【パーソナル・スプーフィングはサーチ非対応なのがネック】侵略の侵食感染を思い出す

公開日: : オルタ―ガイスト

前々から名前だけは判明していた《パーソナル・スプーフィング》のイラストと効果がついに公開されました。

手札・フィールドの「オルタ―ガイスト」をデッキに戻して「オルタ―ガイスト」モンスターをサーチと聞くと、「ヴェルズ」のサポートカード《侵略の侵食感染》を思い出しますね~

あのサクリファイスエスケープ気味に盤面のモンスターをシフトする動き凄く好きだったので少し嬉しいです(∩´∀`)∩

ちなみに「パーソナルスプーフィング」とは「IP偽装によるなりすまし行為」の事を意味します。「スプーフィングアタック」とかよく聞きますよね。

公式twitterより画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社 企画・製作/KONAMI

SPONSORED LINK

パーソナル・スプーフィング

永続罠
(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、 「オルターガイスト」カード1枚を持ち主のデッキに戻して発動できる。 デッキから「オルターガイスト」モンスター1体を手札に加える。

「オルタ―ガイスト」カードならOKな点が非常に大きい

《侵略の侵食感染》とほぼ同じ効果かなぁ~と思いきや、《パーソナル・スプーフィング》は、「オルタ―ガイスト」カードをデッキに戻して発動なので、戻すカードはモンスターじゃなくてもOKなのが地味に大きいですね。

手札がサポート札だらけで動けないよ~って場面でも《オルターガイスト・カモフラージュ》《オルターガイスト・プロトコル》を「オルタ―ガイスト」モンスターに変換出来るのはグッド!

勿論、相手の除去などに合わせてフィールドの「オルタ―ガイスト」モンスターをサクリファイスエスケープ気味にサーチに変換するのは良いです。(出し抜いてやったぜ!って気分になれます。)

「オルターガイスト」カードでないのが極めて残念

《パーソナル・スプーフィング》はデッキを安定させる良カードですが、「オルタ―ガイスト」カードでないので、《オルターガイスト・プロトコル》の保護対象外、《オルタ―ガイスト・マリオネッター》のサーチ対象外と、テーマとのシナジーが薄くなってしまっているのが極めて残念です。

まぁ、永続罠で残るとガンガン最良の手札をサーチできるカードですからね…安定して手札に引き込むことはどうやら許されないようです。

良いカードなんだけどサーチできないシステム札は不安定

回りを良くするカードではあるのですが、サーチに対応していない、自身の効果で「オルタ―ガイスト」モンスターに変換できないってのは気になります。

重ね引きしてもそこまで強くないのでピン差しくらいで引けたらラッキー程度の運用が丁度良いのかもしれませんね~

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ブービートラップEを使えば、墓地経由でのサーチや除去された場合のリカバリーもできますね

  2. ここの より:

    一見幽鬼うさぎや灰流うららに弱いけど、それらを他のカードに撃ちづらくする、避雷針的な働きもできるんだよね

    他にも自分ターンでプロトコルをサーチし終えたマリオネッター戻してマリオネッターをサーチ、相手ターンでプロトコル戻してオルターガイストをサーチ、という風にループができあがる

    これでもし「オルターガイスト」カードだったら、同名カードも腐らずコストにできる上にマリオネッター1枚からループ可能という、規制待ったなしの壊れカードになっていたと思う

    ついつい熱くなってしまった、長文失礼> <

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【TCG情報】海外版DANE新規カード大量判明!新たな手札誘発、Danger!,ワルキューレ,融合内蔵シンクロモンスター等!

海外版の【ダーク・ネオストーム(DANE)】に新規収録される海

【星杯ストーリー考察・解説】対焉からのa-vida覚醒!アストラムの選託は?【星遺物を巡る戦いの歴史-第九幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【ミス・ケープ・バーバ追記・記事補強】

出しやすくって使いやすい【リンク召喚】のメインストリーム

「遊戯王デュエルモンスターズ」がAbemaTVで放送決定!224話ノンストップ放送って…

ゴールデンウィーク中「ずっと俺のターン!!!」って半端ねぇ…。

【遊戯王新情報】「抹殺の指名者」、応募者全員サービス「ハーピィの羽根箒20thシク」、モンスターアートボックス等々

何だか色々と新情報が判明したので、把握しやすいようにまとめてみまし

【ダーク・オカルティズムでサーチ可能なレベル8・悪魔族モンスター】次回、トーチ・ゴーレム死す!【更に色々追記】

《ダーク・オカルティズム》でサーチしたいレベル8・悪魔族特集だぜ!

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第98話感想】一線を越えたAI・ライトニングvsリボルバー決着!

草薙仁とスペクターの意識データを自らに繋げる事で、リボルバーの

【乃亜編カード】「イピリア」効果・イラスト公開!デッキマスター「深海の戦士」懐かしい!【コレクションパック革命の決闘者編】

乃亜編でビッグ1(デッキマスター「深海の戦士」)が使用した《イ

→もっと見る

PAGE TOP ↑