【EMレ・ベルマン 効果考察】スケール1のP・モンスター効果優秀エンタメイトモンスター

reberu

先日(2016/7/30)開催された『ジャンプビクトリーカーニバル2016』
本日は、その来場者プレゼントとして配布された《EMレ・ベルマン》について

会場配布限定カードにしておくには勿体ない面白いカード!
これは色々捗りそうだな…

SPONSORED LINK

EMレ・ベルマン

re

ペンデュラム・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻 100/守2600
【Pスケール:青1/赤1】
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 自分フィールドのP召喚された全てのモンスターのレベルを1つ上げる。
【モンスター効果】
①:1ターンに1度、1~5までの任意のレベルを宣言し、 このカード以外の自分フィールドの「EM」モンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、このカードのレベルを宣言したレベル分だけ下げ、 対象のモンスターのレベルを宣言したレベル分だけ上げる。

収録:【ジャンプビクトリーカーニバル2016 来場プレゼント】

エースラインを優しくキャッチする守備力2600と1という恵まれたスケール値。
モンスター効果は「EM」モンスターを対象にする必要があるので汎用性能はイマイチですが、P効果に関してはP召喚したモンスターなら制限なく有効活用できるので汎用性も中々です。好みはあると思いますが、イラストも結構可愛いゾ!(リンゴンリンゴーン♪)

モンスター効果は色々と面白い事が出来そうな予感

dokuro

モンスター効果は1~5までの任意のレベルを宣言し、自分フィールドの「EM」モンスターを対象にして発動できるレベル変動効果。宣言したレベル分だけレ・ベルマンのレベルを下げて、宣言したレベル分だけ対象の「EM」モンスターのレベルを挙げられる。

レベル1を宣言してレベル4「EM」モンスターを対象にすれば【ランク5】エクシーズへ…レベル2を宣言してレベル2「EM」モンスターを対象にすれば【ランク4】へとつなげる事が可能です。
「EM」モンスターはレベルがばらけているので結構便利な効果な予感がしますねぇ~

欲しい人は8月6日の東京開催分をゲットです!

jp

大阪開催分でゲットできなかった人も8月6日の東京開催分ならまだまだゲットのチャンスがあるぞ!詳しい情報は公式紹介サイトを確認してね!

あっ!昨日のジャンバルに参加した方々はお疲れ様でした!
遠出した人も多いと思うので本日はゆっくりとお休み下さいまし~

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. カニ道楽 より:

    管理人さん完全にシャドバプレイヤーじゃないですかww
    あちらのベルの方には冥府ネクロでお世話になってます

  2. TMY より:

    PスケールもP効果も優秀
    オッP2体からランク8が作れる
    あとは貴竜などシンクロのレベル調整とか

  3. かーりー より:

    リンゴン…うっ頭がっ
    レベル変動効果がかなり面白いですね!色々悪さできそう(小並感)

コメントを残す

【謎の魅力《やぶ蛇》の使い方・効果考察】除外されても効果発動する最強のブラフカード!!モンスターを特殊召喚して楽しんじゃおう!!

《成金ゴブリン》の生涯を綴ったストーリーに新たな展開が!?

【面白強い「ドラゴン族」オススメテーマデッキ】裏サイバー・オッドアイズ・ガンドラなど追記しました。

「属性別や種族別でテーマの触りを網羅できる記事があったら面白い

【レアリティコレクション2(レアコレ2)収録カードリストまとめ】ユニゾンビ・調弦の魔術師キター!手加減無しっすね

【レアリティコレクション20th ANNIVESARY EDI

【番猫(ばんびょう)-ウォッチキャットの使い方・効果考察】デッキから永続魔法をセットできるという可能性

『フレイムズ・オブ・デストラクション』に収録された未解説カード

【空牙団(くうがだん)デッキ・カード効果考察】英雄ラファールの兄貴オーラが半端ねぇ!!【空を駆ける牙を持つ者達】

2018/2/24日発売『デッキビルドパック ダーク・セイヴァ

【クインテット・マジシャン&円融魔術 効果考察】壊獣も超融合も許さない!魔法使い族の《龍の鏡》とか欲しすぎる

「YU-GI-OH.JP」にて、『ヴァリュアブルブック20』の

【雪花の光の使い方・効果考察】ややフルモン用《強欲な壺》登場!相性の良いデッキ・採用できそうなデッキを考えてみよう!

遊戯王には可愛いカードや美しいカードが色々と盛り沢山(´∀`*

【墓穴の指名者の使い方・効果考察】相手の《うらら》を止めると自分の《うらら》も止まる!【手札誘発メタ以外の役割も追記】

「道連れにされる前の指名ターン!?」 『FLOD』に収録された速

→もっと見る

PAGE TOP ↑