【デコード・トーカー・ヒートソウル効果考察】特殊召喚して強いリンク3サイバース族モンスターは誰だ!?星痕の機界騎士が強い!

『レジェンダリーゴールドボックス』付属の「スペシャルパック」に収録されるデコード・ト―カー・ヒートソウルの有用性・強さ・弱さについて考えた記事です。

プレイメーカーとソウルバーナーのエースモンスターの力が合体した姿ってだけで胸熱ですが、その熱さはイラスト・設定だけにとどまりません。

往復で2枚もカードを引けるドロー効果に加え、バーニングドローさながらの窮地状態で発揮する特殊召喚も激熱な一枚です。これは特殊召喚するモンスターを考察するっきゃありませんね!

(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
(C)Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

デコード・トーカー・ヒートソウル

《デコード・トーカー・ヒートソウル》 
リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
属性が異なるサイバース族モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分・相手ターンに1000LPを払って発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、自分のLPが2000以下の場合、以下の効果を適用できる。
●フィールドのこのカードを除外し、EXデッキから「デコード・トーカー・ヒートソウル」以外のリンク3以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

《デコード・トーカー》と同じ打点アップ効果

①効果は《デコード・トーカー》と同様の打点アップ効果です。

《デコード・トーカー》の名前を冠しているだけあって、その部分はしっかり押さえているという訳ですね。ちなみに打点・リンクマーカーの数と方向も《デコード・トーカー》と同じです。

イラストを見ると分かりますが、《デコード・トーカー》《転生炎獣ヒートライオ》の装甲を纏っている状態って事なんだと思います。

…どういった過程でこうなったのかは分かりかねますが、プレイメーカーとソウルバーナーが共闘しているシーンを想像すると、ちょっと嬉しくなります。

《デコード・トーカー・ヒートソウル》が許されるなら…《デコード・トーカー・ダークリボルバー》とかも欲しいぞ…。

先攻で立てて往復2ドローは相当強い!


▲コーデック的にパワーコードさんの立場が危ういぜ…

自分・相手ターンで往復2枚ドローできる効果はシンプルに強力!

ライフコストこそ必要ですが、2000で2枚なら安いもんでしょ!(チキレ換算)。

LP2000以下ならボーナス効果によるSSもあるし、何ならライフコストをシナジー化(活路的な)してみても良いですよね。

かなりシンプルな効果なので、ここからは②効果のボーナスで出したい「デコード・トーカー・ヒートソウル」以外のリンク3以下のサイバース族モンスターの選択について考えていきます。

②のボーナス効果で出すべきモンスターは何か?

リンク3以下のサイバース族という事で、とりあえず「コード・トーカー」モンスターの大半が特殊召喚選択肢に挙げられます。

「コード・トーカー」モンスターは状況に強さが左右されがちなカードが多い為、その都度状況に応じて使い分ける臨機応変さとEXの余裕が要求されそうです。

個人的に良いと思う3体に加え、「コード・トーカー」モンスター以外からも数体ご紹介します。

トランスコード・トーカー

《トランスコード・トーカー/Transcode Talker》 
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相互リンク状態の場合、このカード及びこのカードの相互リンク先のモンスターの攻撃力は500アップし、相手の効果の対象にならない。
(2):「トランスコード・トーカー」以外の自分の墓地のリンク3以下のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。この効果を発動するターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

リンク召喚に成功しないと機能してくれない「コード・トーカー」モンスターが多い中で、《トランスコード・トーカー》の②効果はそれを要求されていないのがとても優秀です。

墓地にリンク3以下のモンスターがいればそれだけで強力な盤面を築く事が出来るので、とりあえずこのカードを出しておけば問題ないと思われます。

以下の2体に関しても、既に墓地に落ちている状況なら《トランスコード・トーカー》で特殊召喚した方がお得です。

パワーコード・トーカー

《パワーコード・トーカー/Powercode Talker》 
リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左/右/左下】
モンスター3体
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。

破壊耐性持ちとか高打点モンスターを突破する為に使えます。

相手ターンに出しても意味が無いので、自分ターンに出す場合限定で強い感じですね。

注意.《デコード・トーカー・ヒートソウル》 と同じ属性である《パワーコード・トーカー》は、《サイバネット・コーデック》な意味で立場が少し危うい事になっています(ヒートソウルの方が先攻で使うなら圧倒的にアドアドしいので…)。属性違いのサイバース族って指定も「コード・トーカー」なら関係なさそうですしね。

シューティングコード・トーカー

《シューティングコード・トーカー/Shootingcode Talker》 
リンク・効果モンスター
リンク3/水属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/下】
サイバース族モンスター2体以上
(1):自分バトルフェイズ開始時に発動できる。このバトルフェイズ中、このカードはこのカードのリンク先のモンスターの数+1回まで相手モンスターに攻撃できる。このターン、相手フィールドのモンスターが1体のみの場合、そのモンスターと戦闘を行うこのカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ400ダウンする。
(2):自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。このターンにこのカードが戦闘で破壊したモンスターの数だけ自分はデッキからドローする。

《トランスコード・トーカー》から出すと火力が飛躍的に上がるのでオススメ!

《トランスコード・トーカー》経由でなくとも、②効果を狙いに行けるシーンなら積極的に出して行っても割と良さそう。

でも基本的には《トランスコード・トーカー》経由で出したいかな?

ダークナイト@イグニスター

《ダークナイト@イグニスター》 
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを可能な限りこのカードのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。自分の墓地からサイバース族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

「@イグニスター」デッキ限定ではありますが、①②の効果全てをマルっと活用できるのがポイントです。

「@イグニスター」デッキなら《コード・トーカー・ヒートソウル》を結構うまく使えそうですし、併用してみてはいかがでしょうか?

ファイアフェニックス@イグニスター

《ファイアフェニックス@イグニスター》 
リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左/右/下】
サイバース族モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが攻撃するダメージ計算時に発動できる。このカードの攻撃力分のダメージを相手に与え、その戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。
(3):リンク召喚したこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。

相手の全除去にチェーンして《コード・トーカー・ヒートソウル》の効果を発動し、このカードを特殊召喚して②効果に繋げるプラン。

③効果で蘇生する事は出来ませんが、自分ターンに①効果、相手ターンに②効果と、状況に応じて使い分けられるのが良いです。

《コード・トーカー・ヒートソウル》で相手ターンに出して仕事できるモンスターは貴重なので重宝されそう。

星神器デミウルギア

《星神器デミウルギア/World Gears of Theurlogical Demiurgy》 
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻3500
【リンクマーカー:左/右/下】
レベル5以上のモンスター3体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。このカードはリンク素材にできない。
(1):リンク召喚したこのカードは他のモンスターの効果を受けない。
(2):種族と属性が異なるモンスター3体を素材としてこのカードがリンク召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
(3):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した場合に発動できる。デッキから「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。

①②効果は機能しませんが、③効果と打点運用は可能です。《コード・トーカー・ヒートソウル》から出せるモンスターの中では最高打点だと思います。

星痕の機界騎士

《星痕の機界騎士/Mekk-Knight Spectrum Supreme》 
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「ジャックナイツ」モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと同じ縦列に他のカードが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。
(2):EXモンスターゾーンのこのカードのリンク先にモンスターが存在しない場合、このカードは効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(3):このカードと同じ縦列の他の自分のカード1枚を墓地へ送って発動できる。デッキから「ジャックナイツ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

攻撃力3000高打点運用だけでなく、状況次第では耐性持ちのダイレクトアタッカーとして運用できます。マーカーも強いしかなり強いと思います。

トポロジック・トゥリスバエナ

《トポロジック・トゥリスバエナ/Topologic Trisbaena》 
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。

魔法・罠を除外したい際にオススメ!ライフ2000以下という条件から考えると、このカードで魔法・罠カードを除外したいってシーンは想定し辛いかも知れませんが、まぁ何があるか分かりませんからね…。

バーンで相手が倒せるならそっちを狙ってみても良いです。

【コード・トーカー】や【@イグニスター】でどうぞ

【コード・トーカー】なら《トランスコード・トーカー》が強く使えて、【@イグニスター】なら《ダークナイト@イグニスター》が強く使えるって感じでしょうか?

まぁ、EXデッキからの特殊召喚効果抜きにしても、往復で2枚ドローできるから普通に強いよね!って言う。

素材指定(属性が異なるサイバース族モンスター2体以上)だけは留意する必要があると思うので、そこら辺がうまく合致するデッキでご活用ください!

皆でワイワイ語ってます!良かったらどうぞ!現在81人っす!!
遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv

遊戯王OCG デュエルモンスターズ LEGENDARY GOLD BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-12-21)
売り上げランキング: 32
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ルーシー より:

    選択肢があるってだけで強いとは思いますね
    相手は何が出てくるかわかりませんから
    まあそれは相手も警戒するとは思いますが…(笑)

  2. 匿名 より:

    リンク先のモンスターとこのカードで攻撃した後に、②の効果でアークロードパラディオン出して超高火力の追撃したいですね。リンクマーカー同じだから両方の火力上げられますし

  3. 匿名 より:

    ライフの制限はあるものの@イグニスターでリンク2+モンスター1体で出せるのは大きい気はしますね。ダークナイトの3体指定をこのカードを経由すれば突破できますし。序盤にこっちを出してドシン・リヴァイアサンでEXに戻せるんですよね。

  4. 匿名 より:

    1月にはスプラッシュ・メイジがくるし、そしたらクロック・ワイバーン1体から出せるから、サイバースデッキの良いドローソースになりそう。序盤から終盤まで活躍できる!

  5. 匿名 より:

    こういった形態アニメでも見たかったなあ

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【遊戯王 最新禁止制限カードリスト】2020年1月リミットレギュレーション改訂:アザトート、ガンブラー禁止!

『遊☆戯☆王.jp』にてリミットレギュレーション改訂(2020/1

【銀河眼の残光竜・効果考察】プライムやタキオンと相性抜群のナンバーズ専用リミ解!

『レジェンダリーゴールドボックス』(SPパック)ライバル枠特集第3

【デッキ選択で分かる決闘者の趣味】デッキビルドパック遍歴を見ると分かり易い?

デッキビルドパックの選択傾向で決闘者の好みが見えるってホント!?

【ヴァレルエンド・ドラゴン効果考察】ヴァレルロードで処理可能?攻略法・除去手段を考えよう!

『レジェンダリーゴールドボックス』(SPパック)ライバル枠特集第二

【メダロット:スリーブ・プレマ等発売決定!予約開始!】ババンバンとデュエルだ!【サプライの軌跡】

「メダロット」のカードサプライ(スリーブ,マット,デッキケース

【公式動画】強欲な壺やカオソルフィギュアを動画でチェック!カオソルカッコイイね…

Vジャンプチャンネルにて、付録カード《焔聖騎士-リナルド》の効果紹

【全員応募者サービス】ラーの翼神竜(絵違い)20thシク!封印の黄金櫃、ブラホシークレット!

2020年1月20日発売週刊少年ジャンプ8号で実施される応募者全員

【スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン効果考察】奇跡のトリプルチューニング!どう出す?

12月21日発売『レジェンダリーゴールドボックス』(SPパック)に

→もっと見る

PAGE TOP ↑