【アークリベリオンエクシーズドラゴン|効果考察】ダークレクイエムとどっちが強い!?

8月8日発売『ファントム・レイジ』に収録される新カード《アーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》の特集記事です。

単純に「ファントム・フォースから出せて打点お化けになれるよー」ってだけでも十分に役割を持てるカードではあるのですが、やはりこのカードについて語るなら、分かり易いライバル枠である《ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》との比較は避けられません。

…ランクアップ先の選択で迷える程のプールになったのか…こんなにうれしい事はない(涙)。

スポンサーリンク

新たな力『アーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン』

《アーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
レベル5モンスター×3
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):X召喚したこのカードは効果では破壊されない。
(2):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力は、このカード以外のフィールドのモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。
このカードが闇属性XモンスターをX素材としている場合、
さらにこのカード以外のフィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はこのカードでしか攻撃宣言できない。

効果で破壊されない3000打点が、フィールド全体の攻撃力を参照して超絶パワーアップ!

更におまけでフィールドの表側表示モンスターの効果を無効化し、一気にゲームエンドを狙ってくるイメージ!

流石にこのカードでしか攻撃宣言できないという縛りはありますが、フィールド状況次第では余裕でワンショットを狙える破壊力を用意する事ができる脳筋枠です。

アストラムを倒せるという明確な強み

打点を高めてワンショット出来る状況なら気にする必要すらありませんが、効果無効が付随している所も実は結構偉いです。

分かり易い例で言うと、相手フィールドに鎮座しがちな《双穹の騎士アストラム》の呪縛を容易く突破できてしまうのはかなりデカイ!

《双穹の騎士アストラム》
リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上
(1):リンク召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならず、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、その相手モンスターの攻撃力分アップする。
(3):リンク召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

まぁ、③効果はどうしようもない所ですが、これは《ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》単体ではできない芸当なので、明確な強みと言っていいポイントだと思います※。※レクイエム単騎だと相打ち止まり。

《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン/Crystal Wing Synchro Dragon》
シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。この効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

 

逆に、《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を仮想敵とすると、その立場は逆転します。

…仮想敵次第で最適解が違うってのはランクアップ好きとしては堪らない要素です。

ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴンという強力なライバルの存在

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
レベル5モンスター×3
(1):このカードが「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」をX素材としている場合、以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を0にし、その元々の攻撃力分このカードの攻撃力をアップする。
●相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。その後、自分の墓地のXモンスター1体を選んで特殊召喚できる。

効果だけで単純比較した場合、流石にターン1制限を持たない無効効果を持つ《ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》の方に軍配が上がりそうではありますが、素材に左右されずに一定以上の力を発揮できるという点では《アーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》も悪くありません。

…というか、これに関しては《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》素材の《ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》が単純に強すぎるだけな気がしますね。

まぁ、素材を名称指定してるんだからこれぐらい強くても良い気はしますが、素材の数だけモンスター効果を無効にできて、無効にして破壊するたびに蘇生できるってトンデモだなぁ…。

素材を選ぶことで超絶パワーを得られる《ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》と、素材を選ばないけど安定して強い《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》…アナタならどっち?

覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン-オーバーロードともシナジーを持つ

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク7/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青4/赤4】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚し、「リベリオン」モンスターまたは
「幻影騎士団」モンスター1体をこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。その後、自分のPゾーンのカード1枚を選んでそのモンスターの下に重ねてX素材にできる。
【モンスター効果】
レベル7モンスター×2
自分は「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン-オーバーロード」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。このカードは自分フィールドの「リベリオン」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もでき、レベル7がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。
(1):ランク7のXモンスターを素材としてX召喚したこのカードは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。
(2):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。

「リベリオン」モンスターに該当する為、《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン-オーバーロード》とシナジーがあるのも嬉しいポイント。

《ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》は「リベリオン」モンスターに該当しないので、ここは明確な強みと言っても良さそうです。

全ての効果と噛み合っているし、これは積極的に狙って行きたいですね。

それぞれの強みを活かした運用が大事

「ダクリベ」素材で出せるなら「ダーク・レクイエム」の方が強そうだし、「オーバーロード」シナジーを見込むなら「アーク・リベリオン」だし、これは仮想敵やデッキタイプで評価が変動しそうですね(勿論両方入れても良い)。

新カードの登場によって旧カードの役割や強みがとられる形にもなって無いし、かと言って新カードが使えない訳でもないっていう絶妙な調整!…こういうバランス感覚はほんと素晴らしい。

展開時代も《RUM-ファントム・フォース》で楽々になるし、マジで8月が楽しみです(*’ω’*)

コメント

  1. 覇王烈黒デッキを作ってたので、リベリオン新規は嬉しい
    元々の選択肢が殺意増し増しだけど、打点や耐性持ちに弱かったので、ちょうどいい

  2. 自分はやレクイエム派だけど多分両方入れると思います

  3. 少なくとも幻影騎士団ならカテゴリ内のエクストラが少なすぎて枠があるので両方採用で。

  4. アークもレクイエムも強みが違うので両方採用して使い分けるのが良いかも

  5. 幻影騎士団でダベリオン以外の素材からの選択肢が増えたのが素直に嬉しい
    後攻だったらシェードブリガンダイン素材のリダンでふっ飛ばしてからアークリベリオンでぶん殴れるのはかなりいいね。

  6. 先行で出すならレクイエム・返しだとアークリベリオンですかね?ファントム罠でブレイクソード蘇生からファントムフォースでアークリベリオンという選択肢はレクイエムにないものですし。

タイトルとURLをコピーしました