【ホワイトローズ・ドラゴンの効果が判明】レッドローズ・ドラゴンに記されし《冷薔薇の抱香》《漆黒の薔薇の開幕》とはいったい!?

公開日: : 遊☆戯☆王.JP公開新カード情報

《ホワイトローズ・ドラゴン》の効果が「YU-GI-OH.JP」にて公開されました。

また、同時公開された「Vジャンプチャンネル」動画内にて、《レッドローズ・ドラゴン》の効果も公開されたので、そちらの効果も合わせてご紹介します。

SPONSORED LINK

ホワイトローズ・ドラゴン(Vジャンプ12月付録)

《ホワイトローズ・ドラゴン》
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにドラゴン族または植物族のチューナーが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚に成功した時に発動できる。自分の手札・墓地から「ホワイトローズ・ドラゴン」以外の「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル4以上の植物族モンスター1体を墓地へ送る。

 

注目ポイント
  • ドラゴン族・植物族チューナーを参照したセルフSS効果
  • 召喚誘発による手札・墓地からの「ローズ・ドラゴン」特殊召効果
  • S素材になる事でデッキからレベル4以上の植物族を墓地へ

 

まさかのセルフSS&墓地・手札からのSS対応という予想以上の効果でした。

召喚成功時のみなので①でSSして②に繋げるという事は出来ませんが、状況に応じて①と②を使い分けていく形になりそうですね。

③効果の植物族墓地肥やし効果は、《ブルーローズ》や《ブラック・ローズ》を強く意識した効果になっています。

レッドローズ・ドラゴン

《レッドローズ・ドラゴン》
効果モンスター・チューナー
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1000/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。手札・デッキから「レッドローズ・ドラゴン」以外の「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。このカードが「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合には、さらに「冷薔薇の抱香」または「漆黒の薔薇の開幕」1枚をデッキから手札に加える事ができる。

 

注目ポイント
  • S素材になると手札・デッキから「ローズ・ドラゴン」モンスターをSS
  • 更に「ブラック・ローズ・ドラゴン」or植物族Sの素材に使われると二種類の謎のカードをサーチできる

 

とりあえず「冷薔薇の抱香」または「漆黒の薔薇の開幕」という二枚のカードが気になりますが、今回の情報公開ではそれらは伏せられていました。

①効果による特殊召喚によって起こるコンボについては下の項目で詳しく解説します。

《ホワイトローズ》と《レッドローズ》によるシンクロコンボ

動画でも解説されていますが、《ホワイトローズ・ドラゴン》と《レッドローズ・ドラゴン》でシンクロした場合、奇跡の「ローズ・ドラゴン」コンボが発生します。

管理人は破壊耐性を付与する事で《ブラック・ローズ・ドラゴン》を活かす効果を予想していましたが、その予想をはるかに超える面白いシナジーでしたね。…流石です。

ローズ・ドラゴンSコンボ
  1. 《ホワイトローズ》と《レッドローズ》で《ブラック・ローズ・ドラゴン》をS召喚
  2. 《ブラック・ローズ・ドラゴン》の①効果をチェーン1で発動
  3. 《ホワイトローズ・ドラゴン》の③効果をチェーン2で発動
  4. 《レッドローズ・ドラゴン》の①効果をチェーン3で発動(以下逆順処理)
  5. 《レッドローズ・ドラゴン》で《ブルーローズ・ドラゴン》を特殊召喚&「冷薔薇の抱香」または「漆黒の薔薇の開幕」をサーチ
  6. 《ホワイトローズ・ドラゴン》でデッキからレベル4以上の植物族モンスターを墓地へ
  7. 《ブラック・ローズ・ドラゴン》の①効果で盤面崩壊!(ブルーローズ巻き込まれる)
  8. 《ブルーローズ》が破壊されたことで効果発動。墓地の《ブラック・ローズ・ドラゴン》または植物族モンスターを特殊召喚。

 

墓地に植物族が落ちているので《ブラック・ローズ・ドラゴン》の②効果の除外も確保できてますし、状況次第では《ブラック・ローズ・ドラゴン》以外の植物族モンスターを選択できるというのが非常に面白いです。

新規だけじゃなく《ブルーローズ・ドラゴン》もきっちり流れに組み込んでいるのが素敵ですね。

 ちなみに管理人の効果予想はこんな感じでした…。

【ホワイトローズ・ドラゴン効果予想】ドラゴンと植物族にまたがるサポートカード!?

《ホワイトローズ・ドラゴン》
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1200
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地のレベル4以下の植物族・ドラゴン族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 

《レッドローズ・ドラゴン》
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻800/守600
自分フィールド上に「ローズ・ドラゴン」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
(1):フィールドのこのカードを素材としてシンクロ召喚に成功したモンスターはこのターン効果で破壊されない。
(2):墓地のこのカードが、ドラゴン族または植物族の効果を発動するために除外された場合、または効果で除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

惜しいような惜しくないような微妙なライン…(笑)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. H.T より:

    《月華竜 ブラック・ローズ》は範囲外か…。
    ドラゴン族のリンク素材にも使えそうですね。

  2. RUMロマンス より:

    ルビはそれぞれ、「アイスローズフレグランス」「ブラックローズブルーム」ですねきっと(願望)

  3. 匿名 より:

    やったアロマージ新規(笑)だ( ^ω^ )

  4. 匿名 より:

    やはり/バスターとセイヴァーは来ない!

  5. ラララ より:

    ブルー+Vジャンプの付録を入れて5種類かな?ローズ・ドラゴン……
    数が少ない分、まとまっていればいいけれど……

  6. 匿名 より:

    想像を越える強さと可能性の塊じゃないですか。これは次回のデュエリストパックには期待大!
    是非ともこのカードの開発者の方にアンチホープと希望の魔術師を作り直して頂きたいものです。同じ方だったらアポリアに負けないくらいに絶望します。

  7. 匿名 より:

    Vジャンプ付録は当たり外れの落差が凄まじいですが、今回はカテゴリ化されたローズ・ドラゴン達をしっかりと繋げる良き力具合
    あとはDPの方で墓地に落としてうま味のあるレベル4以上の植物族新規が出れば…

  8. 匿名 より:

    レッドローズはブラックローズ指定なら月華竜も採用できたんですけどね。そこだけ惜しいようなこれでいいような。

  9. cast より:

    爆発に巻き込んで蘇生に繋げるの素晴らしい!
    月華竜の件は少し残念ですが、致し方なしか!?

  10. 武内リボルバーP より:

    青赤白のローズ・ドラゴンたちは
    ゲートウェイ・ドラゴンに対応しており
    ツイン・トライアングル・ドラゴンの素材にもなれるため
    ヴァレットデッキへの採用も面白いかもしれませんね

    ドラゴラド再録とホワイトローズ・ドラゴンは
    闇属性レベル4バニラチューナーの
    ドラゴン登場のフラグと信じたい今日この頃です

  11. 武内リボルバーP より:

    それと やや微妙ではありますが
    竜の霊廟でバックグランド・ドラゴンを墓地に落とし
    手札のレッドローズとシンクロ召喚の準備を整える事も可能ですね

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑