【地久神カルボン効果考察】地属性・天使族をサーチできるけど、相性良いモンスターいたっけ?

『ライトニング・オーバードライブ』に収録された新カード《地久神-カルボン》の特集記事です。

自身をリリースしてデッキから天使族・地属性モンスターをサーチできるのは良いのですが、ご丁寧に”通常召喚した”と書かれてしまっている為、一筋縄ではいかない1枚に仕上がってしまいました。

サーチ候補になりそうなモンスターを洗い出してみたので、皆さん一緒に悩んでください()。

スポンサーリンク

地久神(ちきゅうじん)-カルボン

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1200/守1200
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):通常召喚したこのカードをリリースして発動できる。
デッキから「地久神-カルボン」以外の天使族・地属性モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の天使族モンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードをデッキの一番上に戻す。

通常召喚したの1文が重くのしかかる

特殊召喚が容易な種族の宿命なのか?”通常召喚した”の1文が重くのしかかります。

「この1文さえなければ……」って思ったのは、恐らく管理人だけではないはず……。

真実の名やデーモンの宣告とコンボできる

月並みではありますが、②効果は《真実の名》や《デーモンの宣告》とのコンボが可能です。条件も比較的緩いので、こっちをメインで運用するのも割かしありかもしれません。

カルボンでサーチできる地属性・天使族モンスター

真面目にここが一番大事だと思うので、細ぇ事は抜きでサーチ範囲をガッツリ解説。色々サーチできるけど、すんなり行ってくれるカードはほとんどないぜ(白目)。

予見者ゾルガ等、イシズ使用カード

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1700/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「予見者ゾルガ」以外の天使族・地属性モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分は自分及び相手のデッキの上からそれぞれ5枚まで確認する。
(2):このカードをリリースして召喚されたモンスターの攻撃宣言時に、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのモンスターを破壊し、相手に2000ダメージを与える。

イシズが使用したモンスターは地属性・天使族の宝庫なので狙い目。サーチした《予見者ゾルガ》をそのまま特殊召喚まで繋げられないのが非常に残念です。

  • ゾルガ
  • ケルベク
  • ムドラ 等々

ファーニマル

効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻1200/守 800
「ファーニマル・ベア」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
デッキから「トイポット」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
(2):このカードをリリースし、
自分の墓地の「融合」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

《ファーニマル・ドッグ》,《ファーニマル・オウル》等、初期からいた「ファーニマル」モンスターは大体サーチ可能。特に《ファーニマル・ベア》は即効性もあって良さそうですね。

※個人的に一番アリかなぁ……って思ったのが《ファーニマル・ベア》です。

占術姫

《占術姫コインノーマ》,《占術姫ペタルエルフ》等、一部地属性の「占術姫」モンスターをサーチする事が可能。《占術姫タロットレイ》は光属性なのでサーチ範囲外です。残念。

マドルチェ

《マドルチェ・プディンセス》,《マドルチェ・プディンセスール》等、一部「マドルチェ」モンスターをサーチする事が可能。《マドルチェ・プディンセスール》をサーチできるのは良いですが、その為に墓地にモンスターが落ちてしまうのでは意味が無いので相性はイマイチ。

時械神カミオン,ハイロン

効果モンスター
星10/地属性/天使族/攻 0/守 0
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
相手フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻し、
相手に500ダメージを与える。
この効果の発動に対してカードの効果は発動できない。
(4):自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主のデッキに戻す。
効果モンスター
星10/地属性/天使族/攻 0/守 0
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
自分のLPが相手より少ない場合、その差の数値分だけ相手にダメージを与える。
(4):自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主のデッキに戻す。

コチラも召喚権をカルボンに使ってしまうのが非常に残念。まぁ、「時械神」のサーチなら《時械巫女》で十分間に合うだろうし、無理に《地久神カルボン》を使う必要もないか……。

天魔神インヴィシル

効果モンスター
星6/地属性/天使族/攻2200/守1600
このカードは特殊召喚できない。
このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたモンスターの種族と属性によって、このカードは以下の効果を得る。
●天使族・光属性:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上の魔法カードの効果を無効にする。
●悪魔族・闇属性:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上の罠カードの効果を無効にする。

《天魔神シドヘルズ》と同時収録だった事に作為的な何かを感じるのは私だけでしょうか?なお、サーチ対応は《天魔神インヴィシル》のみなので要注意。

聖獣セルケト

効果モンスター
星6/地属性/天使族/攻2500/守2000
(1):自分フィールドに「王家の神殿」が存在しない場合にこのカードは破壊される。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードが戦闘で破壊したモンスターは除外される。
(3):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。
このカードの攻撃力は500アップする。

《王家の神殿》を絡めた面白ギミックに期待!※《王家の神殿》があれば何とかしてくれそう…。

メトロンノーム

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1800/守1600
【Pスケール:青4/赤4】
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分または
相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
このカードのPスケールはターン終了時まで、そのカードのPスケールと同じになる。
【モンスター効果】
(1):自分のPゾーンにカードが2枚存在し、そのPスケールが同じ場合、このカードの攻撃力・守備力はそのPスケール×100アップし、このカードは直接攻撃できる。
(2):このカードが直接攻撃によって相手に戦闘ダメージを与えた場合に発動する。
お互いのPゾーンのカードを全て破壊する。

カルボンのサーチに対応しているモンスターでは唯一のペンデュラムモンスターです。スケールとして運用するにはちょっと値が微妙ではありますね。

ドイツ

ユニオンモンスター
星4/地属性/天使族/攻 100/守 200
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分の「ソイツ」に装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。この効果で装備カード扱いになっている時のみ、装備モンスターの攻撃力は2500ポイントアップする。(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが戦闘によって破壊される場合は、
代わりにこのカードを破壊する。)

《ソイツ》,《ドイツ》の展開方法等々、サーチした後の問題が山積み。知識として押さえておく用。

ノーマテリア

効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 0/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにカードが存在せず、相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
このカードを手札から捨て、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターはリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。

リリースする事で自然と《ノーマテリア》の発動条件を満たせるのは良いですが、先行1ターン目で《ノーマテリア》をサーチし、場にカードを置かずにターンを返すってどういうデッキ…とはなります。正直な所、後攻時に初手に素引きしてナンボのカードなんだよなぁ……。

独法師

効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 100/守 100
自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない。
(1):このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分フィールドにこのカード以外のモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合に発動する。このカードを破壊する。

カルボンでサーチしてそのまま特殊召喚に繋がるのは良いですが、その為に召喚権を使ってしまうのは結構な問題。やはり、《独法師》は②効果による能動的な自壊を活かせてナンボのカードです。

楽天禍カルクラグラ

効果モンスター
星8/地属性/天使族/攻2600/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の地属性モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。その後、デッキからモンスター1体を墓地へ送る事ができる。

カルボンが場に残ってくれれば完璧なのに……(白目)。

カルクラグラを構えられるのは良さそうですが、トリガーとなるモンスターを別途で用意する必要があるのは気になります。

もしかして……このカード滅茶苦茶難しい?

こういうカードって、探している内に1,2枚位は良い感じに噛み合うカードが見つかるもんなんですが、このカードに関してはマジで全然ピンとくる物がありませんでした。

真面目に《ファーニマル・ベア》が一番相性が良いカードな気がするレベルなの逆に凄いなぁ……。

追伸.ここまで来ると逆に怪しいので、もしかすると今後登場するカード・テーマの布石なのかも?

コメント

  1. 記事内の書き方だとまるでイシズが預見者ゾルガを使ったみたいだな

  2. 待望の雪天気シエルがサーチ対象ですが、召喚権を喰うのが、ネックですね…

  3. ライトニングオーバードライブの中で「いつか使う事があるかもしれないと思うけど、一生使わいまま終わるカード」第一位ですね

  4. セルケトのサーチカードと思うので、セルケト強化が今後、あるのかと期待しています。

  5. 余程特殊な動きを要求しない限り、おろかな埋葬で落として蘇生させたほうが早そうなのがなんとも

  6. ループものでおなじみのコトダマサーチだやったぜ

タイトルとURLをコピーしました