【サイバース・コンバーターは地味だが面白い】トークン・混ぜ物・エクストラモンスターをサイバースに変換しよう

公開日: : 遊☆戯☆王.JP公開新カード情報

『遊☆戯☆王.JP』にてVジャンプ9月特大号付録《サイバース・コンバーター》の画像・効果詳細が公開されました。

手札からの特殊召喚要員は《バックアップ・セクレタリー》ちゃんがいるし、特殊召喚すると召喚効果使えないし微妙じゃね?とも思ったのですが、よくよく考えると結構色々使い道がありそうな事に気づきました。

確かにすこぶる地味だけど大丈夫。使い道はきちんとあるぞ!

ソース:Vジャンプ9月特大号付録カード

SPONSORED LINK

サイバース・コンバーター

カードの詳細画像・効果についてはソース元でご確認下さい。

自分フィールドがサイバース族のみなら特殊召喚OK

《バックアップ・セクレタリー》はサイバース族がいれば特殊召喚OK、《サイバース・コンバーター》はサイバース族のみならば特殊召喚OK…アレッ!?

恐れくコレこそが《サイバース・コンバーター》に対する最大の不満点。

ノーマルカードでこれだけ緩いSS条件なのにウルトラかつ付録カードがそれに劣るってのは確かに気になります。

しかし、《バックアップ・セクレタリー》よりも優れている点もきちんとあります…。

《サイバース・ガジェット》対応のレベル2

《バックアップ・セクレタリー》はレベル3なので《サイバース・ガジェット》による釣り上げには対応していません。

その分、《サイバース・コンバーター》はレベル2なので楽々釣り上げてリンク召喚って動きが可能になる訳です。

彼のアイデンティティーを守る為にはコイツ以上に扱いやすいレベル2サイバース族が出てこない事を祈るしかない!(レベル2である事がもっとおいしくなるとかあると良いよね。)

自分フィールドのモンスター1体をサイバース族に変換する効果について

〈アニメだとブート・スタッガードを絡めて上手く使ってくれそう〉

召喚成功時に自場の表側モンスターをサイバース族に変換する効果についてですが、

これは主にデッキの混ぜ物カードとの間に調和をもたらしたり、トークンを無理やりサイバースに変換してサイバース縛りを乗り越えたり、エクストラモンスターゾーンに出したモンスターの種族をサイバースに変更して展開ルートを広げたりって所だと思います。

あと、サイバース族が自場にいる状態で《サイバース・コンバーター》を重ね引きした場合に1体目を召喚してサイバース族変換効果、二体目はSS効果でフィールドに展開!みたいな動きが出来るのが旨味かなぁ~と。(レアケースだとは思いますけど)

でも3枚は流石に必要ない気がしますね…

応募者全員サービスがあるので意図してカードパワーを下げてきたって可能性も…(邪推)

地味なカードではありますが、サイバースデッキなら役割を持てるはずなので、そこまで悪いカードではないですよ。

でも3枚は流石に使わなさそうですね。2枚くらいがベストな枚数な気がします(´・ω・`)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ここの より:

    サーチの効くDNA改造効果は貴重ですからね
    フォトンベール入りの【光サイバース】なら3枚入れそう

コメントを残す

【森の聖霊エーコについて考える】効果ダメージに対するメタカード!トリックスター対策に・・・

〈同じパックに入ってました。知名度は私の方が上だと思う。〉 皆さ

【インタラプト・レジスタンス効果考察】サイバネット・バックドアで手軽に握れる防御札!ゴーズの如く只今推参!

昨日、東京幕張メッセで行われた『ジャンプフェスタ2017』にて

【サイキック族モンスターカードランキング人気投票】アナタの好きを募集中!《今日で締め切り》

人気投票企画第4弾は、「サイキック族」大投票!! アナタ

【バイオ?スポーン?海外新規テーマ「Vendread」に心躍る!】アンデット儀式デッキって作るしかないんじゃ・・・

管理人がアンデット族大好きっ子なのは普段から「不知火」、「不知

【海外新テーマ「F.A.」からサイバーフォーミュラを感じる】加速度的にレベルを上げろ!!

海外版の『コード・オブ・ザ・デュエリスト』に収録される新テーマ

【エクストラパック2017収録カードまとめ】サブテラーにSPYRAL(スパイラル)以外の汎用にも注目集まる!

本記事は、2017/9/9日発売『エクストラパック2017』に

【デッキビルドパック-スピリット・ウォリアーズ収録カードまとめ】影六武・魔弾・天気が一気に来るぞ!

本記事では2017/8/11日発売『デッキビルドパック-スピリ

【同胞の絆が本格的に高騰しそうな予感】魔弾だけでなく天使ストラクでも使うんじゃ?再録の可能性もゼロではないが・・・

今日の記事は《同胞の絆》について色々と書きます。 なお、

→もっと見る

PAGE TOP ↑