【アニメ遊戯王セブンス】第11話「ガマンが限界!」感想:腹が減ってもデュエルはできる

アニメ「遊戯王SEVENS(セブンス)」第11話の感想記事です。

ラッシュデュエルの権利を賭けたロアとのデュエルは、次鋒戦に突入。遊我チームは我らが生徒会長が、そして、ロアチームからはまさかのロミンちゃんが…!?

何やら様子がおかしいようですが、このデュエル…果たしてどうなる!?

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

スポンサーリンク

第11話「我慢が限界」感想

【あらすじ】

ラッシュデュエルをかけた3対3の闘い。初戦はルークが勝ち、このまま勝利をつかもうとガクトが新・蒼月流で戦いに臨む。だがそこに対戦相手として現れたのは、まさかの人物だった!

遊戯王セブンス公式サイト引用

ロミンちゃん腹ペコ属性だったんですねぇ

ロミンちゃん、まさかのハラペコ属性!?

…そういえば、確かに今までも事あるごとに何かしら食べたり飲んだりしてたような…。

しかも、空腹が極限に達すると最強デュエリストになるという特殊効果付きって言うね…(笑)。

ライブ前にお菓子とお弁当を禁じられるとは…さぞ苦しかろう…。

生徒会長は強いられている!?

あぁ、悲しいかな、これぞ制圧系モンスターのSAGA

制圧する系の効果は突破されることで最高に輝くので、ヤメルーラと生徒会長がこういう役回り(負けを強いられる)になっちゃうのは仕方がない事なんですよね…。

まぁ、現実のデュエルだと強いので、多少は仕方ないですね…。

大貫通はドラゴン族デッキに入れたいですね

貫通ドラギアスに入れてみると良いかも?

ただ、ハンドコスト1枚が絶妙なので、最上級2体に貫通付与って流れは中々に難しそうではありますよね。

ドラギアス2体に大貫通したらそのままデュエルエンドまで持って行けそう…。

ピックからの砕光のエスパレイドが鮮やかでした

《ロマンスピック》からの《プリマギターナ》&《エスパレイド》という超オラオラ盤面!

序盤からのダメージ&効果コストでライフ調整もバッチリでした。

自分のLP1000以下の発動条件は厳しいですが、《エスパレイド》の効果はやっぱり決まるとトンデモナイですね。…大ピンチからの大逆転効果ってのも好き。

握られてる弱みって何なんだろう?

一体どんな弱みを握られているんでしょうね?

今回でハラペコ属性である事は明らかになっちゃったし、これ以上の秘密があるのか?

とりあえずロアとのデュエルで色々分かるだろうし、来週の放送に期待です。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. 大貫通は手札コストはともかく、せめて「同じレベルの」さえなければなぁって感じ。

  2. 音痴でしょうね
    本人必死に隠そうとしてましたが

タイトルとURLをコピーしました