【新規入り堕天使デッキと対戦した感想】相手ターン融合ルシフェルの動きがカッコイイ!クリスティアはやっぱり強い(涙)

リモートデュエルを導入してから色んなデッキと対戦する機会が格段に増えて、結果的に最新のデッキを追い易くなったという現実。

…って事で、本日は新規入りの「堕天使」デッキと対戦した感想記事です。

相手ターン融合からの黎明ルシフェルの動きはやっぱりカッコイイゼ!

スポンサーリンク

新規入り堕天使デッキと対戦した感想

相手ターン融合ルシフェルカッコイイぜ!

《黎明の堕天使ルシフェル》 
融合・効果モンスター
星12/闇属性/天使族/攻4000/守4000
天使族・闇属性モンスター×3
このカード名の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):「堕天使ルシフェル」を素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの天使族モンスターは相手の効果の対象にならない。
(3):自分・相手のメインフェイズに1000LPを払って発動できる。自分の手札・墓地から天使族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 

新規カード最大の華と言ったらやっぱりこの人!

墓地に《叛逆の堕天使》が落ちていれば、「堕天使」モンスターの効果で相手ターン全破壊が比較的安定するのは格好良かったです。

①③効果がいずれか1つしか使えない事が不満って対戦相手の方は言っていましたが、確かに素材の重さを考えると両方使えても良いかもですね。

まぁ、黎明ルシフェルは特殊召喚できるので、墓地蘇生から更なる特殊召喚に繋がる点が強力なんだと思います。

メインに追加された他のモンスター(ネルガル、悦楽、享楽)もちょっと癖は強いけど良い感じに見えました。

「《同胞の絆》を採用したタイプはどうなんですか?」

って質問すると、噛み合いが更に重要になって事故り倒したので止めましたって言ってました…(悲しい)。

対戦したのはヒヨスから失楽の堕天使を立てるタイプでした

《トリックスター・ヒヨス/Trickstar Nightshade》 
効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 100/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「トリックスター」リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

私が対戦したのは《トリックスター・ヒヨス》入りの構築で、《トリックスター・ヒヨス》から《トリックスター・ブルム》を出して《失楽の堕天使》を安定供給させていました。

《失楽の堕天使》を展開すれば《堕天使イシュタム》が安定するので、「堕天使」の本核である捨てドローの流れも安定します。

何だかんだで初動が細いデッキである事は間違いないので、外部パーツで展開を補うのは理にかなっている気がします。

でも、純型にして《トレード・イン》とか積みやすくするのも良さそうだから悩ましいですよね。

《失楽の堕天使/Condemned Darklord》 
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/天使族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
天使族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とする天使族モンスターのアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分の墓地からモンスター2体を除外してアドバンス召喚できる。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「堕天使」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(3):自分エンドフェイズに発動する。自分はフィールドの天使族モンスターの数×500LP回復する。

やっぱりうららは辛いよ!

《堕天使イシュタム》の効果に《灰流うらら》されるのはやっぱり辛そうでした。

まぁ、《灰流うらら》が辛くないデッキを探す方が大変なレベルですけど、《堕天使イシュタム》の場合はハンド2枚を失ってドローできなくなる訳で…その辛さは相当なものです。

捨てドローで回すデッキである事がバレている事で弱点が分かり易いのも厳しいですよね…。

《堕天使の戒壇》や《堕天使の追放》があればそこからリカバリーも効きますが、「堕天使」魔法・罠にアクセスできるモンスターがいないのも困りものみたいでした。

大天使クリスティアがやっぱり強い

《大天使クリスティア/Archlord Kristya》 
効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2300
(1):自分の墓地の天使族モンスターが4体のみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動する。その天使族モンスターを手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。
(4):フィールドの表側表示のこのカードが墓地へ送られる場合、墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。

 

あと、やっぱり先攻クリスティアは相変わらず滅茶苦茶強いですね…。

「堕天使」だと《堕天使スペルビア》で雑に吊り上げられるのが本当に強いです。

シンプルに蘇生したり自身のルール効果で出てくるから妨害し辛いのも厄介なんすよねぇ~

…先攻で立てられた試合はほとんど落としたなぁ…(白目)。

今回はルシフェル強化って側面が強かった気がします

今回は「堕天使」強化というよりは「ルシフェル」強化って側面の方が強かった気がしますね。

でも、融合ルシフェルの動きはド派手でカッコイイですし、前々から「ルシフェルをもっと活かしたい!」って考えていた人には嬉しい新規だったのではないでしょうか?

対戦した相手は「堕天使」魔法・罠をもっと安定して引き込めるようになったら嬉しいと言っていましたが、やっぱりそこら辺は厳しいんですかね~

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. こういう字面通りのうららこわーいデッキにこそ三戦の才使った感想聞きたい
    魔法罠の直接サーチはないが、ユコバックならダイレクトシュートできるからコピーして使う手も

タイトルとURLをコピーしました