「儀式魔人リリーサー」 結構勘違いされがちな、効果について。

ブウ
意外と間違えやすい『儀式魔人』の効果処理。

《ネクロス》で使用頻度も増えてきているので、再確認しておこう!

SPONSORED LINK

儀式魔人リリーサー

DSCF1783

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1200/守2000
(1):儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、 墓地のこのカードを除外できる。
(2):このカードを使用して儀式召喚したプレイヤーから見て相手は、 儀式召喚したそのモンスターがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、 モンスターを特殊召喚できない。

最新フォーマットだとこういう表記になっているのですが、【アドバンスド・トーナメントパック2014 Vol.2】で再録した為、持っていない人も多いので再確認。

墓地から除外せずとも、手札からでも(2)の効果は適応される。

通常通りに手札から儀式召喚のリリースに使用しても、(2)の効果は適応される!

レベル分のモンスター1体は、あくまで自身のレベル

除外して儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体というのは「儀式魔人リリーサー」のレベルである、稀にだが、この部分を好きなレベル分肩代わりできると勘違いしている人がいるので注意しよう!確かにちょっと分かり難い書き方かもしれない…。

DSCF1307

”影霊衣(ネクロス)の術士シュリット”はきちんと「このカード1枚で儀式召喚に必要なレベル分のリリースとして使用できる。」と表記されています。

スキルドレイン下でも効果は適応される

DSCF1228

あくまで「リリーサー」の効果であって、儀式召喚された『儀式モンスター』がこの効果を持っているわけではないので、「スキルドレイン」などの効果無効系カードでは無効化できない。

コントロールが変わったとしても、特殊召喚出来ないプレイヤーは変わらない。

DSCF0954

ここで昔の「リリーサー」のテキストを見てもらいたい。

儀式モンスターの儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター一体として、墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事ができる。このカードを儀式召喚に使用した儀式モンスターがフィールド上に表側で存在する限り、相手はモンスターを特殊召喚する事ができない。

この書き方だと、コントロール奪取された時に特殊召喚制限を受けるプレイヤーが変更されそうじゃありませんか?
最新フォーマット版だと「儀式召喚したプレイヤーから見て相手」と明確化されているのでずいぶん分かりやすくなりました。

まとめ

使われると非常に厄介ですが、【儀式デッキ】を使用する際には非常に強力な武器になります。相手に与えるプレッシャーも大きいカードなので、使用する際には丁寧に相手に説明できるように、あらかじめ理解度を上げておくのは大切な事です。(楽しくデュエルする為にもね..。)

最近だと《ネクロス》で使用される為、対処方法として「皆既日食の書」や「月の書」などの裏返す系のカードが多く採用されているみたいですね~。

Amazon:儀式魔人リリーサー

SPONSORED LINK

関連記事

コメントを残す

【墓地からモンスターを特殊召喚!オススメ汎用蘇生カード特集】死者蘇生・ソルチヤ・リビデなど

やったつもりになってるだけで実はやってないって事って多いよね!

【遊戯王.JPにて《魔弾の悪魔ザミエル》が公開されました】発動した「魔弾」の数だけドローってやばそう

「遊☆戯☆王」公式情報サイト『遊☆戯☆王.jp』にて、2017

【超電磁タートルや速攻のかかしと《拮抗勝負》は併用できます】バトルフェイズ終了系効果の処理についてのお話

関連記事:【裏側除外《拮抗勝負》は本当に強いのか?】 昨

【トーナメントパックにて《サイバーダーク・インパクト!》再録決定】融合召喚扱いとしてのテキストが消えた日

〈俺は非対応だけどサーチできるから便利になったぜ!〉 公式Twi

【《魔弾の射手カスパール》に心躍る】速攻魔法・罠を手札から発動できる悪魔族テーマ!

《魔弾の射手カスパール》以外のモンスター・肝心な「魔弾」魔法・

【裏側除外《拮抗勝負》は本当に強いのか?】手札からも発動可能なのが良いですねぇ!!

公式twitterにて公開された新カード《拮抗勝負》について。

【遊戯王ヴレインズ第7話感想】トリックスターハルシネーションなど新規カード多数登場!一番近くにあって一番遠い存在…

アニメ遊戯王VRAINSより引用 〈ブルーエンジェルの髪型は子供

【今日はVジャンプの発売日(2017/8月号)付録はV-LANヒドラ】漫画アークファイブ・ソウラ・犬マユゲ感想など

本日、2017/6/21日は『Vジャンプ8月特大号』の発売日!

→もっと見る

PAGE TOP ↑