【ナンバーズ図鑑】No.8 紋章王ゲノム・ヘリター|紋章獣と私。

no

「キタキタキタぞ!紋章獣のターンだ!」

「紋章獣」と名のついたレベル4モンスター×2という指定ゆえに、「紋章獣」デッキ以外ではほとんど見かけない超専用ナンバーズ!

相手がエクシーズモンスターを使ってくれないとタダの攻撃力2400モンスターに成り下がってしまいますが、カード名・攻撃力・効果をコピーしつつ、対象にとったモンスターを超絶弱体化させる効果はオンリーワンな性能です。

相手の『ゲノム』(遺伝子)を奪取し、自分勝手に『ヘリター』(跡を継ぐ)感じが良いっすねぇ…。

スポンサーリンク

No.8 紋章王ゲノム・ヘリター:効果

《No.8 紋章王ゲノム・ヘリター/Number 8: Heraldic King Genom-Heritage》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/サイキック族/攻2400/守1800
「紋章獣」と名のついたレベル4モンスター×2
1ターンに1度、相手フィールド上のエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。
このカードは選択したモンスターと同名カードとして扱い、同じ攻撃力と効果を得る。その後、選択したモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。このカードの効果はエンドフェイズ時まで適用される。

使用したデュエリスト
トロン
攻撃名
「フラッシュ・インパクト」
ナンバーズ表記は仮面。伝わりにくいとは思いますが、このカードのレリーフは背景の加工が滅茶苦茶くどい!しかし、そのくどさが私は大好きだったりする。
効果が通ると1体確実に無力化できる性能。
コピー効果自体にはエクシーズ素材を消費しない為、墓地から素材無しで蘇生しても最低限の仕事をしてくれるのも嬉しい。
「紋章獣」なら《高等紋章術》1枚でちゃんと出てくれる。
紋章獣レベル4モンスター2体という重い素材指定。
相手がエクシーズモンスターを使用してくれないとタダの2400打点サイキック族モンスターに成り下がる。

アニメ効果

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/サイキック族/攻2400/守1800
「紋章獣」と名のつくレベル4モンスター×2
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードのエクシーズ素材1つを取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●このターンのエンドフェイズ時まで、このカードと戦闘を行う相手モンスター1体の攻撃力を0にし、このカードの攻撃力はその相手モンスターの元々の攻撃力になる。
●このターンのエンドフェイズ時まで、相手フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター1体のモンスター効果を無効にし、このカードはその相手モンスターの元々のモンスター効果を得る。
●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。その相手モンスター1体のモンスター名を「アンノウン」とし、このカードはその相手モンスターの元々のモンスター名を得る。

改めて見ると、OCGとアニメでは随分効果が違いますね。

攻撃力・効果・名前に関する効果が全て独立していて、それぞれに素材を要求される使用になってますし、効果の発動条件もそれぞれ異なっています。

しかし、「この効果は相手ターンでも発動できる」の一文が滅茶苦茶強い!

これなら2つの目の効果であるモンスター効果無効&奪取だけで先攻制圧要員になれるし、相手が無理やり戦闘突破してきそうになったら攻撃力奪取プランもとれる…。

素材の消費が少し激しそうには見えますが、これはシンプルに強いモンスターですね。

あ!?エクシーズ以外のモンスターの効果も奪取できるのか…つえええ!

思い出:エクシーズの面白さを教えてくれたテーマです

深く掘り下げる要素が薄いので、今回は管理人の思い出話を添えておきます。

《高等紋章術》が好きって事は、当ブログでも昔から散々言い続けているのでご存知の方も多いと思いますが、「紋章獣」にはそれ以外にも思い入れがあったりします。

…というのも、管理人が今みたいに遊戯王にどっぷりになったのは8期辺りからだったので、この時期のテーマってどれも新鮮で、見るテーマ見るテーマキラキラしていたのを覚えています。(カード自体はずっと買っていたしアニメも見ていたけど、ここまで熱中し出したのはこの頃でした)。


△当時の相棒は間違いなくレオ

当時、エクシーズ主体のデッキを持っていなかった管理人は、自分も何とかエクシーズの波に乗ろうと思案し、結果「紋章獣」というややマイナー気味なデッキに行きつきました。


△プレイン・コートが出て劇的に変わりましたよね

当時はまだ《No.18紋章祖プレイン・コート》が存在しない時代だったので、墓地肥やしも緩やかだし先攻で立てるモンスターはいないしって緩々時代でした。

それでも「紋章獣」が魅せてくれるエクシーズ召喚は滅茶苦茶楽しかったですし、その中で色んな事を管理人に教えてくれました。

要するに、「紋章獣」は管理人にとってのエクシーズ始まりの地であり、現在の趣味趣向の基礎を作ったテーマと言っても過言ではない存在なのです。

全体的にエクシーズテーマにはまりやすい傾向なのも、魔法カードからのエクシーズ召喚が好きなのも、やっぱりこのルーツに理由がありそうです。

…あ、これ以上書くと、他の「紋章獣」ナンバーズの記事の時に困りそうなのでこれ位にしておきます。それではまたお会いしましょう!

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. 同時期に本格的に始めたので同じ様に紋章、ギミパペ、オノマトホープはずっと構築を変えつつ使っています
    プレインコート出た時は嬉しかったなぁ

  2. レリーフ確かに印象的ですよね。自分も持ってたから分かります
    牛乳をこぼした後みたいな感じ

タイトルとURLをコピーしました