【ジェネレイド考察】「王の影ロプトル」のサーチ・リクルート手段:安定させる方法を考える【遅いけど失楽の魔女はオススメ】

公開日: : 王(ジェネレイド)

深夜に0時に突如現れた「王(ジェネレイド)」の影、《王の影ロプトル》の効果考察記事です。

効果云々よりも、このカードを如何にサーチ・リクルートするかが重要になると思うので、今回はそちらにフォーカスを当てて語っていきます。…でも、安定サーチ・リクルートってなると意外と難しいね…。

SPONSORED LINK

王の影ロプトル(ジェネレイド・シャドウ)

《王の影 ロプトル》 
効果モンスター
星4/炎属性/天使族/攻1500/守1500
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「王の影 ロプトル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターの攻撃力・守備力は相手ターンの間1000アップする。
③:自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスター1体をリリースして発動できる。そのモンスターとはカード名が異なるレベル9の「ジェネレイド」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

自身・トークンを含む全ての「ジェネレイド」モンスターの攻守を強化し、更に自分・相手メインフェイズにデッキから任意の「ジェネレイド」モンスターを特殊召喚できる。全ての面において「王」と噛み合っており、「ジェネレイド」における最強のサポートカードと言える存在。…「ジェネレイドの隠者」。

光の王マルデルとの相性

《光の王 マルデル/Mardel, Generaider Boss of Light》 
効果モンスター
星9/光属性/植物族/攻2400/守2400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「光の王 マルデル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。「光の王 マルデル」以外の、「ジェネレイド」カード1枚または植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

 

《マルデル》をリクルートする事で《王の舞台》に安定アクセスする事が出来るようになりました。《王の舞台》不在が「王(ジェネレイド)」の負け目なので非常にありがたい強化です。

また、《マルデル》のサーチ先としても有用で、《王の舞台》《王の襲来》《王の影ロプトル》でサーチ候補が3種類に増えました。

鉄の王ドヴェルグスとの相性

《鉄の王 ドヴェルグス/Dovelgus, Generaider Boss of Iron》 
効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻1500/守2500
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「鉄の王 ドヴェルグス」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。リリースした数だけ、リリースしたモンスターとはカード名が異なる、「ジェネレイド」モンスターまたは機械族モンスターを手札から守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

《ドヴェルグス》をリクルートして更なる特殊召喚に繋げるプランが安定するようになりました。

《マルデル》を手札に引いてしまった際も、《ドヴェルグス》を経由して手札から《マルデル》を特殊召喚というケアに繋がるので、それぞれピン採用でも大丈夫なのがありがたいです。

採用を見送っていた人も今一度考えなおしても良いレベルかも知れません。

死の王ヘルとの相性

《死の王 ヘル/Hela, Generaider Boss of Doom》 
効果モンスター
星9/闇属性/アンデット族/攻 800/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「死の王 ヘル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体をリリースし、そのモンスターとはカード名が異なる自分の墓地の、「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

《ロプトル》で《ヘル》をリクルートし、《ヘル》で《ロプトル》を蘇生するという謎ループ!

コストに「ジェネレイド」トークンを使えると滅茶苦茶強いので積極的に狙っていきましょう。

「王の影ロプトル」のサーチ・リクルート手段

召喚権の関係で《ロンファ》⇒《マルデル》的なルートはあえて外しています。何気にサーチするの難しいっすね…。

召喚僧サモン・プリースト

《召喚僧サモンプリースト/Summoner Monk》 
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。このカードを守備表示にする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードはリリースできない。
(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 

《王の舞台》を重ね引きした際にのみ強い。魔法使い族の「王」が出て来たとしても、リリース不可のせいでコストに出来ない。わざわざ採用する程では無さそう。

失楽の魔女

《失楽の魔女/Condemned Witch》 
効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻 100/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「禁じられた」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):相手メインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。デッキから「失楽の魔女」以外の天使族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

 

アドバンテージを得ながら《王の影ロプトル》をリクルート出来るのが優秀。ただし、相手のメインフェイズ発動なので遅いのも事実。

《王の舞台》アクセスの為に使うなら圧倒的に遅いが、《マルデル》以外をリクルートするなら問題なく活躍できるので悪く無さそう。魔女3、聖杯2位から始めてみたい…。

ハッキリクッキリ滅茶苦茶強い!

雑に強いというか、このカード1枚で「王(ジェネレイド)」の課題の多くをクリアしているのが凄いです。この勢いだと全種族1体ずつ真面目にきそうですね…。

Amazon:エターニティ・コード

遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    新規来ても襲来はガン積みした方がいいのかな

  2. 匿名 より:

    相手ターン限定とはいえ星4の2500打点っていうのもいいですね

  3. 匿名 より:

    冒頭のイラストを黒ウォズの「祝え!」っぽくするところに好感が持てる。

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【剛鬼再戦】剛鬼ガッツとアイアン・クローで共通サーチ効果解禁!クローの奇襲性半端ねぇぞ!

皆さんは、「剛鬼」デッキと聞いて最初にどんなイメージが思い浮かぶで

【融合派兵使ってる?】便利で面白いカードだけど、いざ使うとなると迷うよね

《融合派兵》って便利で面白いカードですよね! ・・・でも

【百景戦都ゴルディロックスはカッコイイ】移動しながら盤面を破壊管理するランドスケーパー!

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《百景戦都ゴルディロ

【遊戯王OCG第10期を振り返る】リンク召喚を支えた功労者達。ハリファイバーが救ったのはシンクロだけでは無い?

遊戯王OCGの10期を振り返る企画第一弾として、「リンク召喚を支え

【スプラッシュ・メイジ効果考察】リンク2はリンク3でありリンク4でもある【トランスコードを併用しよう】

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《スプラッシュ・メイ

【ノクトビジョン・ドラゴン効果考察】セルフSS・リンクドロー・裏側守護の3段構え!サーチが安定すれば相当便利そう

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《ノクトビジョン・ド

【公式レシピ】魔弾リゾネーターデッキ:非チューナー側の自由度ゆえの構築!リゾネはホント面白い

遊戯王OCGインストラクターTwitterアカウントが公開してくれ

1月25日は城之内くんの誕生日!AbemaTVで「城之内死す」が限定無料配信中だぜ!

城之内くんおめでとう! 本日1月25日は、城之内くんの誕生日。

→もっと見る

PAGE TOP ↑