SPONSORED LINK

ブンボーグ001(ゼロゼロワン)

チューナー・効果モンスター 星1/地属性/機械族/攻 500/守 500

(1):このカードの攻撃力・守備力は、 自分フィールドの機械族モンスターの数×500アップする。 (2):このカードが墓地に存在し、 フィールドに機械族モンスターが2体以上同時に特殊召喚された場合に発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。

突如現れたブンボーグシリーズ、その実力

フィールドに機械族モンスターが二体同時に特殊召喚された場合に墓地から舞い戻ってくる「001」、自身がチューナーである事によりシンクロ召喚に繋げる事が可能である。例えば、ドラゴサックの幻獣機トークンを生み出す効果を発動すれば、【3+1】でレベル4シンクロか【3+3+1】でレベル7シンクロが成立する。(※幻獣機トークンはレベル3)
他にも、「レスキューラビット」からの「メカハンター」2体特殊召喚や
ギアギアギア、地獄の暴走召喚を使って条件を満たす事も可能である。特に「レスキューラビット」による同時特殊召喚ならば、【4+4+1】による「氷結界の龍トリシューラ」や「ミスト・ウォーム」などの非常に強力なレベル9シンクロモンスターや打点を優先したいなら「鬼岩城」なんかも面白いかもしれない。

後方支援なら俺に任せろ!「ブンボーグ002」

DSCF0563

効果モンスター星2/地属性/機械族/攻 500/守 500

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ブンボーグ」カード1枚を手札に加える。 (2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 このカード以外の自分フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。


 

DSCF0567

機械複製術

通常魔法 自分フィールド上に表側表示で存在する 攻撃力500以下の機械族モンスター1体を選択して発動する。 選択したモンスターと同名モンスターを2体まで自分のデッキから特殊召喚する。


 

「NECH」で登場した第二のブンボーグ。モンスターゾーンに存在するだけで、自身以外の自分フィールド機械族モンスターの攻撃力を500もアップさせる頼れる奴!しかし、特筆すべきは特殊召喚時の効果である、なんと特殊召喚された場合にデッキからブンボーグをサーチ可能なのである。自身が機械族伝家の宝刀である「機械複製術」に対応しているために複数特殊召喚自体は非常に容易、墓地に「001」が存在するのならば「002」を3体と「001」を1体並べつつ、デッキから「001」を二枚サーチするという暴アド状態!なおかつその時の「001」の攻撃力は4000、そこからシンクロやランク2など選択肢も豊富なので柔軟に対応できるのが非常におもしろい。

おそらく「009」まで登場するはず!?なのでサーチ内蔵の「002」の仕事はドンドン増えていくはず!これからも「ブンボーグ」シリーズからは目が離せそうにない・・・。(「001」がレベル1、「002」がレベル2という事は「003」はレベル3??)

関連記事:「ブンボーグ」シリーズの効果・デッキについて考える!

SPONSORED LINK

関連記事

コメントを残す

【トリックスター・キャロベイン付録「Vジャンプ2月特大号」発売日】付属カード・漫画感想・管理人のゲーム小話等

〈悟空、ルフィ、PMの表紙が目印〉 本日は「Vジャンプ2月特大号

【鉄騎龍ティアマトン効果考察】三枚以上にご用心!手札誘発の生きてる《爆導索》!

『フレイムズ・オブ・デストラクション』に収録される《鉄騎龍ティ

【遊戯王デュエルリンクス】カードトレーダーに《ミラクル・コンタクト》《ディシジョンガイ》等が追加!〈プチ解説〉

カード交換システム「カードトレーダー」に新たなカードが入荷した

【プレイマット保管用100均の賞状入れ改造計画】デザイン用シートを貼っただけ【カードサプライの軌跡】

関連記事: 【カードサプライの軌跡】プレイマットの保管・持ち運

【新たな良き力《トポロジック・トゥリスバエナ》効果考察】相手が使用するEXモンスターゾーン前に展開すると…

1月13日発売『フレイムズ・オブ・デストラクション』には、昨日

【Vジャンプ3月号付録《E・HEROソリッドマン》効果予想】展開をサポートするって事らしいけど

『Vジャンプ3月特大号』に付属する事が判明した《E・HEROソ

【 公式レシピ】《パーペチュアルキングデーモン》採用型「三幻神」デッキ!《エッジインプ・シザー》が生命線!

《パーペチュアルキングデーモン》を使用した「三幻神」+「デーモン」

【コード・トーカー特集】《デコード・トーカー》から始まった謎多きサイバースリンクモンスター【パワーコード・トーカー追記】

《デコード・トーカー》から始まりし謎多きサイバースリンクモンス

→もっと見る

PAGE TOP ↑