【ネオスペース・コネクター効果考察】一枚からコンタクト融合、イゾルデリンク、ランク7エクシーズを可能にする!【ランク3エクシーズ追記】

公開日: : モンスターカード

明らかに強すぎる一枚として話題沸騰中の《ネオスペース・コネクター》の効果考察記事です。

【コンタクト融合】を強化する目的のついでに【リンク召喚(イゾルデルート)】や【ランク7エクシーズ】を可能にしてしまったヤベェ奴。

コンタクト強化を喜ぶ声と、リンクでの悪用を危惧する声が、入り混じってそこら中に木霊する!

話題のカード…《ネオスペース・コネクター》に注目です。

SPONSORED LINK

ネオスペース・コネクター

《ネオスペース・コネクター》
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 800/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから「N」モンスターまたは「E・HERO ネオス」1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードをリリースし、自分の墓地の、
「N」モンスターまたは「E・HERO ネオス」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

《ネオスペース・コネクター》で特殊召喚可能な「N」モンスター 一覧

  • 《N・フレア・スカラベ》
    守備表示特殊召喚では打点アップの効果はうまく活かしきれない。《E・HERO フレア・ネオス》《E・HERO マグマ・ネオス》へとつながる逸材。
  • 《N・グラン・モール》
    守備表示特殊召喚なのでバウンス効果は活かし辛い。しかし、残せば自ターン壁として機能する可能性はある。《E・HERO グラン・ネオス》《E・HERO マグマ・ネオス》《Elemental HERO Nebula Neos》へとつながる逸材。
  • 《N・ブラック・パンサー》
    名前&効果コピーは状況次第で活用可能。《E・HERO ブラック・ネオス》《E・HERO カオス・ネオス》《Elemental HERO Nebula Neos》へとつながる逸材。
  • 《N・グロー・モス》
    戦闘を介する効果なので効果まで見るのは結構辛い。《E・HERO グロー・ネオス》《E・HERO カオス・ネオス》へとつながる逸材。
  • 《N・エア・ハミングバード》
    先行1ターン目で使うと回復期待値はかなり高め。《E・HERO エアー・ネオス》《E・HERO ストーム・ネオス》へとつなる逸材。
  • 《N・アクア・ドルフィン》
    1:1の手札破壊狙いピーピングが可能。戦士族なので《イゾルデ》へのリンクも視野。《E・HERO アクア・ネオス》《E・HERO ストーム・ネオス》につながる逸材。

召喚するだけでコンタクト融合を成立させる凄いカード

遊戯王カード TRC1-JP003 E・HERO ネオス エクストラシークレットレア 遊戯王アーク・ファイブ [THE RARITY COLLECTION]

墓地に「N」モンスターがいる時はデッキから「ネオス」を特殊召喚。墓地に「ネオス」がいる時はデッキから「N」モンスターを特殊召喚。そして、墓地から足りない方を供給する…。

…この動きが通るだけで、今まで超大変だった【コンタクト融合】が成立するという事実ッ!

【コンタクト融合】はシステム的に難しい事もあり、そう簡単には強化できないと今まで散々言われ続けてきましたが、たった一枚のカードが色んなものをぶっ壊してくれちゃいました。

「凄い……。良い意味でも悪い意味でも…本当に凄いとしか言いようがありません。」

墓地に「ネオス」がいればランク7も一枚で立つ!

No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク シークレットレア 遊戯王 レアリティコレクション 20th rc02-jp030

【コンタクト融合】や【リンク召喚】の展開し易さに注目が集まっていますが、墓地に《E・HEROネオス》が落ちている状況ならば【ランク7エクシーズ】も成立します。

デッキに二体の「ネオス」を採用する必要がありますが、召喚するだけで【ランク7エクシーズ】が成立するのは、その後の展開( 《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》 を見ながら)を考慮するとかなり強力と言えます。

追記:墓地に「N」がいれば【ランク3】も成立

遊戯王OCG M.X-セイバー インヴォーカー ノーマルパラレル AT16-JP001-P

【ランク7エクシーズ】よりも優先して書くべきだったのに、すっかり失念していました。…申し訳ない。

墓地に「N」モンスターが落ちていれば、【ランク7エクシーズ】とほぼ同様の手順で【ランク3エクシーズ】に繋げる事が可能です。

墓地状況次第では属性を揃える事も可能なので、属性縛りを持つ【ランク3エクシーズ】なんかも狙えなくはない感じですね!

《アクア・ドルフィン》リクルートからの《イゾルデ》ルート不可避

遊戯王/聖騎士の追想 イゾルデ(シークレットレア)/LINK VRAINS PACK

《ネオスペース・コネクター》は戦士族、リクルート可能な「N」モンスターである《N・アクア・ドルフィン》も戦士族…これが導き出す答えは…。

《ネオスペース・コネクター》で《N・アクア・ドルフィン》をリクルートしながら、《N・アクア・ドルフィン》の効果を発動しつつ、《聖騎士の追想イゾルデ》を【リンク召喚】(確信)。

ただでさえ近年再評価されていた《N・アクア・ドルフィン》が更なる境地に達しようとしている…。

まぁでも、手札誘発持ってたら《ネオスペース・コネクター》の効果発動にチェーンしてくるのが自然ですし、《N・アクア・ドルフィン》で手札破壊できるシーンは結構限られている気がしますね。(まぁ、それ抜きにしても強いんですけどね…)。

「ネオスペーシアン」や「ネオス」サポートが格段に使いやすく!

遊戯王/第5期/5弾/TAEV-JP049 NEX

「N」モンスターや「ネオス」を容易に展開可能になったという事で、今まで一癖も二癖もあった「N」サポート、「ネオス」サポート(バニラサポートを含む)が格段に使いやすくなりました。

任意の「N」モンスターをフィールドに展開出来るので、《NEX(ネオスペーシアンエクステント)》とかスゲェ使いやすくなるはず!

《ネオス・フュージョン》等、他の新規カードもチェック!

【E・HEROコスモ・ネオス等「HERO」カード大量公開】ネオスデッキ融合来ちゃった!【サベージ・ストライク】

怒涛の「HERO」プッシュ(特にネオス)…凄まじいです。ワクワクを思い出せそうです…。

出張は避けられないが…コンタクト融合が強化されるのは紛れもない事実!

カード紹介記事で実施したアンケートでは、「強い!」を選ぶ人が圧倒的に多い結果となっています(まだまだ受付中)。

コメントの傾向としては、『イゾルデが禁止されそう』『まさに「N」と「ネオス」をつなぐコネクター』『ネビュラネオスかもん!』『このカードとイルカあたりが出張パーツになる未来しか見えねぇ。』等々、不安と期待がハーフハーフでガッチャンコ!って感じでした。

たぶん悪用されるけど……愛するテーマが強化されるのもまた事実!

良くも悪くも話題のカードになりそうですね…。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SAVAGE STRIKE BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-10-13)
売り上げランキング: 33
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. とある保護者 より:

    見ないうちに背景がオシャレになってる!?
    いやー、ネオスペーシアン強化でとても嬉しい保護者です。構築次第でリンクも行けると聞いて、E・HEROにドライバーとイゾルデ以外でどのリンクを採用するか迷ってるので何がオススメなのか教えてくださいcastさん!

    • cast より:

      お久しぶりですなぁ~
      ドライバーとイゾルデ以外の選択肢…ちょっと最近大変なので出来そうならガンバリマスw

  2. ラララ より:

    あとは【N】には何が必要なんでしょうか?
    たくさんありすぎてまとまらない感想

    • 匿名 より:

      サーチやネオスに耐性を付与できるようなカードですかね?
      サーチの方に制約を付けていれば出張もしにくくて丁度いいのではないかなぁと

      • 荒くれナンバーズ より:

        摩天楼2 みたく ネオスペース2みたいな感じでのフィールド魔法を出してほしい・・・

    • cast より:

      まさかこの後 怒涛の強化が発表されるとは…

  3. ドラゴン大好き より:

    ランク7を出すにはネオス落とさなければいけないし、ネオス2枚入れる必要あるので出張されるかなぁ…?という印象 ですね。
    イゾルデには使われそうですが。せめてサーチカードも作るのだったらそっちには融合召喚以外特殊できないくらいつけてください…。サモソに続いてイゾルデまで規制されると辛い…

    • cast より:

      出張は流石に無いでしょうねぇ ネオスで使われるかも知れない…って所でしょうか?

  4. 匿名 より:

    融合orHEROモンスターのみ出せるように出来ないのかね
    色々組み合わせられるのがいいんだろうけどここまで悪用と巻き添え規制が多いと
    イゾルデ出すついでににイルカで誘発叩けるのは危険な気がする

  5. 匿名 より:

    墓地にキモイルカ落とせるかハンドにコケコッコかデストルドーかベイゴマックスか緊テレいればインヴォーカ挟めるのでハンデスピーピングしつつエクストラリンクはいけそうですね
    正直これいれて剛鬼率低くすると事故率上がっちゃいそうな気がします ハンデスピーピングは強いんですけど事故率あげてでも採用するカードなのか?ってのは疑問ですね
    ギャラクシートマホーク使うにしてもそもそも墓地にネオス安定して落とせないよねってのがありますし

  6. 匿名 より:

    悪用されそうとそこかしこで言われていますがむしろHEROに頼らずともマーカー確保出来るように意図的に縛り外されたんじゃないですかね
    勿論それで規制されたら本末転倒ですけど
    あとはNEX先の新規を下さい(来ない)

  7. 匿名 より:

    昔の俺にアクアドルフィンが世界大会でたなんて言っても絶対信用しないだろうな・・・

    リンク召喚恐るべし

  8. H.T より:

    今月、E・HERO(初期+ネオス)+芝刈りのデッキを組んだ身としては嬉しすぎる。芝刈りも規制された直後なので、特に。

  9. ブリザード・ファルコナー より:

    あれ、コイツってレベル3を2体並べられるの?
    トーテムバード、メリアスの木霊、ゴルゴニックガーディアン、ケルビーニ
    アカンくない?

  10. 匿名 より:

    サーチ効かない代わりに二箇所からの特殊召喚でケアしてるので現状はコネクター3.ネオス2.【N】3以上の構築でないと機能しにくい感じがします。
    OPに見えて実際はHEROに頼らないN構築専用カード位で済みそう。

    【N】起動-エンゲージが来た場合は・・・・

  11. 匿名 より:

    アライブでプリズマーやヴァイオンからネオスを墓地に落とし、こいつを召喚すればもはや大宇宙
    アライブ規制はこのためだったのでは?

  12. 青眼好き より:

    キモイルカ共々イゾルデ立てるパーツにされてHEROがさらなる憂き目に会いそうで心配

  13. 匿名 より:

    ランク7のほうはネオス2枚採用した上で一枚墓地一枚デッキにないとうまくいかないから出張させてまでって感じだけど
    キモイルカでハンデスしながらイゾルデはあまりにも危険な気がします。

  14. キュウリ より:

    事故率高めだった【コンタクト融合】に突如ネオスペースからやって来た10期のパワーカード
    2種類の特殊召喚効果でコンタクト融合を強力にバックアップするが、特に制限が無い為、出張先で悪さをする可能性の方が気になる
    ネビュラネオスと言い、このカードと言い、ネオスペースでは何が起こっているのか

  15. ネテルヒトー より:

    強い(確信)!!!!!。

  16. チバラギ より:

    こいつや元ネタのネオスペース・コンダクターって一体何者なんだ?ウルトラマン関連でウルトラマンを呼び出すウルトラマンに似た存在とかあんの??

    • cast より:

      ウルトラマンはそこまで詳しくないので、友人(ウルトラマン詳しい)に聞いてみます。

  17. 匿名 より:

    「この効果で特殊召喚したモンスターは融合モンスターの素材にしか使用できない」の一文さえあれば…

    ネオス使いとして嬉しい強化ではあるのですが、悪用され、ヘイトを集め、規制されては本末転倒
    いつもほんのちょっとさじ加減を誤る制作部、困ったもんです

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑