《Sin Tune(チューン)》 イラスト・効果公開!墓地効果が腐り難くて良いですね!【20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION】

公開日: : 雑談

『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』の収録される新カードが公開されました。

今回公開されたのは、「Sin(シン)」新規カード《Sin Tune(チューン)》 。

受け身な効果ではありますが、それに見合ったリターンと墓地効果の二段構えで隙をガッチリと補った構成のカードに仕上がっています。

SPONSORED LINK

『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』収録新カード情報

《Sin Tune(チューン)》

《Sin Tuneチューン》 
通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の「Sin」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示の「Sin」モンスターが戦闘以外で破壊された場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「Sin」モンスター1体を手札に加える。

①効果はかなり相手に依存するので要注意!

 
▲4000打点は伊達じゃない!

「Sin」モンスターの打点的に、①効果は相手による効果破壊をトリガーに発動する事が主になりそうです。

流石に相手依存過ぎて使い難いという意見もあると思いますが、もし破壊された場合に発動だった場合、フィールド無し特殊召喚からの自壊で条件を満たせてしまう為、まぁ、これが妥当な所なのではないでしょうか?

逆に②効果は自然と狙えてイイ感じがしますね…

逆に②効果は能動的な破壊でもokな為、フィールドレスからの特殊召喚自壊でも条件を達成する事が可能です。

そうじゃなくても戦闘で破壊されるケースが少ない「Sin」モンスターなら効果破壊トリガーはお手のものって所ですよね!

ピン採用するとここぞという時に活躍してくれそう

今まで公開されたカード達が派手だった事もあり、今回の《Sin Tune(チューン)》は少し地味目に見えますが、堅実で良いカードだと管理人は思います。

《Sin Selector(シン セレクター)》からサーチするようで一枚採用とか良い働きしてくれそう…。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-02-09)
売り上げランキング: 4
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    タイトルがパラドクスギアになってます…。

  2. 匿名 より:

    手札か墓地にトゥルースがいるなら自爆特攻するのもありかな、けどsinってドラゴンの方は基本的に打点が高いから…
    パラドクスギアとかパラレルギアって相手ターンにフィールドに残ってるとかあるんかな…最悪リンク素材にしてそうだわ

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【DPレジェンドデュエリスト編5の収録傾向予想】ライバル、ヒロインの次は何だ!?

毎年恒例、『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編 5-』が

【リボルバーストラク来る】《クイック・リボルブ》や《ヴァレルロード・ソード》の再録来るか!?

リボルバーをイメージしたストラクチャーデッキが、6月22日(土)に

【好きだけど上手く使えないカード談義】想い・理想が強すぎて納得できないカードがきっとある

書いてあること自体はかなり良い(好き)にも関わらず、いざ使ってみる

【ロード・オブ・マジシャン(エンディミオン)デッキと相性の良いカード】魔力カウンター新時代!

本記事は『ストラクR-ロード・オブ・マジシャン』に収録される「

【呪眼(じゅがん)と相性の良いカード特集】セレンの呪眼に魅入られよ!初動安定札や妨害補助札を中心に紹介!

本記事は『呪眼』と相性の良いカードを考察・紹介していく記事です

【遊戯王コラボカードの軌跡】ポテト&チップス、ナナナ、ルシファー等、他社作品・商品とのコラボカードの歴史

本記事では、他社とのコラボによって生まれたコラボカードの軌跡をまと

【モンスト遊戯王コラボカード画像】限定カードゲットまでの方法・道のりを解説!

モンストコラボの限定コラボカードをゲットして参りました!

【無限起動と相性の良いカード特集】リリースに最適な地属性・機械族モンスター!列車との相性に注目!

本記事は『無限起動』と相性の良いカードを考察・紹介していく記事です

→もっと見る

PAGE TOP ↑