【天火の牢獄+ヴァレルロードドラゴンへの憧れ】スリーバーストショット・ドラゴンも良い感じですなぁ

公開日: : 最終更新日:2017/08/22 ヴァレット

アニメ遊戯王VRAINSより引用
©高橋和樹スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

10月14日発売『エクストリーム・フォース』に収録される《天火の牢獄》について

アニメ版の時点でテキストが滅茶苦茶長いカードだったので、てっきり再現されないものだと思っていましたが、ほぼ再現でOCG化という嬉しい結果に!

これはアニメでリボルバーが敷いた《天火の牢獄+α》の布陣を再現せねばなるまいッ!!

《スリーバーストショット・ドラゴン》《弾帯城壁龍(ベルトリンクウォールドラゴン)も合わせてご紹介。

※:色々と間違えまくっていたので色々と修正しました。

SPONSORED LINK

天火の牢獄

フィールド魔法
(1):フィールドのドラゴン族モンスターの守備力は300アップする。
(2):お互いに、フィールドのリンクモンスターよりリンクマーカーの数が少ないリンクモンスターをリンク召喚できず、リンクモンスター以外のモンスターは攻撃できない。
(3):フィールドにサイバース族リンクモンスターが2体以上存在する場合、以下の効果を適用する。
●サイバース族モンスターが発動した効果は無効化される。
●フィールドのサイバース族モンスターは攻撃できず、攻撃対象にならず、効果の対象にもならない。

 

単なるサイバース・リンクメタカードに思われがちですが・・・。

③効果によるサイバース族モンスターに対する効果がアニメではかなり目立っていましたが、このカードは①②効果だけでも十分に厄介なカードです。(むしろ③は現状オマケ感あり)

特に②効果はフィールド全体のリンク召喚を縛りつつ、リンク以外のモンスターは攻撃できなくなるという強力な制圧能力を見せ、相手からすると「うぜぇぇぇぇぇぇぇ」となる事間違いなし。

フィールドに存在するリンクモンスターのリンクマーカー数が少ないというテキストは少し分かりづらいかもしれませんが、要するにリンク2が出ているとリンク1は出せず、リンク3が出ているとリンク2.1が出せず、リンク4が出ているとリンク3.2.1が出せなくなるって事です。

攻撃する為にはリンク召喚を決めないといけないのに、中継となる低リンクを封じられることで高リンクに繋げにくいというジレンマ!コレは中々にいやらしい効果です。

遊戯王/ヴァレルロード・ドラゴン(アルティメットレア)/サーキット・ブレイク
コナミデジタルエンターテイメント
売り上げランキング: 15,278

《天火の牢獄》とのコンボを決めるならやっぱり《ヴァレルロード・ドラゴン》

モンスター効果に対する対象耐性、フィールド込みで3300に到達する打点。これ程《天火の牢獄》と並べて信頼できるモンスターは現状他にはいないはず!?

単なるリンク&サイバースメタカードだとあれでしたが、リンク以外攻撃不可ってのは制圧札としてはかなり強力ですなぁ~(そして、用意されている抜け道が意地悪)

《メタバース》で出すと奇襲性が高くって楽しそう

遊戯王/メタバース(レア)/サーキット・ブレイク
コナミデジタルエンターテイメント
売り上げランキング: 92,416

通常罠
(1):デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。

①②③の効果全てが場合によっては奇襲になる

自分のターンにあるのは割と邪魔ですし、発動時の効果処理も特にないので《天火の牢獄》は《メタバース》と相性の良いフィールド魔法と言えるでしょう。

また、サイバース族が環境をブイブイ言わせるような未来がくるとすれば《天火の牢獄》がメタ札として注目される事になるでしょうし、合わせて注目されるかもしれません。

弾帯城壁龍(ベルトリンクウォールドラゴン)を併用すれば

特殊召喚・効果モンスター
星6/地属性/ドラゴン族/攻 0/守2100
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分がリンク召喚に成功した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、このカードにカウンターを2つ置く。
(2):お互いに、このカードのカウンターの数より多い数のリンクマーカーを持つモンスターをリンク召喚できず、リンクモンスター以外のモンスターは攻撃できない。
(3):モンスターがリンク召喚された場合に発動する。このカードのカウンターを2つ取り除く。
(4):自分・相手のスタンバイフェイズに発動する。このカードにカウンターを1つ置く。

 

《天火の牢獄》の逆パターンのリンク召喚メタ

《天火の牢獄》と併用すると強烈なリンク召喚ロックを仕掛ける事が可能ですが、自分の動きも阻害される可能性があるので要注意。

このカードを使用する程リンク召喚が流行っている訳ではありませんが、「ヴァレット」デッキならリンク召喚時に手札から特殊召喚できる高レベルドラゴンというだけで価値あるモンスターだと思います。

当初は《ツイン・トライアングル・ドラゴン》で釣り上げられるレベル帯で良いじゃん!ってなってましたが、《弾帯城壁龍》は自身の効果でしか特殊召喚不可能なので釣り上げ不可です。残念無念なり・・・。

《スリーバーストショット・ドラゴン》は良カード

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/ドラゴン族/攻2400
【リンクマーカー:上/左/下】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):1ターンに1度、ダメージステップにモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。その後、手札からレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。

 

《ツイン・トライアングル・ドラゴン》からリンク召喚を決めると色々と都合良し

リボルバーが同試合で使用した《スリーバーストショット・ドラゴン》もバッチリOCG化されます。

①効果による無効化はダメージステップに発動したモンスター効果・魔法・罠カードとなっているので中々に限定的ですが、リクルーター、リバース、《オネスト※手札誘発》等に対してかなり強い効果なので信頼度は高いはずです。

《ツイン・トライアングル・ドラゴン》を経由して出しておけば③効果による釣り上げ対象にも困りませんし、③⇒《ツイン・トライアングル・ドラゴン》⇒手札の《スニッフィング・ドラゴン》特殊召喚⇒サーチした《スニッフィング・ドラゴン》召喚の流れが成立すれば《ヴァレルロード・ドラゴン》召喚のチャンスにも繋がりますね!

今回紹介したカードの中ではやはり《天火の牢獄》が個人的に気になります

今回紹介した中では《天火の牢獄》《スリーバーストショット・ドラゴン》の二枚が特にイチ押しです。

特に《天火の牢獄》はコントロール色の強いカードなので、コントロール好き―としては堪らない一枚。是非ともアニメのリボルバーの様に見事な盤面掌握を決めてみたいものです。

・・・・そして、ファイアウォール出されてまくられたい!

今日はリボルバー特集だったので、明日はプレイメーカー特集となります。緑のがっしりガイウス玉《エクスコード・トーカー》さんのターンですな(笑)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ラララ より:

    牢獄の効果で上がるのは守備力のみですよ~

  2. ツイントライアングルでは弾帯城壁龍は釣れませんね。

    • cast より:

      もう何から何までグダグダで申し訳ない。大幅に修正してまいります。スマヌ・・・

  3. つくね より:

    アニメであった「天火の牢獄」の自壊効果がさりげなく消えててびっくり。
    確か、OCG版(3)効果を受けたサイバースがいなくなると自壊とかなんとか・・・

  4. ネタデッカー より:

    リボルバーさん、名前変わりました?
    (ヴァレットさんになってますよ)

    リボルバーの使用カードはすべてが自分の好みに合っていて共感が持てます。
    しかも、なかなかに強い!

    • cast より:

      割とマジメにリボルバーとヴァレットを撃ち間違える事が本当に多いです(*ノωノ)

  5. huyu より:

    天火の牢獄って要するにサイバースに金玉体制付与ってことですよね、張替え手段さえあればサイバースデッキに採用できそう。
    こういうピンポイントメタがOCG化って珍しいですね。完全再現は無理だけどリボルバーデッキで使いたいなぁ

コメントを残す

【魔晶龍ジルドラスと相性の良いデッキとは?】命を賭けてでも守るべき魔法・罠がそこにあるか!?

本日の主役は魔法・罠を復活させる凄い奴、《魔晶龍ジルドラス》につい

【闇鋼龍ダークネスメタルのカード効果予想編】Vジャンプ付録・応募者全員サービスで蘇る伝説竜に思いを馳せる!

Twitterなどをご使用の皆さんは既に周知の事と思いますが、来月

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【リプロドクス、ハイパースター、見習い魔嬢など追記】

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【No.75ゴシップ・シャドーの使い方・効果考察】モンスター効果に対する制圧力は如何程か!?エクシーズ素材化も面白いです

5月12日発売『コレクターズパック2018』にて、新たなナンバーズ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話感想】儀式サイバース&新たなコードトーカー登場!ソウルバーナーと不霊夢もカッコイイね!

奪われた仁くんの精神を追いかけて新生リンクヴレインズを疾走する

【コレクターズパック2018 ・収録カードリストまとめ】新たなナンバーズ《No.75惑乱のゴシップ・シャドー》!モンスター効果をドローに変えるぜ!

『コレクターズパック2018』の情報が到着だぁぁ! まだ4枚

【リトマスの死の剣士とスキドレの布陣は凶悪です】一緒に使いたい罠カード5選付き!

《馬頭鬼》、《マスマティシャン》等の汎用性の高いカードから、「

【星杯ストーリー考察・解説】《星冠》の出現とパラディオン集結・機械騎士の過去【星遺物を巡る戦いの歴史-第五幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑