【召喚獣カリギュラ高騰】電脳堺デッキの新たな先攻制圧として注目集まる!《カリギュラクリスタル朱雀》

10月改訂の影響を受けて《召喚獣カリギュラ》の買取価格が大変な事になっているって情報をキャッチしたので、その状況や理由について調べてきました!

今回の《召喚獣カリギュラ》高騰の理由は、ズバリ【電脳堺】の新制圧プラン!

《真竜皇V.F.D.》の禁止を穴埋めする為に用意された新プラン!10月からの【電脳堺】は、《召喚獣カリギュラ》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《朱雀》の先攻制圧で行くっぽい?

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

【電脳堺デッキの新先攻制圧プラン】:クリスタルウィング×カリギュラ×朱雀制圧

召喚獣カリギュラ
融合・効果モンスター
星4/闇属性/獣族/攻1000/守1800
「召喚師アレイスター」+闇属性モンスター
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
その間はお互いに、それぞれ1ターンに1度しかモンスターの効果を発動できず、それぞれバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。

《真竜皇V.F.D.》が禁止になった穴埋めをする為に生み出された新制圧プラン!

展開方法には後程触れますが、とりあえず《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》+《召喚獣カリギュラ》+《電脳堺門-朱雀》の3枚で制圧する様ですね。

クリスタルウィング×カリギュラ制圧
《召喚獣カリギュラ》の効果で互いにモンスター効果の発動を1回に抑制、横に《クリスタルウィング》を並べる事で実質完封。《カリギュラ》の戦闘突破は《電脳堺門-朱雀》で防衛!

カリギュラの展開には《ドロドロゴン》を使います

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻 500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
(2):このカードがS召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

《召喚獣カリギュラ》の展開には、レベル6シンクロである《ドロドロゴン》を使用。

《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を展開する為に使用した《アルティマヤ・ツィオルキン》を素材として使用し、《ドロドロゴン》の効果で《召喚獣カリギュラ》を展開!

《アルティマヤ・ツィオルキン》を綺麗に消費できる点と、《召喚獣カリギュラ》と《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》で疑似的なV.F.D.制圧を作り出せる点が非常に美しい制圧です。

カリギュラクリスタル朱雀の展開例

シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドの表側表示のレベル5以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。「パワー・ツール」Sモンスターまたは
レベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、攻撃対象及び、効果の対象にならない。

1.《電脳堺都-九竜》効果で《電脳堺門-朱雀》を置く。
2.《電脳堺門-朱雀》対象に《電脳堺媛-瑞々》効果、《電脳堺門-青龍》墓地、《電脳堺豸-豸々》サーチ。
3.《電脳堺門-朱雀》対象に《電脳堺豸-豸々》効果、《電脳堺姫-娘々》墓地。
4.《電脳堺門-青龍》効果で《電脳堺悟-老々》サーチ、手札1枚墓地へ送る。
5.《電脳堺媛-瑞々》と《電脳堺豸-豸々》で《スターダスト・チャージ・ウォリアー》をシンクロ召喚。効果で1ドロー。
6.《電脳堺門-朱雀》対象に《電脳堺悟-老々》効果、《電脳堺門-青龍》墓地、《電脳堺豸-豸々》を蘇生。
7.《電脳堺豸-豸々》の特殊召喚をトリガーにして墓地の《電脳堺姫-娘々》の効果を発動。レベル3チューナーとして特殊召喚。
8.《電脳堺悟-老々》と《スターダスト・チャージ・ウォリアー》で《アルティマヤ・ツィオルキン》を特殊召喚。
9.魔法・罠を1枚セットして《アルティマヤ・ツィオルキン》の効果を発動。EXデッキから《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を特殊召喚。
10.《電脳堺豸-豸々》と《電脳堺姫-娘々》で《ドロドロゴン》をシンクロ召喚
11.《ドロドロゴン》の②効果で《ドロドロゴン》と《アルティマヤ・ツィオルキン》で《召喚獣カリギュラ》を融合召喚。

海外環境で使われている制圧プランみたいですね

調べてみた所、海外の【電脳堺】で流行った展開プランを取り入れた案の様ですね。TCGではVFDが元々禁止の為、VFD無しでの【電脳堺】が相当錬磨されていたようですね。

拘束力はあるけど、V.F.D.と比較するには荷が重そう……

モンスター効果の発動を一回に抑制しつつ、その一回をクリスタルで無効にする事で実質的にモンスター効果の発動を封じるコンボ!確かに拘束力は高いですが、《召喚獣カリギュラ》のステータスの引くさと攻撃抑止の隙は結構気になるポイントですね。

あと、VFD朱雀の様な《無限泡影》への疑似耐性も無いですし、流石に比較対象とするには荷が重い気がします。……ただ、現状のプールで最善を尽くすなら、これ以上は無いって感じでしょうか?

買取価格が凄い事になってます

この通り、各ショップでの買取価格が大変な事になっています!

……が、しかし、《召喚獣カリギュラ》以上に《D-HEROディバインガイ》の価格がバグってる気がする。規制がかからなかった反動で【デスフェニ出張】がとんでもない事になってますね(笑)。

規制されても即座に代案が出てくるの逞しいですね!

使用者的にはたまったもんじゃない無いでしょうけど、規制後に代案が即座に出てくるのってホント逞しいですし、テーマと真剣に向き合ってるって感じで好きなんですよねぇ(無責任発言)。

……なんていうか、俺は【電脳堺】を諦めない!って感じが……( ・∀・)イイ!!

今後このプランが主流になるかどうかはまだ何とも言えませんが、代案としてはかなりクオリティが高いのは確かだと思いますね!

+2

コメント

  1. てか、ディバインガイノーマル3000とか何処まで行くの?

    +3
  2. カリギュラ採用ルートは随分前から話題にはあったが、禁止された瞬間ここまで上がるとは流石今の遊戯王の価格はおかしくなるなぁ(笑)

    にしてもノーマルで3,000円とかやりすぎというかまぁ素材自体無駄がないというのがしょうがないともあるがなんとも言えんな。

    +3
  3. 召喚獣カリギュラは元々尖った制圧性能ですし、多少ミドラーシュに似てますね、値段は前々から高いし流通は少ない印象で、特にドラグマが流行った頃は結構酷かった気がする。少し..何をいまさら感ですねw

    +1
タイトルとURLをコピーしました