【烙印融合|効果考察】アルバスの落胤専用デッキ融合!アナコンダ対応!墓地に送れる範囲広すぎ!

『ストラクチャーデッキ-アルバ・ストライク-』収録新規カード《烙印融合》に注目!

手札・デッキ・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を墓地へ送り、《アルバスの落胤》を融合素材とする融合モンスターを融合召喚する最強新規!

《アルバスの落胤》を融合素材とする融合モンスターと言えば、対となる素材が闇だったり光だったりレベル8以上だったり攻撃力2500だったりと、よくよく考えると緩いものばかり!

《捕食植物-ヴェルテ・アナコンダ》でコピーする事も出来るし、カード名的にサーチも容易!

――――これはもしかして、控えめに言ってもヤバイカードなのでは?

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

激ヤバ新規「烙印融合」の使い方を考える

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を墓地へ送り、「アルバスの落胤」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

サーチ手段豊富!控えめに言って引き込み易すぎる!

『烙印』&『融合』という二つの最強ネームを併せ持つド安定札!

効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

効果モンスター
星1/闇属性/天使族/攻 400/守 400
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが効果で墓地へ送られた場合、または効果で除外された場合に発動できる。
デッキから「悲劇のデスピアン」以外の「デスピア」モンスター1体を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「烙印」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札を1枚選んで捨てる。
その後、デッキから「デスピア」モンスター1体を手札に加えるか守備表示で特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの融合モンスターが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
「烙印」魔法カード
・《デスピアの導化アルベル》によるサーチ対応
・《悲劇のデスピアン》によるセット対応
※「デスピア」モンスターは《烙印開幕》等で安定させやすい
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。
(2):EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。
そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。
「融合」通常魔法カード
・《竜魔導の守護者》でサーチする事が可能
サクッとチェックしただけでもこの安定感。軽く9枚体制とかできちゃうの凄い!《烙印開幕》等のリクルート等も含めると更に凄い事になるので、これは相当安定するでしょうね。

待望のデッキ融合!墓地に送れる範囲広すぎ!

【アルバスの落胤|超絶強化】天球アルバスシュート更なる次元へ!ミラジェイド最強!
『ストラクチャーデッキ-アルバ・ストライク』に収録される新カードにて、皆大好き【天球アルバスシュートコンボ】が更なる進化を遂げる……という事で、早速特集していきます!【天球アルバスシュートコンボ】については、以前に何度か紹介した...

▲アルバス融合体については上の関連記事で詳しく触れています

《灰燼竜バスタード》:攻撃力2500以上のモンスター
《痕喰竜ブリガンド》:レベル8以上のモンスター 
《烙印竜アルビオン》:光属性 
《烙印竜ルベリオン》:闇属性
ザックリ言うと、《アルバスの落胤》+上記の4種に該当するモンスターを墓地に融合素材として墓地に落とせるって事になるので、もうこの時点でヤバイ!
《烙印竜ルベリオン》を融合召喚しながら《カオス・ネフティス》を落としたり……
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/鳥獣族/攻2400/守1600
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、フィールドのカードが効果で破壊された場合、
自分の墓地から「カオス・ネフティス」以外の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドのカード1枚と相手の墓地のカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
《烙印竜ルベリオン》を融合召喚しながら《悲劇のデスピアン》を落としたり……
《烙印竜ルベリオン》を融合召喚しながら《シャドール・リザード》を落としたり……
リバース・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「シャドール・リザード」以外の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。
闇属性モンスターを擦るだけでこのラインナップってヤバ過ぎでは!?
……もうなんか、可能性の塊過ぎて考えがまとまりませんね(笑)
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/植物族/攻1600/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスター以外の自分フィールドの植物族モンスター1体を選んで墓地へ送り、
対象のモンスターはこのターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキ・EXデッキからレベル5以下の植物族モンスター1体を墓地へ送る。
Twitterで見たのだと、《ステイセイラ・ロマリン》とかも滅茶苦茶面白そうです!※《ガーデン・ローズ・メイデン》を落とすの面白そー(∩´∀`)∩※フレシアは落とせませんでした。

アナコンダ対応!ミラジェイドを出せば棒立ちアナコンダもケア可能!

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/闇属性/植物族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。
(2):2000LPを払い、
「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

――――そして、さりげなく《捕食植物-ヴェルテ・アナコンダ》の効果によるコピーにもちゃっかり対応!誓約テキストなんて何のその!見事効果だけコピーして見せるぜ!

融合・効果モンスター
星8/闇属性/幻竜族/攻3000/守2500
「アルバスの落胤」+融合・S・X・リンクモンスター
(1):「氷剣竜ミラジェイド」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分・相手ターンに1度、「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスター1体をEXデッキから墓地へ送って発動できる。
フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
次のターン、このカードはこの効果を使用できない。
(3):融合召喚したこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

しかもしかも、フィールドの《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》を素材にすれば《氷剣竜ミラジェイド》も問題なく出せちまうんだ!素材にすれば相手ターンにアナコンダを晒す危険もないぜ!

スゲェカードが公開されましたね。……ゴクリ

……デッキ融合、遂に出ちゃいましたねー(;^ω^)

誓約自体は程々に重めですが、《捕食植物ヴェルテアナコンダ》も使えるし、順番さえ守れば《フュージョン・デステニー》と共存する事も出来るのはマジで驚異!

出てくるモンスターも《氷剣竜ミラジェイド》,《神炎竜ルベリオン》でかなり補強されてるし、これはデッキとしての完成度が一気に上がりそうな予感がする一枚です。

シャドールなどに出張させるプランもとれるだろうし、出張面でも要注目です!

+1

コメント

  1. このカードみたら影依融合の相手の場にエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターがいないとデッキ融合出来ないは案外良調整だったのかもしれないですね…(結果的にですが)

    +1
  2. 次元障壁3積みするわ

    +6
  3. 白の烙印がほぼ要らない子に…

    0
  4. だからデッキ融合はやべぇって
    でも公開される前からは、本当にこのデッキどうしたいんだって思うけど
    ここにデッキ融合をあげると、一気に戦術がはっきりしたな
    しかも他のテーマ、例えばデスピアとか、シャドールとかと混ぜると色んな可能性が生まれるから
    めっちゃくちゃ楽しくなりましたな
    アルバス君、もう手札損してるなんで事言われなくなるw

    0
  5. アナコンダくんの死刑執行は決まりですかね

    +7
  6. 融合モンスターしか出せない誓約があるけど、リンクモンスターのアナコンダで出せるの?

    0
    • 結論から言うと出せます。

      かつては真紅眼融合を落としてドラグーンオブレッドアイズを出すのが定番でしたが、真紅眼融合は「このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できない」という制約があります。ですが、アナコンダは制約とか無視して効果だけを使うので可能になります。

      これは個人的なことですが、アナコンダが色々やらかしてるのにこんなカードを出すってことは『こういうカードを他にも出せるように今のうちにアナコンダは〇すね』ということだと思いたいです。

      +5
      • 非常に分かりやすい説明ありがとうございました!

        0
    • 今回のは、ルール外テキストなので、効果のみコピーするアナコンダはルール外テキストまでコピーしないので、制約もかかりません。ただ、効果に制限があるものはコピーします。最もアナコンダ自体が効果発動後、特殊召喚できなくなるので、制約がかぶるのも多い。

      +1
      • ごめん。ルール外テキストではなく、効果外テキストでした。

        +1
      • 何故、出来るのか、その理由がよく理解出来ました。
        ありがとうございます!

        0
  7. これで制約重いってもう遊戯王あかんやん

    0
  8. いっそ次元融合制限にしてアナコンダにとどめ刺してくれないかな…

    +1
  9. アナコンダの墓を建てるウラ……

    0
  10. この記事から飛べるアルバス融合体の特集を見たお陰で烙印融合から並んだ2体を生贄にザボルグが切腹→バスタード、ブリガンド、スプリンド、アルビオン、アーデク×3、ラフレシアを落とす流れを思いつけました。有難うございます。SS制限がEXデッキにしかかからないのでアーデクでサーチした儀式をそのまま出せるしEPにリクルしたエクレシアでサーチしたフルル、アルビオンでセットした断罪で固めつつ敵のEXを半壊、更にラフレシアで融合お代わりも出来るのでこの路線で組んでみようと思います。

    +1
タイトルとURLをコピーしました