【素敵な魔法カードの世界】管理人の好きな魔法カードをただ単に紹介する記事①

公開日: : 雑談

少し前に、管理人が好きな罠カードをただ紹介するだけの記事をUPしましたが、意外と反響があったので、その魔法カードバージョンも作成してみました。

罠カードは器用で尖ったカード好きと言っていた管理人ですが、魔法カードはその真逆。ストレートかつ強力なパワーカードorテーマやギミックに特化した専用カードが好きです。

素敵な魔法カードの世界はじまりはじまり~

関連記事: 【素敵な罠カードの世界】管理人が好きなトラップカードをただ単に紹介する記事

SPONSORED LINK

何だかんだで《死者蘇生》が一番好きかもしれない

「一番好きな魔法カードは何だろう?」と考えて真っ先に思い浮かんだのは、《死者蘇生》でした。

原作でも物語のカギとなる重要な一枚でしたし、遊戯王OCGの歴史の中でも常に一線で活躍し続けているカードなので、このカードが好きな人は恐らく多いはず?

まぁ、《死者蘇生》は流石にレジェンド枠って事で、その他のカードを本日はご紹介していきます。

その①:《手札抹殺》

通常魔法
(1):手札があるプレイヤーは、その手札を全て捨てる。その後、それぞれ自身が捨てた枚数分デッキからドローする。

 

皆さんご存知の超パワーカード《手札抹殺》。

ディスアドながら手札を総入れ替えしながら墓地を肥やすというのはド派手かつ強力な効果。

このカードが好きな理由としては、やはり「暗黒界」の存在が大きいでしょうね…。

「暗黒界」デッキは、管理人が初めて作ったガチ目のデッキって事もあって、何かとひっかかるポイントが多いんですよね(笑)

原作でも遊戯&海馬のタッグデュエルでのイメージが印象深く大好きな一枚です。

その②:《RUM-七皇の剣(ザ・セブンス・ワン)》

通常魔法
自分のドローフェイズ時に通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、
そのターンのメインフェイズ1の開始時に発動できる。「CNo.」以外の「No.101」~「No.107」のいずれかをカード名に含むモンスター1体を、自分のエクストラデッキ・墓地から特殊召喚し、そのモンスターと同じ「No.」の数字を持つ「CNo.」と名のついたモンスターをその特殊召喚したモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。「RUM-七皇の剣」の効果はデュエル中に1度しか適用できない。

 

私が選んだのは、《RUM-七皇の剣(ザ・セブンス・ワン)》!

新マスタールールの影響でドローするも発動不可という失笑プレイを晒してしまう事もありますが、それでもこのカードに対する愛は変わりません。

一枚からエクストラデッキから特殊召喚し、更にその上の「CNo.」へとエクシーズ召喚する動きは最高にカッコイイ!

「バリアン七皇」と共に永遠に輝き続ける一枚です。

その③:《RUM-ソウル・シェイブ・フォース》

通常魔法
(1):LPを半分払い、自分の墓地の「RR」Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、そのモンスターよりランクが2つ高いXモンスター1体を、
対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 

「おいおいおいおい、RUMで記事を埋め尽くす気じゃないだろうな?」

黒咲&「RR」好きとしてこのカードは外せません!

このカードを使って《サテライト・キャノン・ファルコン》をエクシーズ召喚したあのシーンを忘れる事は未来永劫ないでしょう。

「ソウル(魂)」を「シェイブ(削る、削ぐ)」事で得られる「フォース(力、強さ)」…名前と効果がバッチリマッチしてるのも最高にクール!

まぁ、埋め尽くす事は余裕で出来ちゃうんですが、それだと「RUM」の特集になっちゃうので、今回はこれ位にしておいてやるぜ!

その④:《超融合》

速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。自分・相手フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

「俺とオマエで超融合!(全部相手のモンスター)」

条件さえ整っていれば、相手の場に存在するモンスターだけで融合召喚できてしまう夢のカード!

カードプールが増えれば増える程強さを増していく…。

勿論、このカードと関連の強い《ネオス・ワイズマン》も大好きですが、融合カードじゃなくなったのが少し残念ではあります。(でも好き)

好きな物についてぐだぐだ書くのは最高に楽しい

好きな物についてグダグダと書くのは最高に楽しいですねぇ~( ˘ω˘ )ナニヨリラクダ

罠カードはやや斜に構えた感じのカードが多かったですが、魔法カードはドストレートなラインナップとなりました。

罠カード同様、まだまだ好きなカードはあるので、第二回、第三回とネタがない時に参上します。

歴史の長いゲームだから好きもその分膨大なのだ✨

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    自分はエネミーコントローラーですかね
    海馬社長のあれで印象残っています(笑)

  2. 匿名 より:

    自分は効果はエネミーコントローラー、名前は冥界流傀儡術、
    イラスト(多いのでベスト3)は、揺れる眼差し、ギャラクシー・クイーンズ・ライト、巨大要塞ゼロスです。

  3. 匿名 より:

    ZEXALの10話くらいだったかな?
    遊馬(死者蘇生でホープを…)
    アストラル(死者蘇生は、相手のモンスターも蘇生することができる…)
    こんなやりとりが印象に残っています。自分のカードしか見ていないものには使いこなせない奥が深いカードですよね。終盤でこのカードを引いたときあなたならどうする…

  4. ラララ より:

    自分は、場のモンスターをリセットするブラホと墓地のモンスターを回収してドローする貪欲な壺ですね。
    二つとも銃制限カードになったのも理由にあります

  5. 匿名 より:

    シャドォォォル!フュージョンッ!

  6. シン より:

    セブンスワンも是非スリーブになって欲しかったですね…次の機会があれば!

  7. 通りすがりのアクシズ狂信者 より:

    右手に盾を左手に剣をかなぁー

  8. 匿名 より:

    やっぱりソウルシェイブいいですよねぇ
    あれで逆転したことはなんどもあります

  9. ここの より:

    ショップデュエルでセブンスワン引いて発動失敗したら景品もらえる、なんてこともあったような
    アニメシーンほぼ完全再現なだけに人気が半端ないですね

    それはそうと、魔法カードはおとり人形を押したい
    たいていの除去と違って自力で再利用可能&対象によってタイミングずらしが大逆転につながることもあるところに魅力を感じます
    ゴッドバードアタック暴発させて3体のBF道連れにした思い出は一生ものです

    長文失礼しました

  10. 匿名 より:

    魔法ならオーバーロードフュージョンがお気に入りですね。
    出てくるモンスターも大型(最近はもっぱら混沌巨人)が多く、ここぞというときの切り札感が好きです。

  11. さしんぼー より:

    マジックサンクチュアリでしたっけ中々ぶっ飛んでて好きですね

  12. poak より:

    リミッター解除ッ!と 発動時につい力んでしまうような魔法カードが
    大好きです。とりあえず最近は 「リヴェンデッド・ボーン」ッ!

  13. ナナシ より:

    霊魂消滅とかいう意味不明なカードすき

  14. ネタデッカー より:

    セヴンスワンの中毒性ときたら…
    まぁ、初手にくるのはもはやあるあるネタですけど。

  15. 匿名 より:

    必殺技系カードが大好きなんですが、
    デッキからは抜けてしまうんですよね

コメントを残す

【トポロジック・トゥリスバエナ面白活用法】単純に魔法・罠を除外するだけじゃない!良き力の有効活用法!

普通に使うだけでも超強い《トポロジック・トゥリスバエナ》を、も

【急き兎馬の使い方・効果考察】シンクロ・エクシーズ・リンクの補助に役立つレベル5の特殊召喚モンスター!【赤兎馬】

かの「三国志」で有名な武将「呂布」の愛馬と言われた「赤兎」のよ

【悪デッキウィルス《闇黒の魔王ディアボロス》カッコイイ!】管理人待望の「悪魔城」も…?

  『悪魔城ドラキュラ』大好きっ子の管理人は、

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード「トロイメア」モンスターなどを追記しました

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【汎用性が高く強いリンク3モンスター】一覧から選ぶオススメカード《トポロジック・トゥリスバエナ》など追記

マーカーの確保と戦線維持を同時に担うリンクモンスター界の花形 素

【トランスファミリア:効果・ストーリー考察】ライズベルト&セームベル物語の黒幕は黒猫!?

この記事は、《召喚師ライズベルト》から始まる一連のストーリーに

【レアコレ2再録カードの噂】うららやティマイオスの眼のカードテキストが密かに変わっている?

確証がある訳でもないゴシップ情報なので扱うかどうか少し迷いまし

【今日は「Vジャンプ3月特大号」の発売日】《E・HEROソリッドマン》は何枚必要?アンケート追加

本日は、《E・HEROソリッドマン》が付録の「Vジャンプ201

→もっと見る

PAGE TOP ↑