《青眼の白龍》の必殺技でもある1枚です。

原作・アニメに存在していた《ホーリー・エルフ》の効果(自身の攻撃力を対象に付与する)を再現しているとなると、打点アップ系の効果に思えますが果たして…?

ホーリー・エルフ-ホーリー・バースト・ストリーム
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 800/守2000
このカード名の①②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨て、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札に加える。
※本来は攻撃力800アップですが、800だとちょっと低すぎるので守備力の数値を参照して2000としてみました。ドラゴン族とか魔法使い族を指定するならもっと派手にアップしても良い気がしますが、対象に対する情報がないので、アップ値を控えめにして範囲を広くとってみました。

カイザー・グライダー-ゴールデン・バースト-効果予想

効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
(1):このカードは同じ攻撃力のモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):このカードが破壊され墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動する。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

《カイザー・グライダー》自体が原作・アニメでまともに活躍した事がないカードなので、必殺技カードの効果予想もかなり至難の技です。戦闘破壊されない効果は流石に踏襲されてそうかな?

カイザー・グライダー-ゴールデン・バースト-
効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
①:このカードは同じ攻撃力のモンスターとの戦闘では破壊されない。
②:このカードを手札から捨て、自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。選択したカードは、このターンに1度だけ戦闘では破壊されない。この効果は相手ターンでも発動できる。
ぶっちゃけ全然わからなかった(;^ω^)
攻撃名だし、バウンスの方にフォーカスした方が良かっただろうか?
妥協召喚や特殊召喚を容易にして、場に出して戦う方向で調整されてる気もする…。

魔導騎士ギルティア-ソウル・スピア効果予想

融合モンスター
星5/光属性/戦士族/攻1850/守1500
「冥界の番人」+「王座の守護者」

《簡易融合》対応の融合モンスターだとは思うんですが、もしかしたら原作版のようにメインデッキに入るモンスターに調整されている可能性も微レ存?(原作では確か通常モンスターでした)。

確か《ソウル・スピア》は敵を一瞬で倒すという設定があったはずなので、ちょっと攻撃的な効果と予想。

魔導騎士ギルティア-ソウル・スピア
融合モンスター
星5/光属性/戦士族/攻1850/守1500
戦士族モンスター×2
①:自分・相手メインフェイズにこのカードをリリースして発動できる。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
迷いに迷った結果、滅茶苦茶シンプルな効果になってしまった。ほぼ同じ素材で《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》が出せるので、もっと強いかも?《超融合》要員として過ごそうw

原作要素とか沢山拾ってくれそうですよね…

《ホーリー・エルフ》が謎詠唱で効果を使ったり、《ギルティア》が通常モンスターだったり等々、「そこをちゃんと拾うのか…」って部分をしっかり拾うのがOCG公式なので、今回もテキストで色々楽しませてくれそうな予感がしています。

まぁ、流石に《ギルティア》が通常モンスターになってるって事は無いでしょうけど、もしかしたらデュアルとしてリメイクされてる可能性はあるかも?

0

コメント

  1. 原作では何一つ活躍してませんが、カイザーグライダーもドーマ編でちょっとだけ効果を活かしてる場面がありますから!

    0
  2. 《ホーリー・エルフ-ホーリー・バースト・ストリーム》は青眼と光属性の魔法使い族がいるときに、発動できる魔法カードですかね。相手モンスターを全滅させつつ、攻撃力アップとか。

    0
  3. ホーリーエルフの方は遊戯のカードとVジャンプで紹介してるので、青眼関連になるのかちょい不安
    カイザーグライダーがドラゴン(青眼)サポート、ホーリーエルフは魔法使いor光属性サポート、ギルティアは戦士サポートになるんじゃないかと予想

    0
  4. ホーリーエルフは「1ターンに一度、自分フィールド上のこのカード以外の光属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を(ターン終了時まで?)800ポイントアップする。このターン、このカードは攻撃できない。」って感じの原作に忠実再現した効果だと予想。

    0
タイトルとURLをコピーしました