【オノマト未来皇デッキ構築|レシピ】クロノダイバーやRRの力を少しだけ借りました

新ルール用に【オノマト未来皇デッキ】を作成してみました。

展開補助として「クロノダイバー」と「RR」を採用しているので、厳密には【オノマト未来皇-RRダイバー-】って所でしょうか…(長い)。

エクストラデッキが黒一色になる美しさ。メインモンスターゾーンに直接出せる喜びを噛みしめよう!

スポンサーリンク

オノマト未来皇デッキレシピ

メインデッキ(40枚)

♦オノマトの枚数、オノマトの数

初動である《オノマト選択》《オノマト連携》は安定の3積みで、モンスターは《ズバババンチョーGC》のみ3枚採用となっています。

《希望皇オノマトピア》は3枚でも良いですが、重ね引きした際に効果で出せないので結果2枚でOKと判断しました。

《ガガガシスター》,《ガガガクラーク》,《ドドドドワーフGG》は回してみた結果今の枚数に落ち着きました。

《ガガガシスター》は有用ですが、サーチ先が《ガガガリベンジ》のみなので、初動として安定するサーチ先を望む所です。

♦クロノダイバーセットについて

「クロノダイバー」は《クロノダイバー・リューズ》,《クロノダイバー・ベゼルシップ》,《クロノダイバー・ハック》の3種類を採用。各カードの動きについては後程解説。

♦ライトニングストーム、サンダーボルトについて

本当は《ライトイニング・ストーム》を複数採用するつもりでしたが、《オノマト選択》や《クロノダイバー・ハック》等、表側で場に残りやすいカードが多いので枚数を絞りました。代わりに《サンダー・ボルト》を入れていますが、別に他のカードでも良いです。

♦増援

《増援》からのサーチは《希望皇オノマトピア》,《ズバババンチョーGC》,《ガガガクラーク》の3種類。

♦墓穴の指名者

《オノマト連携》を意地でも通す為に採用。腐ったら《オノマト連携》のコストにするのもあり。

♦狡猾の落とし穴

スロットの関係上罠は《狡猾の落とし穴》ピンにしました。《フレシアの蟲惑魔》で使おう。

エクストラデッキ(15枚)

♦バグースカ

先攻展開の第一候補。《未来龍皇ホープ》を立てるかどうかは要判断。

♦竜巻竜

一枚除去りながら《未来皇》の素材になれるランク4。永続やフィールドを起点にするデッキ相手には制圧札にもなりうる。

♦フォース・ストリクス

展開力を底上げする為の存在。1枚サーチ・展開・未来皇になれる隙の無さ。

♦フレシアの蟲惑魔

先攻ムーブが乏しいデッキなので補強の為に採用。《狡猾な落とし穴》を抜くなら他のカードでもOK。

♦未来皇絡み

希望皇、未来皇絡みはピン採用が多め。複数使う事が多い《FNo.0未来皇ホープ》のみ2枚にしてます。

デッキの特徴・回し方

クロノダイバーの採用理由

クロノダイバー・リューズ/Time Thief Winder》 
効果モンスター
星4/闇属性/サイキック族/攻1800/守1300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「クロノダイバー・リューズ」以外の「クロノダイバー」カード1枚を手札に加える。

1、展開力の増強

《クロノダイバー・リューズ》《クロノダイバー・ベゼルシップ》は展開補助として採用。どちらも単独では仕事できないので、ギリギリまで数は絞っています。

2、クロノダイバー・ハックによる耐性・打点補助

《クロノダイバー・リューズ》からサーチする事になる《クロノダイバー・ハック》は、耐性付与と打点補強用として重宝します。一時的ではありますが、対象にとれず効果で破壊されない耐性は強力です。

《クロノダイバー・ハック/Time Thief Hack》 
永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドのXモンスターは特殊召喚したターンには、相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、そのX素材の数×300アップする。さらにそのモンスターが、元々の持ち主が相手となるカードをX素材としている場合、このターンそのモンスターは直接攻撃できる。

おろかな埋葬で落とすモンスター

《希望皇オノマトピア/Utopic Onomatopoeia》 
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守1500
このカード名はルール上「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」カードとしても扱う。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。手札から「希望皇オノマトピア」以外の以下のモンスターをそれぞれ1体まで守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●「ズババ」モンスター
●「ガガガ」モンスター
●「ゴゴゴ」モンスター
●「ドドド」モンスター

 

《おろかな埋葬》で落とす候補としては、《未来皇オノマトピア》,《ドドドドワーフ-GG》,《クロノダイバー・ベゼルシップ》の3種が該当。

フィールド・墓地の名称やX素材参照が重要になるデッキなので、一枚でコンディションを整えられる《おろかな埋葬》は重宝します。

《未来皇オノマトピア》,《ドドドドワーフ-GG》,《クロノダイバー・ベゼルシップ》を1枚ずつ墓地に揃えると動きが飛躍的に向上します。

最後に:オノマトの弱点

弱点1.うららや増Gに弱い

《オノマト連携》に《灰流うらら》をくらうと相当辛く、大量に展開するデッキなので《増殖するG》もきついです。

結果、《墓穴の指名者》が欠かせないデッキになってます。

弱点2.エクストラがカツカツ

エクストラデッキがカツカツのカツです。《無限起動要塞メガトンゲイル》とか正直入れたいんですけどね…。

弱点3.先攻展開が意外と貧弱

先攻で立てるモンスターが意外と薄いという欠点。《バグースカ》,《フレシア》《未来龍皇》から組み合わせを選択する事になります。

 

正直な所、「壊獣」等を採用して完全に後攻に寄せた方が良い気もしますが、課題となりそうな先攻展開を見る為にも今回はこういう形にしてみました。

《未来龍皇》は強力なカードですが、やはり頼り切るには少し足りない印象ですね。ここは今後の研究課題となりそうです。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. なんでRRがあるのかと思ったらそういうことか、フォトンスラッシャーとかも使えそうじゃないですか?

    • フォトスラも良いですねー
      最悪コストにしても良いですしね

  2. 遊馬のデッキも大分強くなったなーとは思いますけど他の主人公に比べると結構足りなく感じてしまいますね
    ホープ軸はそれなりに強くなったのでガガガで強化欲しいです

タイトルとURLをコピーしました