【一撃必殺・ヘルデーモン神立ちのオニマルコンボ】狙え!攻撃力6000×2!電脳堺なら結構簡単に狙えます

《インフェルニティ・ヘル・デーモン》を使ったとあるコンボが興味深かったのでご紹介。

《インフェルニティ・ヘル・デーモン》をシンクロ素材とした際に適用される効果は、闇属性シンクロなら種族を問われない。…となれば、そう、《ABF-神立ちのオニマル》ですよね!

何だかんだで打点の高さは「正義」なので、これは積極的に狙っていきたいコンボかも!?

スポンサーリンク

ヘルデーモンを使った神立ちのオニマルコンボ

比較となるカードが強すぎて、色んな所でお株を奪われていた《ABF-神立ちのオニマル》がひっそりと息を吹き返す。これなら「ファイナルシグマでOK!」って言われないかも?

攻撃力6000による2回攻撃(モンスター攻撃)で相手のライフを削りきれッ!

使用するカード・コンボの要

インフェルニティ・ヘル・デーモン
ABF-神立ちのオニマル
《インフェルニティ・ヘル・デーモン》
シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2200/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。自分の手札が0枚の場合、さらにそのカードを破壊できる。
(2):自分の手札が0枚である限り、このカードが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
(3):このカードをS素材とした闇属性Sモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
《ABF-神立ちのオニマル/Assault Blackwing – Onimaru the Divine Thunder》 †
シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/鳥獣族/攻3000/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「A BF-神立のオニマル」の(3)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):「BF」モンスターを素材としてS召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
(2):このカードは効果では破壊されない。
(3):自分の墓地の「BF」モンスター1体を対象として発動できる。このカードのレベルはそのモンスターと同じになる。
(4):Sモンスターのみを素材としてS召喚したこのカードが攻撃する場合、ダメージステップの間このカードの攻撃力は3000アップする。

 

やり方は超簡単。《ヘル・デーモン》を素材にして《神立ちのオニマル》をS召喚するだけ!

《オニマル》の④効果はSモンスターのみを素材としてS召喚する必要がある為、そこにだけは要注意だ!

何がどう強い?

攻撃力6000による2回攻撃は強烈

モンスターに対しての連撃限定ではありますが、攻撃力6000による2回攻撃は流石に強烈です。

攻撃力6000なら、高打点の強耐性持ちを立てられてお手上げって事もないでしょうし、同レベル体のシンクロモンスターである《炎斬機ファイナルシグマ》とも十分に差別化を図れるはずです。

《炎斬機ファイナルシグマ/Geomathmech Final Sigma》
シンクロ・効果モンスター
星12/炎属性/サイバース族/攻3000/守 0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはEXモンスターゾーンに存在する限り、「斬機」カード以外のカードの効果を受けない。
(2):EXモンスターゾーンのこのカードが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
(3):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「斬機」カード1枚を手札に加える。

相手ターンに晒すなら圧倒的に《炎斬機ファイナルシグマ》の方が硬いとは思いますが、決めきれるなら6000の2回攻撃を狙いに行く価値は十分にあるはずです。

ヘル・デーモンを一度踏む事でマストをチラつかせられる

ヘル・デーモンの①効果
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。自分の手札が0枚の場合、さらにそのカードを破壊できる。

ヘル・デーモンの①効果は、手札が0じゃなくても無効化装置として機能してくれるので、相手に妨害を吐かせる為のマストな1手として機能してくれます。

戦闘破壊耐性持ちとかがいるなら、その後の戦闘突破にもつながります。

電脳堺なら比較的簡単に狙えます


△電脳堺ならこの程度の素材指定なんて事ないぜ

…とは言っても、レベル6シンクロの《インフェルニティ・ヘル・デーモン》+レベル6シンクロチューナーを用意するのは結構な手間ではあります。

しかし、今話題の「電脳堺(でんのうかい)」なら比較的簡単に狙えちゃうんですよね!

《瑚之龍/コーラル・ドラゴン/Coral Dragon》
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星6/水属性/ドラゴン族/攻2400/守 500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(2):S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

《瑚之龍/コーラル・ドラゴン》を素材に使えば更にドローまで狙えるし、これは正に一石二鳥。除去効果を刻んで行ける流れも何だかんだで強力です。

高打点の強耐性持ち対策にどうぞ

オベリスク、ファイナルシグマ、究極隼等、高打点と強耐性の組み合わせで鎮座する得物を刈る為の最終兵器としての見所は結構あると思うんですよね。

まぁ、立てるまでにEXをかなり消費するので、「電脳堺」でもエクストラの関係で積みづらいってのはあるんですけどねぇ…(;´д`)トホホ

コメント

  1. 自分も電脳に入れてます!
    LGDとかファルコン超える用に

  2. ほんとカテゴリ混ぜるの邪道
    カードの効果を使ったらそのカテゴリのカードを特集召喚できないとか効果は使えないとかにしないと
    デュエルの高速化は進むばかり
    その点
    花札衛は至高

    • カードの効果を使ったらそのカテゴリのカードを特集召喚できないとか効果は使えないとかにしないと
      デュエルの高速化は進むばかり

      その主張だと混成にしないとまともに動けなくなるじゃん?

  3. 60001回と30001回の2回攻撃では?

  4. オニマルの④は回数制限ないから2回目も6000。
    あと六万一と三万一に見えるw

  5. やっぱり電脳のカードパワー高すぎるわ

タイトルとURLをコピーしました