【無限泡影とマルチフェイカーで強化されたオルターガイストデッキの恐怖】手が止まる盤面と妨害力の高さ!

公開日: : オルタ―ガイスト

ゴーストガールも草葉の陰で喜んでいる事でしょう…(オイッ)

『フレイムズ・オブ・デストラクション』に収録された《オルターガイスト・マルチフェイカー》と《無限泡影》で一躍環境デッキへとステップアップした「オルターガイスト」デッキ。

最初から将来性の塊みたいなテーマでしたが、こんなにも早く飛翔してしまうとは予想外でした。

友人とのデュエルで日々凹られまくってる管理人が、「オルターガイスト」について語ります。

SPONSORED LINK

魔法・罠という弱点を埋めた「へクスティア」の存在

オルターガイスト・へクスティア シークレットレア 遊戯王 エクストリーム・フォース exfo-jp046

「マルチフェイカー強い!無限泡影強い!」

この手の意見は頻繁に耳にしますが、エクストラにいるこのカードも相当強いですよ!

「オルターガイスト」の唯一の弱点と言える魔法・罠という穴を埋めたこのカードの存在は相当デカイ。恐らく、このカードの登場こそが【オルターガイスト革命】の始まり(たぶん)。

一見、低い打点も効果で補うから意外と痛いんですよね…。

縦横無尽にSSしてアドを稼ぐ「マルチフェイカー」の強さ

オルターガイスト・マルチフェイカー シークレットレア 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp014

《オルターガイスト・マリオネッター》を召喚するだけで罠を引っ張れる「オルターガイスト」にとって、罠依存の効果という言葉は適用されない(確信)

《へクスティア》による弱点補強や《無限泡影》という相性の良い罠の登場は、勿論大きな強化ポイントではありましたが、何をおいても《オルターガイスト・マルチフェイカー》という強力過ぎる武器を手に入れた事こそ、最大の【オルターガイスト革命】だと管理人は考えます。

「展開力が強化されたらもっと素敵なテーマになるでしょうねぇ~」と、確かに管理人は言っていましたが、蓋を開けてみたら『展開力を埋めながら任意の「オルターガイスト」モンスターをシュート』できるようになっちゃってました(笑)

《パーソナル・スプーフィング》に役割が増えたのもでかい

遊戯王/パーソナル・スプーフィング(ノーマル)/サーキット・ブレイク

「効果は便利で強力だけど『オルターガイスト』名称じゃないのが惜しいよね」と評価されていた《パーソナル・スプーフィング》がここに来て大飛翔しているのも嬉しい誤算だと思います。

盤面や手札を使って手札環境を整えたり回避用に使う便利札が、本来の効果に加えて展開のトリガーになれるようになったのは素晴らしい追い風です。(フリーチェーンなのデカイ)

《パーソナル・スプーフィング》のカード発動(効果発動)でサーチした《マルチフェイカー》の①効果をそのまま発動って芸当も出来るし、《パーソナル・スプーフィング》出世したなぁ…。

いつでも強さを最大化できる「無限泡影」との相性の良さ

無限泡影 シークレットレア 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp077

先行ならばセット・後攻ならば手札から投げる。

先手後手に関わらず《無限泡影》の強さを常に最大化できると言っても過言ではないほどに、このカードと「オルターガイスト」はマッチしまくっています。

またしても《オルターガイスト・マルチフェイカー》の話になりますが、《無限泡影》の手札発動に反応して《マルチフェイカー》登場って動き。…正直強すぎる(笑※実際は笑えない)

特に、《無限泡影》でモンスター効果無効⇒《マルチフェイカー》出現⇒《シルキタス》リクル⇒《シルキタス》効果で《マルチフェイカー》が手札に戻るって動きの鮮やかさと強さは憧れるレベルです。

《マルチフェイカー》の唯一の欠点とも言えるタイムラグを、手札から発動できる罠カードである《無限泡影》が埋めた事実は大きいでしょうね。

どうしようもない盤面も頻発するデッキです

「オルターガイスト」デッキを相手にする時は、自然と長考気味になっちゃう(あると思います)。

完全封殺された時の静けさ…あの悔しさを管理人は忘れない…。

(《オルターガイスト・プロトコル》強すぎィィ超悔しい!!!)(心の声)

遊戯王/オルターガイスト・マリオネッター(スーパーレア)/サーキット・ブレイク
コナミデジタルエンターテイメント
売り上げランキング: 16,483
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    某動画で見た後攻0ターン目とかいう単語をリアルで使うことになるとは思いませんでしたわ

  2. 匿名 より:

    最初は展開力が皆無で妨害できるけど魔法罠止められないしで崩れやすかった
    それが専用蘇生とヘクスティアもらって対応力と持久力があがった
    そして今回無限泡影とマルチフェイカーで後攻の弱さと不安定さが解消され
    カード同士が繋がるようになって一気に強くなりましたね
    初期から愛用してた身としてはうれしいながらもヘイト高めていて
    規制をくらったらどうしようと複雑な気持ちです

    • cast より:

      パーソナルがオルターガイスト名称じゃなかった理由がここにきてよーくわかりましたね…。

  3. キュウリ より:

    個人的には好きなんだけど友人とデュエルする時に使うとイヤ~な目で見られるので、使う頻度は高くないデッキになってしまってます。やっぱりロック系やパーミッション系はヘイトをため易い…。

    • cast より:

      結構相手してて楽しいデッキだと思いますが、まぁ完全封殺も普通にありえますからねぇ…。

  4. 匿名 より:

    一枚で大幅強化は恐竜のよう。
    発表されたときは大喜び。
    パーソナルの裁定が出たときは大興奮でしたよ。

    • cast より:

      オルターガイスト名称だったら規制不可避だったでしょうね…(逆に良かった)。

  5. より:

    今じゃトリックスターも押しのけて環境トップの一角に食い込んでるのは感慨深いです。
    ただプライムバンシーがいらない子になってることだけが心残りですね。

  6. 匿名 より:

    爆アドcomさんの動画で最近のオルガの動き知りましたが後攻0ターン目で無限ほうえいからのマルチフェイカーでバウンス構えたりするのヤバイですね…相手の海皇も手数が多くて楽しそうだったので、割といい環境に見えました

  7. 匿名 より:

    地味~に強化されれば良いかな~?と思ってたらマルチフェイカーと無限泡影という超強化…いつかは規制されてしまうのを覚悟するか…

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

【20thアニバーサリーデュエリストボックス】ステンレスカードは青眼とブラマジ!プレイマットのデザインも公開!

12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリストボックス』の情

《転生炎獣-ベイルリンクス》判明!《転生炎獣の聖域》サーチ素晴らしい!【SD-ソウルバーナー収録】

12月8日発売『SD-ソウルバーナー』の情報が「YU-GI-O

【リンクヴレインズパック収録テーマ一部公開】カオソル、サンダードラゴン、エーリアン、ドラグニティ、DD等キタキタキタ!【一言コメント追記】

11月23日発売『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報が「YU-G

【魔神儀(デビリチャル)モンスターまとめ】儀式デッキ汎用サポート!《カリスライム、祝誕追記しました》

『サイバネティック・ホライゾン』、『ソウル・フュージョン』と連続収

【20thアニバーサリーキャンペーン第10弾SPスリーブデザイン】ブラマジ、マハード、死者蘇生!

『20thアニバーサリーキャンペーン第10弾』の情報が遊戯王公式サ

【《超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ》等、列車新規4枚判明】ゼアル枠はアンナちゃんでしたね!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』から「列車

→もっと見る

PAGE TOP ↑