『幽合-ゴースト・フュージョン』効果考察|デッキ融合!ネクロフェイスを除外できるじゃん!

今日は、『プレミアムパック2022』収録《幽合-ゴースト・フュージョン》に注目してみました。

《幽合-ゴースト・フュージョン》は、漫画版『遊戯王5D’s』で髑髏騎士が使用した魔法カードで、作中では《溟界龍ドラゴネクロ》を融合召喚する為に使われた印象深い1枚です。

原作ではシンプルに《幽合》という名前のカードでしたが、「ゴースト・フュージョン」を付け加える事で『フュージョン』名称をサポートするカードの恩恵を受けられるようにバッチリイメチェン!

単なる素材役だった《劫火の眠り姫 ゴースト・スリーパー》と《劫火の翼竜 ゴースト・ワイバーン》も滅茶苦茶強化されていますぜ!

スポンサーリンク

幽合-ゴースト・フュージョン|効果考察

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。その際、融合素材モンスターは全てアンデット族モンスターでなければならない。自分のLPが相手より少ない場合、自分の手札・デッキ・墓地のアンデット族モンスターも1体まで除外して融合素材とする事ができる。

収録:【プレミアムパック2022】

要注意!普通に使うと劣化版の「融合」です

普通に使った場合、アンデット族しか素材にできない上にフィールド限定という劣化版の《融合》になってしまうので、必ずボーナス部分を活かせるようにしましょう!

平時はフィールド融合しかできないの地味に見逃しそうだなぁ……(;^ω^)

素材に指定はあるが融合先には指定はない!


▲スターヴする場合はフィールドからでヨロシク!

融合素材モンスターが全てアンデット族モンスターである必要はありますが、融合先の指定はないの為、アンデット族以外の融合モンスターの融合召喚にも使用する事が出来ます。

まぁ、素材の時点で展開先はかなり絞られてくるんですが、《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》や《冥界龍 ドラゴネクロ》が選択肢に入ってくるのは普通にデカイので重要ですよね!

サポートがとにかく豊富!スリーパーとライダーで安定感大

漫画では即融合素材にされていたスリーパーとワイバーンも超絶強化!こういうのは元々の効果がない方が自由に作れて強くなる傾向にありますねぇ……(∩´∀`)∩ツエエエ

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「幽合-ゴースト・フュージョン」1枚を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、手札を1枚捨て、
除外されている自分のレベル4以上のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
墓地に送られただけで《幽合-ゴースト・フュージョン》をサーチできる優秀なモンスター。レベル3なので《彼岸の黒天使ケルビーニ》で落とすだけで繋がるのが偉い!②の墓地効果も非常に強力なので積極的に活用していきたい!
効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1700/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「幽合-ゴースト・フュージョン」1枚を手札に加える。
(2):このカードが除外されたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキからレベル2以下のアンデット族チューナー1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
召喚・特殊召喚対応で《幽合-ゴースト・フュージョン》をサーチする事が出来る。除外をトリガーとする②効果もかなり強力!今日公開された《マッドマーダー》等もサーチしたり墓地に送ったりできますね!

この2枚が有用過ぎるのもあって、ランサーはちょっと地味に感じちゃいますね。弱くはないんだが……。

効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻2000/守 0
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

フュージョン通常魔法なのでアナコンダ可能!

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/植物族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。
(2):2000LPを払い、「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

《幽合-ゴースト・フュージョン》は「フュージョン」通常魔法カードに該当する為、《捕食植物-ヴェルテ・アナコンダ》の効果でコピーする事が可能です。ただ、相手よりLPが多い状況で発動する場合、フィールドで融合できる素材が揃っていないと発動できないので要注意(アナコンダでコストを払う事で相手よりもLPが下回るから……ってのは通用しないので要注意)。

また、フィールドのアナコンダをそのまま素材運用する事は出来ませんが、《アンデットワールド》があればそれも可能になるのでオススメです(∩´∀`)∩

幽合-ゴースト・フュージョンと相性の良いカード

ネクロフェイス

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1200/守1800
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
除外されているお互いのカードを全て持ち主のデッキに戻す。
このカードの攻撃力は、この効果でデッキに戻った数×100アップする。
(2):このカードが除外された場合に発動する。
お互いのプレイヤーは、それぞれ自身のデッキの上からカードを5枚除外する。
手札・デッキ・墓地の《ネクロフェイス》を除外するという禁断ムーブ。もうこれだけでデッキになりそうなのが面白い!連鎖に次ぐ連鎖で相手のデッキを壊滅させてしまおう(提案)!

不知火モンスター

宮司を除外して破壊、隠者を除外して展開、武部を除外してドロー等々、色んな事が出来そうな組み合わせ。【不知火】に《幽合-ゴースト・フュージョン》を採用するのは楽しそう。

溟界龍ドラゴネクロ

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
アンデット族モンスター×2
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。このカードと戦闘を行うモンスターはその戦闘では破壊されない。また、このカードがモンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、そのモンスターの攻撃力は0になり、そのモンスターの元々のレベル・攻撃力を持つ「ダークソウルトークン」(アンデット族・闇・星?・攻?/守0)1体を自分フィールド上に特殊召喚する。「冥界龍 ドラゴネクロ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
《幽合-ゴースト・フュージョン》を使うのに際し、絶対に持っておきたい1枚。これ込み込みのカードだと思うので必ずゲットしておこう!

ディメンション・フォース収録のアンデ強化も公開されて大盛り上がり!

―――そして、このタイミングで更なるアンデット族強化ですからねぇ……(∩´∀`)∩

こんなのテンションアゲアゲ不可避じゃないか!

……あ、『シャイニーボックス』で【魔妖】が強化されるのを含めると、トリプルで波が来てるのか!?熱すぎでしょ!!

+1

コメント

  1. そういえば、遊戯王はバトスピと違って、デッキ破壊戦術が出来るデッキって、結構少ないですね
    このカードはターン

    0
    • ターン1があるけど、流石にそこまでバンバン削れないが、面白いとは思う(途中送信ごめん)

      0
    • ギリギリまでデッキ圧縮してから打ってネクロフェイス連鎖すればガッツリデッキは吹き飛びますよ!

      ちなみにその状況は自分も死にかけなので
      不知火などで短期決戦をかけるか大欲エメラルのようなリカバリーを用意しましょう
      なければそのまま頓死します

      0
  2. デッキ破壊で面白いのは[ヘルテントーチ]なおトーチゴーレムは禁止カード・・・

    0
  3. 幽合がゴースト・フュージョンってついたの、サポートもだけど異口同音かつ同じ通常魔法の「融合」と全く同じになってしまってカード名宣言が困難になるのが主な理由かなあって
    異口同音でいうと「らいめい」が前例としてあったりするけど、あっちはモンスターと魔法を頭につければ差別化できる…けどこちらは種類すら同じだし

    0
タイトルとURLをコピーしました