【最強メタカード】『ディメンション・アトラクター』再評価の流れ!即死級の妨害力?

最近やたら見かける様になった最強メタカード《ディメンション・アトラクター》を大特集!

自分の墓地に他にカードがないという重い発動条件こそあるものの、手札から墓地に送るだけでマクロコスモス相当のメタフィールドを生み出す手札誘発札ってやっぱりヤベェ!

評価されるまでかなり時間がかかってはしまいましたが、やはりニビルや結界波の同期だけあって、このカードも相当頭のおかしい強カードでしたねぇ……(;^ω^)

投げて最強!投げられて最凶!現環境での存在感を確固たるものにした1枚!《ディメンション・アトラクター》に注目です!

スポンサーリンク

ディメンション・アトラクター:再評価の流れ

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2200
(1):自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

収録:【エクストラパック2019】

☆自分の墓地にカードが存在しない場合という非常に重い発動条件を持つ
☆通ったが最後、計2ターンに渡って除外フィールドを生み出す地獄性能
☆2枚目以降がシンプルに腐る。特定のデッキならそれをケアする事も出来る?

来日時はニビルや結界波の陰に隠れていました


▲ニビル、冥王結界波、アトラクターは同期(エクストラパック2019)

最近引っ張りだこになっているアトラクター君ですが、来日当時の評価は程々と言った印象でした。

まぁ、採用できるデッキが限られるカードである事は事実ですし、カードとしての強さも環境依存な所が強いのは否めない為、ニビルや結界波の方に注目が集まるのは必然と言えます。

でもまぁ、流石はニビルの同期と言うべきか、実際に使われたら全く笑えない性能なんですよね。

ご存知の事と思いますが、遊戯王ってゲームはかなり墓地に依存するカード・テーマがとにかく多いので、全く刺さらないデッキってマジで片手で数える位しかないと思います。

それこそ《次元の裂け目》や《マクロコスモス》で瀕死になるテーマがごまんと存在する以上、一時的とは言っても、手札からそれ相当の状態を作り出せるカードが弱い訳がありませんよね。

【ふわんだりぃず】のアトラクターはマジでヤバイ

《ディメンション・アトラクター》を採用するデッキの中で一番やばいのが【ふわんだりぃず】。

あのデッキの《烈風帝ライザー》は本当に良くない!

100歩譲って、すとりーで墓地を整理して発動条件を整えるの許すとしても、墓地の《ディメンション・アトラクター》をデッキトップに戻して再チャージするのは本当に解せない!

効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動する。
そのカードを好きな順番で持ち主のデッキの一番上に戻す。
このカードが風属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。
●フィールドのカード1枚を対象として持ち主の手札に戻す事ができる。

―――仮に《ディメンション・アトラクター》を戻さなかったとしても、その場合は《虚無空間》や《羽根吹雪》が再チャージされてるんですけどね……(白目)。

まぁ、元々除外との親和性が高いテーマなので、採用されるのは納得の極みなんですけどね!!

《ディメンション・アトラクター》って、最序盤じゃないと安定して機能しないって部分も込みで調整されているカードだと思うので、それをある程度無視できるのは”力”って感じがしますね。

最近では【相剣】にもメインから採用されています

罠と除外の親和性が高いとは言え、状況次第で自分に刺さる可能性が十分にある【相剣】にメインから3枚採用されているのは結構驚きですよね。

まぁ、これ位しないと【勇者幻影】が手に負えないって事なんでしょうけど……(;^ω^)

相手の《名推理》にチェーンするの最高だよね(ゲス顔)

因みに管理人は、【P軸妖仙獣】と【ふわんだりぃず】(YUDT練習用)と【メタファイズ】に採用させてもらってます。

……マジでこのカードだけで勝つ事があるレベルのパワカで病みつきになるので、投げた事のない人は一度投げてみる事をオススメします。特に、相手の《名推理》にチェーンするのは最高!

「……投げてみな、飛ぶゾ!」って感じ(∩´∀`)∩

+1

コメント

  1. 手札からダークロウを飛ばすようなものですからねぇ…
    強い。あとはどうやって自分がその影響を受けないようにするかだ。

    +2
    • 影響を受けなくするのは簡単だが、問題は発動条件
      来日当初は、比較的墓地操作が可能なサンドラでさえ、闇の誘惑を撃てば墓地操作が難しくなる(墓地から魔法をどかす手段は限られてるし、そのギミックを搭載する事で安定性が落ちる)っていう理由で、採用を見送られてたからね
      今だと評価見直しで、相剣の様に「撃てたらラッキー」くらいの感覚で採用するテーマは有れど、完全に使いこなせるのは、後にも先にもふわんだりぃずだけだろう

      +2
  2. いつぞやの金曜カードショーでも言ったけどこのカードクソ強いのよね
    あの頃は評価されてなかったけど今ではこんなに立派になって…(ホロリ)
    となると次に来るのはノーマテリアかな?

    +2
    • ノーマテリアは、フィールドが空の場合という厳しめの発動条件の割に、相手の特殊召喚成功時に相手モンスター一体だけを一切の素材に出来なくするだけだから、使いこなせるテーマが来たところで、そのテーマに採用されることはあっても、他テーマに採用されること(再評価されること)はないよ
      その辺は、元々メタ性能は評価されてた(発動条件だけがネックだった)アトラクターとは違う

      +3
  3. 当時非常に安かったのを覚えてる、みんな結界波やニビル狙いだしね
    あれだけ強力なメタ性能なのに、自分にも刺さってしまうからなかなか採用出来るデッキが少ない
    もっとこういう癖が強い手札誘発出てきて欲しかったな
    ドヤ顔で通常召喚を自己申告してるふわんだりぃずにピンポイント刺さるやつがいいねw

    +3
  4. 霊獣セフィラに発売当初から積んでるなぁ
    セフィラもグラマトンとシウゴほんのちょっと入れるくらいなら影響受けないし2枚目以降来たら霊獣の融合に神託が反応して出てきてサーチ使ったカンナホークとランク6いけるのがよい

    +1
タイトルとURLをコピーしました