【ガジェット・ゲーマー|効果考察】1枚初動でハリファイバー可能!機械族レベル1汎用サーチ!


今日の朝記事は、『デュエリストパック-輝石のデュエリスト編』に収録された【ディフォーマー】の新カード《ガジェット・ゲーマー》を大特集!

「ディフォーマーは組んでないしなぁ……」

――――――ってノリで、思わず効果を読まずにスルーしちゃった人もいるかもしれませんが、実はこのカード、結構汎用性に富んだ1枚だったりします。

サーチャー兼展開役という過労死枠。1枚初動でハリファイバーは当たり前の超有能カードだぜ!

スポンサーリンク

ガジェット・ゲーマー|効果考察・使い方

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 300/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから機械族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードをリリースして発動できる。
手札から「D(ディフォーマー)」モンスター1体を特殊召喚する。
その後、手札・デッキから「ガジェット・トレーラー」1体を特殊召喚できる。

収録:【DP輝石のデュエリスト編】

注目ポイント
●機械族・レベル1モンスターという広範囲サーチ効果
●①でサーチした「ディフォーマー」を出力できる②効果
●「ガジェット・トレーラー」を採用していると1枚が2枚になる
●1枚でハリファイバー成立

ディフォーマー以外もサーチできる驚異のサーチ範囲!

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 100
(1):このカードは表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中からレベル4以下の「D(ディフォーマー)」モンスター1体を選んで召喚条件を無視して特殊召喚し、
残りをデッキに戻す。
●守備表示:1ターン1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の数だけ自分のデッキの上からカードを確認する。

テーマ内でサーチ可能なのは、《D・クリーナン》,《D・テレホン》,《D・ライトン》,《D・モバホン》,《D・スマホン》の計5枚なんですが、とりあえず《D・テレホン》,《D・モバホン》,《D・スマホン》の3種がサーチ筆頭って感じでしょうか?

テーマ外のサーチ候補としては、《ジェット・シンクロン》,《機皇枢インフィニティ・コア》,《サイバー・ドラゴン・ネクステア》,《SPYRAL-ジーニアス》等が挙げられます。

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 200/守 200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):手札からこのカード以外のモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(3):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の、攻撃力か守備力が2100の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻 100/守 100
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手のデッキの上からカードを3枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):このカードをリリースし、自分フィールドの「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は相手フィールドのカードの数×500アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):自分の墓地からこのカードと「SPYRAL」カード1枚を除外し、
自分の墓地の「SPYRAL-ダンディ」1体を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

《ディフォーマー》での運用が基本になると思いますが、意外と汎用性もあるので覚えておくとどこかで役立つかもしれませんね。

②効果に《灰流うらら》されるのは滅茶苦茶痛い!

②効果は、手札から「ディフォーマー」モンスターを特殊召喚する効果(①でサーチしたモンスターの出力方法)と、手札・デッキから「ガジェット・トレーラー」を特殊召喚する滅茶苦茶有能な効果なんですが、自身をリリースして発動している分、《灰流うらら》はかなりキツイので要注意!

効果モンスター
星6/地属性/機械族/攻1300/守 0
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から「D(ディフォーマー)」モンスターを任意の数だけ選んで墓地へ送る。
このカードの攻撃力は、この効果で墓地へ送ったモンスターの数×800アップする。

なお、「ガジェット・トレーラー」の特殊召喚自体は任意なので、手札やデッキ内に「ガジェット・トレーラー」が存在してなくても問題なく効果を発動する事が出来ます。

ガジェット・ゲーマー1枚でハリファイバー成立!

なお、《ガジェット・ゲーマー》は完全1枚初動で《水晶機巧-ハリファイバー》を成立させられるカードでもある為、出張面での注目も多少集めているようですね。

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 100
(1):このカードは表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振る。
自分は出た目の数×100LP回復する。
その後、出た目の数以下のレベルを持つ「D(ディフォーマー)」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚できる。
●守備表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中から「D(ディフォーマー)」カード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。
残りは好きな順番でデッキの上か下に戻す。
①《ガジェット・ゲーマー》召喚、①効果を発動して《D・テレホン》をサーチ
②《ガジェット・ゲーマー》をリリースして②効果発動、《D・テレホン》と《ガジェット・トレーラー》を特殊召喚
③《D・テレホン》と《ガジェット・トレーラー》でレベル7シンクロorハリファイバー(リンク2)の展開が可能

ディフォーマーで使うと鬼強そう!

サーチャー兼展開役ってだけでも強いのに、更に1枚おまけ(トレーラー)が付いてくるってマ!?

《ガジェット・トレーラー》を採用する事によって発生する不具合を差し引いたとしても、このムーブは圧倒的に強いと言わざるを得ません(素引きへの配慮も手厚く、何なら不採用でも機能する)。

しかも、汎用カードとしての性能もまぁまぁイケてるってのが凄い!これはマジで良いカード!

+1

コメント

  1. 匿名 より:

    そもそもテレホンがバグカードなんやが…

    +1
  2. 匿名 より:

    今でもテレホンは1キルが現実的レベルで出来てしまいますからね。遠くない未来悪さして禁止になりそうな気がする。

    +2
  3. 匿名 より:

    テレホンは現代版博士ですね、ジーニアスみたいにクルクル回って、いつの間にか盤面がいっぱい
    どうしてこのようなカードを刷ったのか理解に苦しむ、たまにやらかしてもいいよな的な考えだろうか
    それともディフォーマーは元々このような動きが出来るテーマだったかしら。。

    +1
  4. 匿名 より:

    これ使っちゃうと無限ループで良くない?ってなりそう

    +1
  5. 匿名 より:

    実は1枚でカラクリシンクロにアクセスできる子だったりする。(ハリラドンから目を背けつつ)

    0
タイトルとURLをコピーしました