【六花(りっか)強化】新規カードの影響で《六花絢爛》等が高騰!しらひめ強ぇぇ

今日のお昼に公開された【六花(りっか)新規の影響が早速出ているようです!

今回紹介するのは、【六花】新規の影響で高騰傾向にある《六花》関連カードあれこれ!

新規があまりにも強かった事もあり、既存の関連カード全てに大きな影響が出ている模様。中でも、サーチ魔法カードである《六花絢爛》の需要はかなり高まっているみたいですね。

……相手モンスターをリリースして《六花絢爛》発動してみてぇ……(悪い顔)。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

スポンサーリンク

【六花(りっか)新規】の影響で《六花絢爛》等に注目集まる!

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
(1):デッキから「六花」モンスター1体を手札に加える。
モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
さらに手札に加えたモンスターとはカード名が異なり、
元々のレベルが同じ植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。
《六花絢爛》は、2020年3月7日発売『シークレット・スレイヤーズ』にスーパーレアで収録されたカードで、以降一度も再録はされていません。5月に『シークレット・スレイヤーズ』自体が再販されるという噂もあるので、ちょっと様子を見るのも手かも?
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

これまでは、リリースを伴う大振りのサーチ札って印象でしたが、新規カード《六花来々》が出た事で、下手したらトンデモナイ事をやらかしかねない1枚へと昇華しました。相手モンスターをリリースして発動するなら、例え《灰流うらら》を投げられても平気な顔出来そうですね。

六花新規の影響

効果モンスター
星4/水属性/植物族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドに「六花」モンスターが存在し、
相手がモンスターの効果を発動した時、手札・墓地のこのカードをデッキに戻し、
自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
その発動した効果を無効にする。
フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「六花」モンスターが存在する場合に発動できる。
デッキから「六花」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分が「六花」カードの効果を発動するために自分フィールドの植物族モンスターをリリースする場合、
自分フィールドの植物族モンスター1体の代わりに相手フィールドの表側表示モンスター1体をリリースできる。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

しらひめ、来々共にかなりヤバイテキストしてますね。
こんな新規見せられたら、流石に使ってみたくなるよなぁ……。

《六花絢爛》以外の関連カードにも注目集まる!

《六花絢爛》以外のカードにも影響が出てて、特に『シークレット・スレイヤーズ』産のスーパーレア以上のカードは動きが顕著な様です。

【シークレット・スレイヤーズ】収録
《六花精ボタン》 Super
《六花精スノードロップ》 Super
《六花聖カンザシ》 Super
《六花聖ティアドロップ》 Ultra,Secret
《六花絢爛》 Super
【RISE OF THE DUELIST】収録
《六花聖ストレナエ》Super,Secret,Prismatic Secret
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

あと、《ポリノシス》等の植物族汎用カードにも地味に注目が集まっているようです。

買取価格:参考

https://twitter.com/PAOcard_tati/status/1513417086260764675?s=20&t=KLipAsMWW0qDF-Y6XY-Gkg
https://twitter.com/ds_nipponbashi/status/1513366165405405184?s=20&t=KLipAsMWW0qDF-Y6XY-Gkg
https://twitter.com/otaro_labo/status/1513396913810579461?s=20&t=KLipAsMWW0qDF-Y6XY-Gkg

手軽に《六花の薄氷》構えられる様になったのは凄い

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。
モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
さらにそのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは植物族になる。

《六花のしらひめ》,《六花来々》共に、初動に大きな影響を与える文句なしの新規って感じですが、個人的には《六花の薄氷》を手軽に使える様になったのが滅茶苦茶デカイと思っています。

相手のモンスターをリリースしながらモンスター無効&コントロール奪取って……(笑)。

+3

コメント

  1. 匿名 より:

    五月再販なら、その時に箱買いした方がお得かな
    なにせよ、あのパックはエルドリッチ様や、アダマシアが入ってるで、あと神の宣告も再録だから、いいね
    自分が掴んだ情報だと、ドラゴンメイドのパック(斬機入ってます)も再販ありますから、組みたい人は高騰に釣られる必要はないかと。地域によっては再販から入荷まで時間掛かる場合があるけどな

    0
タイトルとURLをコピーしました