【竜騎士ブラック・マジシャンの使い方・効果考察】永遠の魂を守る守護騎士。《竜魔導の守護者》で融合召喚を徹底サポート!

公開日: : モンスターカード(融合)

昨日は《竜魔導の守護者》の効果記事で、今日は《竜騎士ブラック・マジシャン》の記事。何だか毎日「師匠」関連の記事をUPしてる気がするけど…たぶん気のせい(という事にしておこう)。

《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》から続くドラゴン族との融合体第二弾! 今度のティマイオスは《ブラック・マジシャン》の命(永遠の魂)を守ります。

SPONSORED LINK

竜騎士ブラック・マジシャン

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ブラック・マジシャン」として扱う。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

自分フィールドの魔法・罠を鉄壁にする
  • ブルーアイズに並ぶ高ステータスを得た師匠!
  • 自分フィールドの魔法・罠を相手の効果対象・破壊から守る!
  • シンプルな性能ながら現在のブラマジデッキとのベストマッチ感は半端ねぇです。
相変わらずの乗っただけ融合(でもそれが良い)
  •  ティマイオス絡みの融合体は安定の乗っただけ融合
  • でも《呪符竜》からは確実に進化してる(鎧差分)。
  • 騎士バージョンの師匠かっこいいのでフィギュア化して欲しい…。

《黒の魔導陣》や《永遠の魂》を守ります!

《黒の魔導陣》
永続魔法
「黒の魔導陣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。その中に「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カードまたは「ブラック・マジシャン」があった場合、その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

《竜騎士ブラック・マジシャン》の役割は自分の場にある《黒の魔導陣》《永遠の魂》の守護

【ブラマジデッキ】にとってこの二枚は、生命線の名に相応しいカードなのでとても嬉しい(ブラマジ使い感)。

勿論、自分の場に存在する魔法・罠ならば《黒の魔導陣》《永遠の魂》に限らず守護するので、フィールド魔法・永続魔法・永続罠を多用する構築なら不変なく活躍してくれるはずです。

墓地でも「ブラック・マジシャン」として扱うことの強さ(永遠の魂対応)

《永遠の魂》
永続罠
「永遠の魂」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下から1つを選択してこの効果を発動できる。
●自分の手札・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。
●デッキから「黒・魔・導」または「千本ナイフ」1枚を手札に加える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

墓地で「ブラック・マジシャン」として扱う。

これは《守護神官マハード》や《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》に足りなかった最後のピース。

この効果があるおかげで、《竜騎士ブラック・マジシャン》は《永遠の魂》で蘇生する事が出来るし②効果による耐性の恩恵も受けられるのだ!(お互いに守り合う関係)

《竜騎士ブラック・マジシャン》の魔法・罠守護効果は永続効果ですし、相手の破壊効果発動にチェーンして墓地の《竜騎士ブラック・マジシャン》を蘇生して守護!みたいな事も出来ますね。

まぁ、何より打点が3000あるってのが純粋にデカイです。《見習い》ちゃんのサポートがあるとは言え、打点不足は師匠デッキ永遠の課題ですから。

あと、墓地に師匠を複数体ためやすくなったという事で、フィールド・墓地の「ブラック・マジシャン」(ガール)を参照する《黒魔道強化》も多少扱い易くなる事でしょう。

《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》と素材は同じ

《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2900/守2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
このカードは上記カードを融合素材にした融合召喚
または「ティマイオスの眼」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分・相手の墓地の魔法カードを任意の数だけ対象として発動する。そのカードを除外し、このカードの攻撃力はその除外したカードの数×100アップする。
(2):このカードが破壊された場合、自分の墓地の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。その魔法使い族モンスターを特殊召喚する。

《竜騎士ブラック・マジシャン》を使うなら、併せて使いたいのがコチラのカード。

《竜騎士ブラック・マジシャン》と比較すると少し見劣る部分もありますが、墓地の魔法カードを任意の枚数除外して打点を上げるという動きは結構器用なので見所はあります。

素材が同じなのでエクストラに一枚忍べておけば思わぬシーンで活躍してくれるかもしれませんね。

《トポロジック・トゥリスバエナ》が怖すぎる

対象をとる効果や破壊にはめっぽう強くなる《竜騎士ブラック・マジシャン》ですが、対象をとらない除外やバウンス効果は言うまでもなく苦手。

汎用素材で簡単に出てきて魔法・罠を全除外する《トポロジック・トゥリスバエナ》という名の化け物が怖い!

まぁ、《永遠の魂》+《竜騎士ブラック・マジシャン》の場ができてるのであれば、《黒の魔導陣》も展開できてそうですし一矢報いる事はできそうだが…(怖いものは怖い)。

強力かつ豊富なサポートカードの数々

ここでは《竜騎士ブラック・マジシャン》を展開する為のサポートの数々をご紹介。やっぱり《竜魔導の守護者》が最新カードという事もあってホットです。

 竜騎士ブラック・マジシャンサポート
《竜魔導の守護者》
《ティマイオスの眼》
  •  フィールドの「ブラック・マジシャン」を華麗に進化させる
  • 最大の強みはその派生先の多さ。超強力な《 超魔導剣士-ブラック・パラディン 》も選択肢に上がってくる
  • サーチが利かないのと小回りが利かないことが最大の弱点
  • 逆転するカードではなく勝ちを盤石にするカード

《龍の鏡》
  • 何気にドラゴン族融合モンスターなので《龍の鏡》対応
  • 師匠を使って《始祖竜ワイアーム》を出すという選択肢も出て来る

白き霊龍に泣かされたあの日にサヨナラバイバイ

発売前という事で、さらっとあっさりと記事にしてみました。

《竜騎士ブラック・マジシャン》が我が手中に来れば、《白き霊龍》に泣かされたあの日と決別できる(;^ω^)

『レアリティ・コレクション2』の発売まであと2日。楽しみ過ぎます…。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. アジャラシ より:

    攻めの呪符竜、とりあえずたてとけの竜騎士という印象
    でも呪符竜は既存の師匠デッキには入りにくいので竜騎士のお陰でティマイオスを入れる意義が増したと言えますね!

    • cast より:

      ですねぇ~ ティマイオスも良いカードなので積極的に使っていきたいです。

  2. 親切なおじさん より:

    1ターン目に竜騎士魔導陣魂の陣形が組めればいいんですがいかんせん必要になるカードが多くて大変ですね
    ティマイオスのサーチ手段が少ないのが辛いところです
    ただ一度だせば除外等で処理されない限り場持ちというか反復横跳びが得意なので今後さらにスムーズに出せれば強くなって行けると信じてます

    • 親切なおじさん より:

      あとここに来て1ターン目からサーチしやすく場に出しやすいプリズマーが嬉しい存在になって来ました
      墓地にブラマジをちゃんと供給できるのもグッドです

    • cast より:

      手早く出してガッチリガード!
      竜騎士は攻めと守りを同時にこなす良カードって感じですね。

  3. ぶっきー より:

    改めて遊戯風味デッキを作りたくなりますね。
    管理人さんは遊戯デッキというよりも、ブラマジデッキ派でしょうか?

  4. 匿名 より:

    魂対象チェーン竜騎士がホント良い動き
    とりあえず何とかして先攻で出しておきたい

    • cast より:

      サーチが利かないので結構大変そうですが、ドローカード大量投入で頑張りたい。

  5. 絶剣 より:

    ティマイオスか守護者どちらかを採用するかによって構築が大分変わりますよね
    前者はメインデッキの枠を取らない上に増Gによる被害も少ないけど、いかんせん展開が遅く安定しない
    後者は融合カードも含めるとメインデッキの枠を使う上に増Gによる被害も大きいけど、展開力と安定性なら圧倒的にこちらの方が上で素の打点も1800と高く☆4なのでランク4にも繋げられる
    守護者を採用する場合は召喚師のスキルも採用した方が良いかも

  6. 匿名 より:

    再放送も丁度ドーマ編なだけにこのタイミングは実に熱い……確保できるといいなぁ

  7. 匿名 より:

    ブラマジだと結局守護者もサーチできないので素の安定性を考えてティマイオスを選んだ方がいいような気もします
    制圧の布陣に必要なパーツが多くて安定性があまり高くないブラマジにとって腐る札が少しでも増えてしまうのはあまり良くないですから…

    • cast より:

      守護竜のサーチが難しいってのが確かに最大の問題ですね。事故る時は事故るからなぁ…。
      チキレとか成金等ドロソガン積み構成かなぁ?

  8. j より:

    永遠の魂、ディメンションガーディアン、竜騎士ブラックマジシャンの極悪コンボ

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

《星屑の願い》効果考察:《スターダスト・ドラゴン》や《スターダスト・ウォリアー》の隙を埋める一枚!

2018年12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリスト

《ファイアウォール・X・ドラゴン》効果考察:FWDの穴はトポロジックで埋める!いざ、脳筋へ!

1月改訂で禁止になる《ファイアウォール・ドラゴン》と、1月パック(

【D-HERO強化・新規カード効果考察】デッキ融合《フュージョン・デステニー》と《クロスガイ》の有能さがやばい!

『ダーク・ネオストーム』に収録される「D-HERO」強化を見て、色

【ダーク・ネオストーム新カード】空牙団・魔妖・魔弾・天気・魔神儀新規!

▲魔妖新規ありがてぇ… 1月12日発売、『ダーク・ネオストーム(

【ダーク・ネオストーム新カード】《D-HEROドミネイトガイ》《超量士ホワイトレイヤー》更なるD-HERO強化!超量新規来る!

▲君は覚えているか?あの英雄たちの名を 1月12日発売、『ダーク

【D-HERO強化】《フュージョン・デステニー》《D-HEROドローガイ》判明!D-END捗る!

▲デメリットとは!? 1月12日発売、『ダーク・ネオストーム(D

【ダーク・ネオストーム新カード】夢幻転星イドリース、 星遺物の守護竜メロダーク等公開!

▲また変化してるよぉ… 1月12日発売、『ダーク・ネオストーム(

【ダーク・ネオストーム収録】ファイアウォール・X・ドラゴン、転生炎獣の再起など複数公開!

▲俺、参上! 1月12日発売、『ダーク・ネオストーム(DARK

→もっと見る

PAGE TOP ↑