【裁定】「聖霊獣騎 カンナホーク」の効果解説

公開日: : モンスターカード(融合)

DSCF1272

はーい!皆さん、《聖霊獣騎》楽しんでいますか!?

「聖霊獣騎 カンナホーク」の裁定で少し分かり難いものがあったので、今回はそれを記事にします。

ご存知の方も多いとは思いますが、使用していない方は結構ピンとこないと思うので~。

SPONSORED LINK

聖霊獣騎 カンナホーク

DSCF1278

融合・効果モンスター
星6/風属性/雷族/攻1400/守1600
「霊獣使い」モンスター+「精霊獣」モンスター 自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):1ターンに1度、除外されている自分の「霊獣」カード2枚を対象として発動できる。 そのカードを墓地へ戻し、デッキから「霊獣」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードをエクストラデッキに戻し、 除外されている自分の「霊獣使い」モンスター1体と 「精霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

《聖霊獣騎》デッキで非常に重要な役割を担っているおじいさん。
墓地と除外ゾーンをグルグルしながら、デッキから「霊獣」カードを加えるテクニシャンなのだ!

問題の裁定はこちら

Q:(1)の効果解決時に対象に選択したモンスターの内1体が除外されてない状態になった場合、残りのモンスターを墓地に戻して、手札に加える処理は行われますか?
A:はい、行われます、ただし2体とも除外されてない状態になった場合は、手札に加える処理は行われません。(14/10/11)

この裁定から分かる事は、(1)の効果発動時に除外ゾーンに「霊獣」カードが存在すれば、解決時に対象に選択した「霊獣」カードが一枚でも残っていれば、効果を処理できると言う事。

これが何を意味するのか。

DSCF1278

上の画像の様な場面を想像して下さい、このままなにもチェーンがなく処理されると、「霊獣使いの長老」と「精霊獣カンナホーク」は墓地へと戻され、デッキから「霊獣」カードを一枚手札に加えて処理が無事終了!となります。

効果は無事に解決できますが、これでは《聖霊獣騎》の得意技である、融合解除が出来ません!

この裁定により、この場面でも(1)の効果を使いつつも、融合解除する事が可能なのです。

処理は以下の通りです。

DSCF1278

ここまでは同じですが、相手にチェーンがない事を確認して、(1)効果に「聖霊獣騎 カンナホーク」の(2)の効果をチェーンします。

DSCF1278

こうする事により、(2)の効果が【チェーン2】、(1)の効果が【チェーン1】となります、それでは順番に処理していきましょう。

(2)の効果は自身をエクストラに戻して、除外されている二体のモンスターを対象にして発動している為、もうすでに「聖霊獣騎 カンナホーク」はフィールド上にはいません、対象に取った「霊獣使いの長老」と「精霊獣アペライオ」をフィールドに表側守備表示で【特殊召喚】します。

これで(2)の効果解決は終了です。

次は(1)の効果解決、発動時に対象にしたはずの「霊獣使いの長老」は(2)の効果処理によりすでに除外されておらず、フィールド上に表側守備表示で存在しています、(1)の効果は除外されている「霊獣」カード二枚を対象に発動する事が条件なので、解決時に対象にしたカードが2枚だろうが1枚だろうが問題なく効果を解決していいですよ!って事らしいです。(確かに対象としたカード二枚を墓地へ戻し「霊獣」カードを一枚手札に加えるとは書いてないな。)
※(1)の効果解決時に対象とした「霊獣」カードが2枚とも除外されていない状態になった場合は不発になりますのでご注意!

補足:最終的に、フィールドに「聖霊使いの長老」と「精霊獣アペライオ」、手札にサーチした「霊獣カード」、墓地に「精霊獣カンナホーク」、除外されているカードなしとなります。

これで伝えられたのか少し心配ですが、《聖霊獣騎》はただでさえカウントする要素が多い《テーマ》なので、対戦相手にきちんと理解してもらえるように説明できるようにしておかないとトラブルの元になってしまいます。除外されたターン経過のカウント用のカウンターや、そのターンの【特殊召喚】状況を示すカウンターなんかは必要じゃないかな~と思っています。

関連記事もヨロシクね^^b

《聖霊獣騎》デッキ考察【「トライブ・フォース」でデッキを作ろう!】

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    なんだか不思議な感じですね、まさにテキストの穴をついた動きのように感じます。

    • cast より:

      《聖霊獣騎》を使用する上で重要な裁定である事は間違いなさそうですが、色々と難しいですねw

  2. 匿名 より:

    つまり最終的にはフィールドには長老とアペライオ、墓地にはカンナホーク、手札にはサーチした霊獣カードってことが出来るわけですか?

コメントを残す

【地属性汎用リンクモンスター《ミセス・レディエント》効果考察】《ミリス・レディエント》がリンク化…だと!?

今日も元気よく新カードの考察を続けていきます! 本日の主

【新フィールド《サイバネット・ユニバース》効果考察】墓地のモンスターをデッキへ!破壊と共にエクストラモンスターゾーンが崩壊!?

3月25日発売予定『スターターデッキ(2017)』に収録される

【新種族「サイバース族」考察】スターターデッキに収録される新カードたちを徹底特集!他

昨日の記事で《デコード・トーカー》は個別に特集したので、本日は

【新マスタールール】ペンデュラムモンスターもエクストラデッキから出す場合はエクストラモンスターゾーンへ

公式のWEBサイトにて【新マスタールール】についての情報が公開

【リンク召喚の要「デコード・トーカー」考察】効果もリンクマーカーも優秀ですぞ!

本日は3月25日に発売予定「スターターデッキ」に収録される【リ

【アークファイブアニメ143話感想】遊矢を鼓舞する為に不動を捨てる権現坂!THE男前!!

『遊戯王ARC-V』142話より画像引用 ©高橋和樹スタジオ・ダ

【議題】「マスタールール4:新ルール《リンク召喚》についてどう思いますか?」直球!!

「マスタールール4」や「リンク召喚」については一つ前の記事をご

【マスタールール4:新ルール・リンク召喚について】エクストラモンスターを大量展開する事が難しくなります

新召喚とかルール変更とかそんなチャチなもんじゃあ断じてねぇ もっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑