【極超辰醒(きょくちょうしんせい)カード裁定】フィールドを離れた際に除外される状態のモンスターに注意!

《極超辰醒/きょくちょうしんせい》の気になるカード裁定についてまとめました。

このカードのコストに出来るモンスターの一覧、コストにする際の注意点、処理時に注意する事(エチケット)などについて解説しています。

スポンサーリンク

《極超辰醒/きょくちょうしんせい》

《極超辰醒/きょくちょうしんせい》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、通常召喚できないモンスター2体を裏側表示で除外して発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

このカードのコストに出来るモンスター 一覧

コストに出来るモンスター 一覧
  • 特殊召喚モンスター
  • 融合モンスター
  • シンクロモンスター
  • エクシーズモンスター
  • リンクモンスター
  • 儀式モンスター
  • 罠モンスター

トークンはコストに使用できませんが…

「トークンをコストに使用してお得にドロー!」というプランを思い浮かべた人がいるかもしれませんが、トークンは裏側で除外できないのでコストに使用する事が出来ません。

…が、トークンを経由してリンクモンスターを出せばそれをコストにする事は出来ます。

相手ターンに《スケープ・ゴート》、自分ターンにリンク経由で《極超辰醒/きょくちょうしんせい》ってムーブは可能なので、トークン活用プランを推し進めていた人はその方向で考えてみてください。

トークン以外でも裏側除外できない状態のカードはコストに出来ない

《デリンジャラス・ドラゴン》 
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1600
【リンクマーカー:上/下】
ドラゴン族・闇属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手エンドフェイズに、このターン攻撃宣言をしていない相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ヴァレット」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

Q&Aでは《デリンジャラス・ドラゴン》が例として出されていたのでそれに則って解説します。

②効果で特殊召喚した《デリンジャラス・ドラゴン》(フィールドを離れると除外される状態)は、《極超辰醒》のコストにする事が出来ません。

コストにするなら上書きして裏側除外できそうなものですが、フィールドを離れた時点で表側除外されるみたいです。

要するに裏側除外できないものはトークンに限らずコストにする事は出来ないって事ですね。

手札からカードを除外する際の注意点・エチケット

参考:ドミノガーデンさんツイッター

《極超辰醒》で手札からカードを除外する際、相手にそのカードを確認させずに裏側除外させるのが正規の処理となるようですが、不正防止やデュエルを円滑に進める為に相手に見せても良いという裁定もあるようです。

どう判断するかは、使用プレイヤーやその場の方針次第になるとは思いますが、お互いが気持ちよく楽しくデュエル出来る最善の選択をとっていきたいものですね。

コメント

  1. 手札から除外するときはジャッジに見てもらうと安心ですね

タイトルとURLをコピーしました