【公式デッキレシピ】Xセイバー,リトマス死の剣士,デスガーディウス等、ハノイの騎士謹製のデッキが大量紹介!

公開日: : 公式デッキレシピの軌跡

遊戯王OCG公式ツイッターで公開されたデッキレシピをご紹介!

今回は『サベージ・ストライク』の新カードを搭載した面白デッキが沢山公開されていました。

ハノイの騎士謹製のデッキレシピをみんなで見て行きましょう♪

SPONSORED LINK

サベージ・ストライク採用公式デッキレシピその2

「魔神儀」採用「リトマス死の剣士」デッキ

ソース:「遊戯王OCG公式ツイッター」

「魔神儀(デビリチャル)」を軸とした「リトマス死の剣士」デッキに仕上がっています。

《リトマス死の剣士》は、背負う永続罠カード次第で大きく表情を変える儀式モンスターです。ここから自分なりのアレンジも加えやすいですし、面白いデッキだと思います。

何気に話題の「魔神儀」+「轟雷帝ザボルグ」ギミックも採用されていますね!

サイキック採用「X-セイバー」デッキ

ソース:「遊戯王OCG公式ツイッター」

《サイコウィールダー》《サイコトラッカー》で「X-セイバー」の展開力を支えて行くスタイルッ!

《サイコウィールダー》達の特殊召喚条件であるレベル3は、《ダークソウル》《エアベルン》《フラムナイト》の三体で成立させられます。

地属性である事をうまく利用したエクストラ選定等も鮮やかです。

《闇の増産工場》採用「デスガーディウス」デッキ

ソース:「遊戯王OCG公式ツイッター」

《デス・ガーディウス》で相手モンスターを奪っていくスタイルッ!

奪ったモンスターは《闇の増産工場》で素材化されてドローに変換される模様。

《逢魔ノ刻》や《スウィッチヒーロー》等、気になるカードが多数採用されていますね!

《遺言の仮面》を厚めに採用している理由は《魔導契約の扉》で押し付ける為でしょうか?

「メタファイズダイーザ」デッキ

ソース:「遊戯王OCG公式ツイッター」

《強欲で金満な壺》のランダムに《サイバネット・ストーム》のランダム性をぶつけていくスタイル!

《強欲で金満な壺》の他にも《孤高の除獣》や《デトネイト・デリーター》等の新規カードが採用されています。

メインデッキ・EXデッキ共に限界まで除外していく感じが堪りませんね!

「守護竜」採用通常モンスターデッキ

ソース:「遊戯王OCG公式ツイッター」

《守護竜ユスティア》を主軸にした「守護竜バニラ」デッキって感じですね。

《トレジャー・パンダー》でデッキから低レベルのバニラドラゴンを特殊召喚して、守護竜リンクモンスターを展開。

超高速でメインとEXを削るので《貪欲な壺》も3枚からガッツリと採用されています。

《アビス》と《ベリアル》の両方を採用している点にも注目です。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 通りすがり より:

    強貪でデッキ削れるメタファイズ+ダイーザはともかく、デス・ガーディウスのデッキが酷い
    60枚でどう考えても初手事故多発の未来しか見えない、他のデッキが40で綺麗に纏まってるだけにもう少し頑張って欲しかった

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【ラッシュデュエル】キャラクターパック『ガクト・ロア・ロミン』発売決定!ロアは新キャラですね

【更新情報】「ラッシュデュエルニュース」更新! キャラクターデッ

【色んな魔導書の神判入りデッキと対戦した感想】ジョウゲンの制圧力が今ではやや厳しい印象

関連記事:【禁止カードの導】魔導書の神判は今なら許される説|灰流う

【ラッシュデュエル】セブンスロードマジシャンデッキレシピ|ちょっぴりガクト&ルーク要素あり

管理人(きゃすと)が実際に愛用しているラッシュデュエル用デッキをご

【機皇神龍トリスケリア等、機皇新規強化に思う事】アームズエイド装備は定番になるのかな?

『DP冥闇の決闘者編』に収録される「機皇」新規、《機皇神龍トリスケ

【禁止カードの導】ショックルーラーは議論の余地なし!|今は尚更駄目っすね

「この禁止カードって今なら許される?やっぱり許されない?」 【禁

【使われるとやっぱり強い罠・トラップカード5選】無意識からの不意討ちが最強【奇襲性の高いトラップは良い】

採用率自体はそこまで高くないカードだけど、デュエル中に不意に使われ

【デストーイはじめました】新カードを使ってみた感想:ホエールとサイズ強すぎ!【VFDを出せるようになったの凄い】

タイトルにある通り、「デストーイ(ファーニマル)」デッキを組み

【十二獣ドラグマを使ってみた感想】会局アディンが揃うと宇宙!テトラドラグマも格段に使いやすくなります

「十二獣(じゅうにしし)」と「教導(ドラグマ)」を混ぜた「十二

→もっと見る

PAGE TOP ↑