【ドラグニティ-レムス&竜の渓谷出張】ドラゴン族デッキならロムルスも添えて更に強く使える【デッキの種】

今日は「SDR-ドラグニティ・ドライブ」の発売日!

……って事で、収録カードである《ドラグニティ-レムス》の出張性について考えてみました。

《竜の渓谷》をサーチするだけでも強いのに、《ドラグニティナイト-ロムルス》を混ぜたら自己蘇生効果も使えるという事実。

ついでに《ドラグニティナイト-アラドヴァル》も併用しようと思えばできそうだし、かなり可能性を感じるなぁ~

スポンサーリンク

ドラグニティ-レムスという名の壊れカード

《ドラグニティ-レムス》
チューナー・効果モンスター
星2/風属性/ドラゴン族/攻 800/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードをS素材とする場合、「ドラグニティ」モンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「竜の渓谷」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドに「ドラグニティ」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。このターン、自分はドラゴン族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

収録:【SDR-ドラグニティ・ドライブ】

竜の渓谷サーチャーとして出張させる

《竜の渓谷/Dragon Ravine》
フィールド魔法
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキからレベル4以下の「ドラグニティ」モンスター1体を手札に加える。
●デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。

①効果による《竜の渓谷》サーチを出張で使用する。

①効果(竜の渓谷サーチ)には一切のデメリットがテキストが無い為、《竜の渓谷》を有効活用できるありとあらゆるデッキに出張させることができます。

《ドラグニティ-ギザーム》
チューナー・効果モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻 600/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の風属性・レベル4以下の、ドラゴン族または鳥獣族のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードが装備カード扱いとして装備されている場合に発動できる。装備されているこのカードを特殊召喚する。

基本的にはドラゴン族を墓地に送るモードでの運用にはなりますが、同名モンスター(ドラグニティ-レムス)や、出張させやすい《ドラグニティ-ギザーム》をサーチするのも良さそうです。

《竜の渓谷》は名称ターン1を持たないので、重ね引きしても強いのも嬉しいポイントです。

素材縛りはシンクロ召喚のみ:リンクに使える

《ドラグニティナイト-アラドヴァル》
シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守3200
「ドラグニティ」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターの効果を発動した時、自分の墓地から「ドラグニティ」モンスター1体を除外して発動できる。その発動を無効にし除外する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動できる。その相手モンスターを除外する。
(3):S召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

「ドラグニティ」縛りはS召喚の素材として運用する場合のみ。

「ドラグニティ」モンスターのS召喚にしか使用できないというデメリットテキストを持っていますが、これはS召喚に使用する場合のみなので、エクシーズやリンク召喚には問題なく使用できます。

エクシーズ素材運用はレベルの関係上少し難しいとは思いますが、リンク運用は何の障害も無いでしょうね。

まぁ、《ドラグニティナイト-アラドヴァル》が相当な性能をしているので、そちらと併せて出張させるのもアリだと思います。

ロムルスを参照する事で②効果も活用できる

《ドラグニティナイト-ロムルス/Dragunity Knight – Romulus》
リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/ドラゴン族/攻1200
【リンクマーカー:左下/右下】
トークン以外のドラゴン族・鳥獣族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ドラグニティ」魔法・罠カードまたは「竜の渓谷」1枚を手札に加える。
(2):ドラゴン族モンスターがEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚された場合に発動できる。手札からドラゴン族・鳥獣族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、リンク素材にできない。

《ドラグニティナイト-ロムルス》を参照して②効果に繋げる。

ドラゴン族汎用リンクである《ドラグニティナイト-ロムルス》を参照する事で、「ドラグニティ」デッキ以外でも《ドラグニティナイト-レムス》の②効果の条件を満たすことが可能です。

なお、発動後はドラゴン族縛りが発生するので要注意!

ただ、このカードを出張で使うデッキはそもそもドラゴン族が濃いデッキだと思うので、事前に注意しておけば大した問題にはならないはずです。

使えそう・出張できそうなデッキ

ドラゴン族シンクロ・リンク・融合デッキ等

ドラゴン族主体のシンクロ・リンク・融合デッキへの出張は比較的手頃にできそうな印象。

現段階で《ドラグニティナイト-ロムルス》と《竜の渓谷》を出張させているデッキとかは激熱だと思います。

《守護竜ピスティ》のリンク素材になる動きがシンプルに強そうです。

竜の渓谷を初動として使えるデッキ

《竜の霊廟》で《覇王眷竜ダークヴルム》や《亡龍の戦慄-デストルドー》を落として初動にしているようなデッキなら初動用の出張として迎える事ができるかも?

《竜の渓谷》は名称ターン1を持たないので、墓地に落として強いドラゴン族を大量に出張させているデッキであればあるほど採用する価値が高まりそうです。

「セフィラ」とか《竜の霊廟》ガン積み構築が多いですし、ワンチャンあるかなー?

ドラグニティ組まない人もレムスは集めておくべき

《竜の渓谷》サーチとかドラゴン族デッキなら大体が欲しい動きだと思うので、「ドラグニティ」を組まない人もとりあえず1セットは集めておく事をお勧めします。

初動価格自体はかなり落ち着いているようなので、安い内に集めておきましょう(*’ω’*)b

コメント

  1. 征竜が暴れた時みたいに他のデッキでオモチャにされた挙げ句、渓谷を取り上げられないか不安になる便利さよ

  2. 出張とか邪道
    カテゴリ統一が至高や

タイトルとURLをコピーしました